SUGIZO、ソロ20周年記念アルバムのジャケ写と全トラックリスト公開。ヴォーカリストによるコメントも到着

SUGIZOソロデビュー20周年を記念し豪華ヴォーカリストをゲストに迎えたオリジナル・アルバム『ONENESS M』(11月29日発売)の、ジャケット写真と全トラックリストが公開。そして参加ヴォーカリスト5人(RYUICHI、Toshl、TERU、辻 仁成、K Dub Shine)からのコメントが到着した。

そしてSUGIZOのソロ作品を取材し続けてきた文筆業/ライターの吉留大貴氏の解説も公開となった。


■収録曲
1.永遠(※ヨミ:トワ)feat. RYUICHI
2.Daniela feat. Yoohei Kawakami
3.絶彩(※ヨミ:ゼッサイ)feat. 京
4.Rebellmusik(※ヨミ:リベルムジーク)feat. K Dub Shine
5.巡り逢えるなら feat. TERU
6.PHOENIX ~HINOTORI~ feat. Toshl
7.Garcia feat. TOSHI-LOW
8.感情漂流 feat. 辻仁成
9.VOICE feat. 清春
10.光の涯 feat. MORRIE


■参加アーティストコメント(他参加アーティストのコメントも後日公開)
SUGIZO、ニューアルバムリリースおめでとう。
このアルバムの中の輝く宇宙の一つを泳げた事を誇りに思います。
RYUICHI(LUNA SEA)

 

 

SUGIZOの奏でる宇宙空間に韻の彗星が放たれ、軌道上の小惑星を溶かし、吸収しながら地球に激突する。
K Dub Shine

 

 

僕らがこの時代に何を残せるか?自分次第だとは思ってますが、今回このアルバムに参加できたことで、続けることの大事さや本気で音楽と向き合っていると、こんなにも素敵な機会に恵まれることもあるんだと言うのが伝えられるんじゃないかなと思います。SUGIZOさんが今伝えたいことを、今の時代を戦っているヴォーカリスト達のフィルターを通しどう伝わっていくのかが楽しみです。
TERU(GLAY)
最高にCOOLなSUGIZO系ヘビーロックチューンにのせて、心の限りシャウトし、人生を込めて歌いあげたつもりです。
SUGIZOにしか成しえない豪華なヴォーカリストの方々とのコラボも、SUGIZOの一ファンとしてとても楽しみにしています!
SUGIZOの人生の結晶と言えるこの魂のアルバムは、SUGIZOのこれからの人生、またファン皆様の人生にも大きな支えや力となると感じています。
Toshl(X JAPAN)

音の哲学者SUGIZOのアルバムに参加出来て興奮した。いまだ終わらない感情漂流の中にいる。
辻 仁成

 

 


■文筆業/ライター、吉留大貴氏レビュー

SUGIZOソロ20周年、その麗しい宇宙に寄せて

誰にも真似の出来ない生き方、SUGIZOという音楽家の日々はその一言に集約される。
事実LUNA SEAとX JAPANを兼務して、マディソン・スクエア・ガーデンとウェンブリー・アリーナの大舞台に立ったギタリストは現時点では彼しかいない。比類なき才能と存在感を世界レベルで提示可能な日本人ギタリストと言うのに何ら躊躇いなどない。

しかし「自分の本質は仕事場のMacで作曲して、音源のデータ編集している姿だ」と語るSUGIZOが、もはや先入観やパブリック・イメージだけでは語れない程、現在も膨張を続ける音楽性と複雑な内面で形成される魅力的なパーソナリティを併せ持ったソロアーティストとして、今年ソロ活動20周年を迎えた事により大きな意義を見い出す人も少なくないと言い切れる。今年待望の再発となる1st『TRUTH?』の衝撃を経て、昨年発表したキャリア最大の問題作にして大傑作アルバム『音』にまで貫かれている方法論、即ち彼がその時々で志向する電子音楽、ブラック・ミュージック、オルタナティヴ、クラシックなどの様々な要素を混然一体とした上で最良のポップミュージックを生み出す発想が進化する過程(ある種インタビュー等も含めて)までもがオリジナリティとなる稀有なスタイルである。故にこの20年は確立には必要不可欠な時間だったのかもしれない

