ロバート・プラント、レッド・ツェッペリンの再結成について語る

ロバート・プラントはレッド・ツェッペリン再結成の可能性について水を差し、メンバーが再び協力する可能性は極めて低いことを認めている。
GETTY

Photo: GETTY

ロバート・プラントは1980年に解散したレッド・ツェッペリンのフロントマンであり、2007年にはアーメット・アーティガンの追悼コンサートでジョン・ポール・ジョーンズやジミー・ペイジと共に一夜限りの再結成を果たしており、ジョン・ボーナムの息子のジェイソン・ボーナムもドラマーとしてこのライヴに参加している。 しかし、ロバート・プラントは今なおソロ・ライヴでレッド・ツェッペリンの楽曲を演奏しているものの、再結成は実現しそうもないことを認め、「進み続け」ていきたいとしている。 「後退することはできないわけでね。1年前のことでも同じことを繰り返すのは厳しいわけで、49年前のことならなおさらでね。進み続けるしかないんだよ」とロバート・プラントは『テレグラフ』紙に語っている。 続けて、ロバート・プラントは最新アルバム『キャリー・ファイアー』をリリースする準備を進めるなかで、同世代の人々の死が自分自身の死への意識を増加させたことについて認めている。 「どれだけの声が失われてしまったのか、っていうね。我々の時代の音楽と偉業に貢献してきたわけでね。旅は常に別れを告げるものなんだ」と彼は語っている。 「おそらく、僕についてもみんなそんなふうに考えてるんじゃないかな。『そうだ、ロバート・プラントを見といたほうがいい。あと、どれだけ頑張ってられるんだ?』ってね」 先日、ロバート・プラントはトム・ペティの死を悼み、66歳で亡くなったことについて「あまりにも早過ぎる」と語っている。

関連NEWS

  1. GREENROOM FESTIVAL’18、開催が決定。第1弾アーティストが発表に

  2. 氷川きよし×ドラゴンボール超 CDリリース決定、ノンテロップOP映像も収録

  3. マイ・ブラッディ・ヴァレンタインのケヴィン・シールズとブライアン・イーノのコラボ曲が公開

  4. リンキン・パーク、チェスター・ベニントン追悼の意を込めた“One More Light”のビデオを公開

  5. アンダーワールド、代表曲を起用したプラネタリウム作品の上映が決定

  6. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL 2019、2月8日に第1弾ラインナップを発表

  7. Led Zeppelin

    Led Zeppelin、ロバート・プラントとジミー・ペイジの力関係についての逸話が明らかに

  8. 武田真治が新ユニット発足、新作は“神”感覚サウンド

  9. アジア中のトラディショナル音楽と食とアートの秋祭! 新宿 ONE ASIA 文化祭 初開催

  10. ギブソン、破産を申請したことが明らかに

  11. モリッシー、ツイッターを始める

  12. Toshl × SUGIZO コラボ楽曲をニコ生で初披露

  13. ロビー・ウィリアムス、自宅の改築を巡ってジミー・ペイジと再び争うことに

  14. ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ、来年1月に新作をリリース&新曲を公開

  15. 星野源 初の全国アリーナツアー待望の映像化決定