Glastonbury Festival、今年の会場で5Gのネットワークが試験導入されることが明らかに

イギリスの通信会社であるEEは今年のグラストンベリー・フェスティバルの会場で5G(第5世代移動通信システム)を試験導入する計画があることを発表している。 今回の試験導入はフェスティバルの会場で5Gの通信システムが使われる初めての機会となっており、UKでは2019年のうちに国内全土に5Gが整備されることが見込まれている。 EEは4Gよりも遥かに速いスピードでの通信が可能になる5Gの一時的な電波塔を会場となるワージー・ファームの5箇所に設置することを発表しており、オーディエンスは初めての導入となる5Gのほか、2Gや3G、4Gのシステムを会場で使用することができるという。 EEとその親会社であるブリティッシュ・テレコムでマーケティング・コミュニケーションの取締役を務めるピート・ジェヴォンズは次のように述べている。「スマートフォンは今やフェスティバルにおけるマスト・アイテムの一つとなっており、グラストンベリー・フェスティバルにおけるデータ通信量は年々増加しています」 「このような象徴的なフェスティバルの長年のテクノロジー・パートナーとして、我々は膨大な需要に対応できる力強いネットワークの導入に全力で取り組んでいます。今年新たに導入される5Gをワージー・ファームで試験的に使用することで、UKにおいて初めて5Gに接続されたフェスティバルとして、歴史に名を残すことができるのです」 ストームジーやザ・キュアー、ザ・キラーズがヘッドライナーを務める今年のグラストンベリー・フェスティバルでは、オーディエンスが携帯電話を充電するためのリチャージ・テントと題されたエリアも設置される予定となっている。テントではモバイル・バッテリーのジュース・チューブ・パワー・バーズが20ポンド(約2,900円)で販売され、電池を使い切った後は無料で交換することができるという。 グラストンベリー・フェスティバルの主催者であるエミリー・イーヴィスは次のように述べている。「EEを再び迎え、田舎にある私たちの会場に可能な限りの最善のネットワークを導入できることに大きな喜びを感じています。また、UKで最初に5Gを提供する場所の一つとなれることを嬉しく思っています」

関連NEWS

  1. WOODSTOCK

    WOODSTOCK50周年を記念した公式フェス、無料での開催の可能性があると報道

  2. Ian Brown、新型コロナのワクチン接種を求められてフェスのヘッドライナーを辞退

  3. “It’s a beautiful day” Camp in 朝霧 Jam、全券種ソールド・アウトを発表

  4. Festival

    アメリカの医療専門家、来年の秋までFestivalやConcertの開催は難しいと予想

  5. rural 2019

    長野で開催の野外パーティー「rural 2019」、最終ラインナップを発表

  6. Snow Light Festival'19

    Snow Light Festival 2019 第2弾アーティスト発表

  7. Download Festival

    Download Festival、今後ヘッドライナーに据えたいアーティストを語る

  8. ONE MUSIC CAMP 2019、第1弾出演アーティストを発表

  9. GREENROOM FESTIVAL

    GREENROOM FESTIVAL ’21、最終出演アーティストを発表

  10. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL、大晦日に行うイベントが無観客の生配信で開催されることに

  11. KNOTFEST JAPAN

    KNOTFEST JAPAN2020振替公演、Triviumの出演が決定

  12. Trooper Festival

    Trooper Festival、9月に開催が決定

  13. roskilde

    roskilde festival、2019年のラインナップが発表に

  14. Led Zeppelin、来年のGlastonbury Festivalに出演しないことが明らかに

  15. Glastonbury Festival

    Glastonbury Festival、新たなプロジェクトを予告する動画が公開