今年発表するSUGIZOソロ20周年記念アルバム『ONENESS M』は久々のボーカル・アルバム、しかも彼の音楽人生で出逢った「音楽的にも、人間的にもリスペクト出来る人達」と語る多彩な面々はその期待を飛躍的に高めた。「シンガー像の原点」RYUICHI、「純粋無垢」川上洋平、「奇跡の男」京、「反骨精神」K Dub Shine、「ポジティヴな光」TERU、「国宝級の歌声」Toshl、「男も惚れる」TOSHI-LOW、「言葉の魔術師」辻仁成、「同世代のシンパシー」清春、「最上の知性」MORRIEといったシンガーに対して、SUGIZOの尊敬と感謝を込めた至上の楽曲が美しい星座のように連なり聴く者の胸を圧倒するのは必至。同時に音楽を通して、一途に自らの才能と英知と情熱を注ぎ続けてきた彼にしか成し得なかった宇宙そのものに、更なる光よあれ!


■ニュー・アルバム発売情報

SUGIZO 『ONENESS M』
2017年11月29日発売
【初回限定盤】と【通常盤】の2形態で発売。

 

 

 

 

【初回限定盤】
品番:UICZ-9099
価格:\10,000(税抜)、\10,800(税込)
2CD(SHM-CD)+Photo Book+三方背ケース
[CD1:フィーチャリング・ヴォーカル・アルバム]
[CD2:CD1のヴォーカルレス・インスト・アルバム]
[Photo Book:撮り下ろし写真集+ライナーノーツで約100P]
※マスタリング・エンジニア:スチュワート・ホークス(metropolis)
※プレイパス(R)対応
予約はこちら
http://store.universal-music.co.jp/product/uicz9099/

 

 

 

 

 

 

 

【通常盤】
品番:UICZ-4411
価格:\3,000(税抜)、\3,240(税込)
[CD(SHM-CD):フィーチャリング・ヴォーカル・アルバム]
※マスタリング・エンジニア:スチュワート・ホークス(metropolis)
※プレイパス(R)対応
予約はこちら
http://store.universal-music.co.jp/product/uicz4411/

1.永遠(※ヨミ:トワ)feat. RYUICHI
2.Daniela feat. Yoohei Kawakami
3.絶彩(※ヨミ:ゼッサイ)feat. 京
4.Rebellmusik(※ヨミ:リベルムジーク)feat. K Dub Shine
5.巡り逢えるなら feat. TERU
6.PHOENIX ~HINOTORI~ feat. Toshl
7.Garcia feat. TOSHI-LOW
8.感情漂流 feat. 辻仁成
9.VOICE feat. 清春
10.光の涯 feat. MORRIE


■ツアー情報
「SUGIZO TOUR 2017 Unity for Universal Truth」
11月19日(日)石巻BLUE RESISTANCE            Open 16:30 / Start 17:00
11月22日(水)名古屋Electric Lady Land          Open 18:00 / Start 18:30
11月23日(木・祝)大阪ESAKA MUSE    Open 16:30 / Start 17:00
11月25日(土)柏 PALOOZA                Open 16:30 / Start 17:00
12月6日 (水)Zepp Tokyo                   Open 17:30 / Start 18:30

チケット情報はこちら
http://sugizo.com/2017tour//index.html

■リンク
SUGIZO公式HP
http://sugizo.com
Twitter
https://twitter.com/SUGIZOofficial
Facebook
https://www.facebook.com/SUGIZOofficial
Instagram
https://www.instagram.com/sugizo_official/
LINE
https://line.me/R/ti/p/%40sugizo
ユニバーサルミュージック:SUGIZO
http://www.universal-music.co.jp/sugizo/

