リアム・ギャラガー、ブリットポップという言葉が「嫌い」で「侮辱的」と語る

リアム・ギャラガーはブリットポップという言葉が「嫌い」で「侮辱的だ」と断言し、オアシスは「ブリットポップより大きな存在になるにはどうすればいいか考えてた」と語っている。 リアム・ギャラガーは現地時間10月6日にソロとしてデビュー・アルバム『アズ・ユー・ワー』をリリースしており、全英アルバム・チャートで1位を獲得している。
GETTY

Photo: GETTY

『マグネット』誌のフー・ファイターズのテイラー・ホーキンスによるインタヴューに答えたリアム・ギャラガーは、オアシスをはじめ90年代の多くのイギリス出身のインディー・バンドを表す包括的なジャンル名「ブリットポップ」について批判している。 「オアシスが出てきたのと同じぐらいの頃にその他のたくさんのバンドが出てきてね、批評家たちは一つのジャンルを言い表そうとして、そういう言葉を使うのが大好きだったわけだけどさ。どこも似たとこなんてないのにね」とテイラー・ホーキンスは切り出して、リアム・ギャラガーに次のように尋ねている。「ブリットポップという言葉は嫌いかい?」 「俺はあの言葉がメチャクチャ嫌いなんだよ、ああ」とリアム・ギャラガーは応じている。「俺たちはポップじゃないわけでね。俺からすれば、ヴァーヴと俺たちについてはずっとそう感じてたんだ。俺たちはシーンも違くて、クラシックなロックンロール・バンドなんだよ。ブリットポップってのは俺にとって、パルプとか、メンズウェアとか、ブラーとか、くだらないカムデンのバンドの、かしこまった連中のことなんだよ。俺の言ってることが分かるかい? 個人的にはすごく侮辱的だなって思ってきたんだ」 リアム・ギャラガーは次のように続けている。「ザ・ヴァーヴとオアシスはさ、ブリットポップより大きくなるにはどうすればいいか考えてたんだ。俺たちはクラシックなロックンロール・バンドだからな」 リアム・ギャラガーはまた、ブリットポップの流行について当時の音楽ジャーナリストのせいだとしている。「あれはジャーナリストのせいだよな、そうだろ?」とリアム・ギャラガーは語っている。「怠惰な連中だよ。俺はブラーとかあのへんはさ、かしこまった、変な感じのくだらない音楽をやってると思っててさ。“Champagne Supernova”は最高の曲のわけでね。連中は指で耳をふさいで、跳び回っているだけだろ」 リアム・ギャラガーは同じインタヴューの中でクイーンがあまり好きじゃないことも明かしている。 好きなアメリカのバンドについて訊かれると、ファンであるバンドとしてガンズ・アンド・ローゼズとクリーデンス・クリアウォーター・リバイバルを挙げ、フー・ファイターズのフロントマンであるデイヴ・グロールのかつてのバンドであるニルヴァーナにも賛辞を送っている。 「俺はニルヴァーナは好きだね。いくつか好きな曲があるんだ」とリアム・ギャラガーは語っている。「当時は他に誰がいたっけ? パール・ジャムは大ファンではないんだけどさ」

関連NEWS

  1. テイラー・スウィフト、明日11/3に新曲“Call It What You Want”を公開

  2. プリンス、ペイズリー・パークから未発表音源が移転されたことを法的措置が浮上

  3. LUNA SEA Xmas公演はメンバー全員が楽器電源を水素エネルギーから供給

  4. Floating Points

    Floating Points、来たる新作より“Anasickmodular”のMVが公開

  5. リアム・ギャラガー、ツイッターが自身のキャリアを「潰す」可能性があると語る

  6. NEW HOPE CLUB

    NEW HOPE CLUB、5月に予定されていた来日公演の振替公演が決定

  7. ジ・インターネット、新作より“Come Over”のミュージック・ビデオが公開

  8. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、ドキュメンタリー『アズ・イット・ワズ』の日本公開日が延期

  9. U2、最新シングル“You’re The Best Thing About Me”のカイゴによるリミックスが公開に

  10. X JAPAN 創刊229年「ロンドン・タイムズ」表紙に 日本バンドで初

  11. Alec Benjamin

    Alec Benjamin、デビュー・アルバムが4月にリリースすることが決定

  12. ELO、35年ぶりとなるアメリカ・ツアーを行うことを発表

  13. Warp

    Warp records、6/21より60時間にわたって所属アーティストが参加するオンライン・フェスを配信

  14. リアム・ギャラガー、初めて買ったレコードについて語る

  15. Tom Misch

    Tom Misch、新型コロナを受けての自宅ライヴでTom Mischをカヴァー

  1. Brian May

    QueenのBrian May、心臓発作からの回復状況について語っている

    2020.10.02

  2. Noel Gallagher

    Noel Gallagherが『Morning Glory』のスタジオを訪れた動画が公開さ…

    2020.10.01

  3. Noel Gallagher

    Noel Gallagher、昔は一番売れているアーティストが最も優れたアー…

    2020.10.01

  4. Mr.Children

    Mr.Children 全曲海外レコーディングで制作したNew Album「SOUNDTRA…

    2020.10.01

  5. 高橋優

    高橋優、 10月21日にリリースする7thアルバム「PERSONALITY」より…

    2020.10.01

  6. J

    J 未曾有の2020年を締めくくる「J LIVE 2020 FINAL 3」の開催を発表

    2020.10.01

  7. Smashing Pumpkins

    Smashing Pumpkins、来たる新作より2曲の新曲が公開

    2020.10.01

  8. Madonna

    Madonna、最新作『Madame X』の名前をつけた香水を発売することが明…

    2020.10.01

  9. Royal blood

    Royal blood、サード・アルバムに向けた新曲“Trouble’s Coming”が公開

    2020.10.01

  10. Pixies

    Pixies、新曲“Hear Me Out”がMVと共に公開

    2020.10.01

  1. Rocks ForChile 2020 in TOYONAKA、各日1000名限定 & オンライン配…

    2020.09.24

  2. Slow LIVE

    “大人のミニフェス”Slow LIVE、好評だった日比谷野音公演に続き、今…

    2020.09.24

  3. THE SOLAR BUDOKAN 2020 オンラインフェス 最終アーティストとして…

    2020.09.23

  4. オハラ☆ブレイク

    「オハラ☆ブレイク‘20秋 –北のまほろばを行く-」にLOVE PSYCHEDELIC…

    2020.09.07

  5. FUJI ROCK FESTIVAL

    Keep On Fuji Rockin’~FUJI ROCK FESTIVAL’20 LIVE ON…

    2020.08.14

  6. ARABAKI ROCK FEST

    ARABAKI ROCK FEST.20×21 第2弾出演アーティスト発表

    2020.08.05

  7. GREENROOM

    GREENROOM FESTIVAL’20 開催中止を発表

    2020.08.01

  8. オハラ☆ブレイク

    オハラ☆ブレイク ’20夏が開催を見合わせ

    2020.06.19

  9. RISING SUN

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2021 in EZO 開催決定

    2020.06.01

  10. I ROCKS 20&21

    LACCO TOWER主催 『I ROCKS 20&21』 26組の第一弾出演アーティ…

    2020.06.01