関連NEWS

  1. SUGIZO、ツアー初日の石巻にて、ツアー最終日となる12月6日の東京公演のスペシャルゲストに、Toshl、RYUICHI、清春の出演を発表

  2. SUGIZO ソロ20周年記念、第三弾にリミックス盤『SWITCHED–ON OTO』リリース

  3. LUNA SEA

    LUNA SEAがホストとして医療従事者をはじめ 全てのフロントラインワーカーズを支援する音楽フェスの生放送が決定

  4. SUGIZOが最新アー写に込めたメッセージ

  5. J

    J、自身初の試みとなる無観客配信ライヴを6/27 21:00~開催決定

  6. LUNA SEA 最新アルバム『LUV』のオープニングナンバー配信スタート

  7. 石川さゆり SUGIZO KenKenら“怪物舞踏団”がシークレットライブ

  8. SUGIZO&菅野よう子の共作楽曲に石川さゆり・KenKenらが命吹き込む

  9. LUNA SEA主宰 史上最狂のロックフェス「LUNATIC FEST.2018」33時間ニコ生特番決定

  10. LUNA SEA主催フェスにGLAY、back number、大黒摩季が出演

  11. SUGIZO

    SugizoTube『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』放送記念SP Part.1が5月15日(水)生放送決定

  12. YOSHIKI 「LUNATIC FEST. 2018」単独参戦決定「必ず感動させます」

  13. SUGIZO 公式ライヴストリーミング「Sugizo Tube」の”LUNATIC FEST.2018 SPECIAL”にlynch.の葉月(Vo)、悠介(Gt)生出演

  14. SUGIZO

    SUGIZO ライヴアルバム「LIVE IN TOKYO」、PiLをオマージュしたジャケットアートワーク公開!自身初の配信ライヴも決定

  15. J年末ライブ12/30「放火魔大暴年会」のゲストバンドとして、高樹町ミサイルズ、DOOM、the band apartの出演が決定!

  1. Doja Cat

    Doja Cat、『ホット・ピンク』の世界初CD化が決定

    2020.10.27

  2. マキシマム ザ ホルモン

    マキシマム ザ ホルモン、ライブイベントの開催を公式YouTubeにて突…

    2020.10.26

  3. TOTALFAT

    TOTALFAT主催「PUNISHER’S NIGHT 2021」開催決定

    2020.10.26

  4. ARABAKI ROCK FEST.

    ARABAKI ROCK FEST.ダイジェスト映像が無料配信!

    2020.10.26

  5. 小西真奈美

    小西真奈美、新作『Cure』からの先行SG「君とはもう逢えなくても」…

    2020.10.26

  6. カルメン・マキ&OZ、43年ぶりの東京追加公演決定!

    2020.10.26

  7. Corey Taylor

    Corey Taylor、「Black Eyes Blue」のアコースティック音源が公開

    2020.10.26

  8. Eddie Van Halen

    Eddie Van Halen、追悼のためにオランダの教会が鐘で彼の楽曲を演奏

    2020.10.26

  9. Spencer Davis

    The Spencer Davis GroupのSpencer Davisが享年81歳で逝去

    2020.10.26

  10. Kendrick Lamar

    Kendrick Lamar、アルバムの間が空いてしまう理由について語る

    2020.10.26

  1. Rocks ForChile 2020 in TOYONAKA、各日1000名限定 & オンライン配…

    2020.09.24

  2. Slow LIVE

    “大人のミニフェス”Slow LIVE、好評だった日比谷野音公演に続き、今…

    2020.09.24

  3. THE SOLAR BUDOKAN 2020 オンラインフェス 最終アーティストとして…

    2020.09.23

  4. オハラ☆ブレイク

    「オハラ☆ブレイク‘20秋 –北のまほろばを行く-」にLOVE PSYCHEDELIC…

    2020.09.07

  5. FUJI ROCK FESTIVAL

    Keep On Fuji Rockin’~FUJI ROCK FESTIVAL’20 LIVE ON…

    2020.08.14

  6. ARABAKI ROCK FEST

    ARABAKI ROCK FEST.20×21 第2弾出演アーティスト発表

    2020.08.05

  7. GREENROOM

    GREENROOM FESTIVAL’20 開催中止を発表

    2020.08.01

  8. オハラ☆ブレイク

    オハラ☆ブレイク ’20夏が開催を見合わせ

    2020.06.19

  9. RISING SUN

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2021 in EZO 開催決定

    2020.06.01

  10. I ROCKS 20&21

    LACCO TOWER主催 『I ROCKS 20&21』 26組の第一弾出演アーティ…

    2020.06.01