グラストンベリー・フェスティバル、次回の開催日程が発表に

グラストンベリー・フェスティバルは2019年の次回の開催日程を発表している。

オフィシャル・サイトを更新してグラストンベリー・フェスティバルは、2018年が牧草地を休ませるための休閑期となり、次回の開催日程が2019年6月26日から30日となることを発表している。主催者のマイケル・イーヴィスは今夏、1年の休閑期をとるという判断を「既に後悔している」と語り、あるバンドが再結成したら、考えを変えると語っていた。

GETTY

Photo: GETTY

一方、マイケル・イーヴィスの娘で同じく主催者のエミリー・イーヴィスは休閑期の間に「大きな変化」を計画していると『NME』に語っていた。

「休閑期というのはいつもすごく忙しいのよ」と彼女は語っている。「多くの時間を費やして、あらゆるものを見ていって、大きくしていくことになるから。チケットやパスとかそういうものを見ていくわけで、終わらせることはたくさんあるの。今もそのことを考えると、悲しくなるわ。だって、こんなにも素晴らしいフェスティバルだから、私はこういうのを覚えていられないの」

「休閑期について考えると『残念よね』ってことになるんだけど、でも、牧草地にも必要なことだし、町にも必要なことなの。そして、新しいアイディアと共に戻ってくるわ」

彼女は次のように続けている。「実現できれば、大きな変化になるアイディアがあるの。『素晴らしい』と思ってもらえるはずだわ」

2019年のラインナップはまったく発表されていないが、マイケル・イーヴィスは2020年のヘッドライナー2組のブッキングを既に終えていると語っている。

一方、マイケル・イーヴィスは「人生最後の最大の賭け」として新たなイベント「ザ・ヴァラエティ・バザール」を計画しているともしている。

この新たなフェスティバルは2021年に初開催の予定で、グラストンベリー・フェスティバルのチームがプロデュースを行うが、場所はワーシー・ファームではないという。

関連NEWS

  1. JAPAN ISLAND FES. vol.1 壱岐島

    「JAPAN ISLAND FES. vol.1 壱岐島」 が開催中止

  2. 今年のマーキュリー・プライズの受賞者が発表に&授賞式の全パフォーマンス映像が公開

  3. Big Dada

    Big Dada、黒人・有色人種・マイノリティによるレーベルとして再始動することを発表

  4. majiko

    majiko「狂おしいほど僕には美しい」のMV(short ver.)を公開

  5. Bruno Major

    Bruno Major、本日24時よりパフォーマンス映像をライヴ配信することに

  6. ノエル・ギャラガー、90年代のバンドと現在のバンドとの違いについて語る

  7. YUKI ソロデビュー15周年第二弾シングルMV公開、本人以外がフルCGに

  8. Vans Warped Tour Japan 2018、タイムテーブルを発表

  9. Claude Fontaine

    Claude Fontaine、デビュー・アルバムが日本盤でリリースされることが決定

  10. Kandace Springs

    Kandace Springs、新作で山崎まさよしとのコラボレーションが決定

  11. Download Festival Japan

    Download Festival Japan2020、来年3月に開催が決定

  12. 元ザ・ジャムのブルース・フォクストン率いるフロム・ザ・ジャム、来年3月に来日公演が決定

  13. ヴァンパイア・ウィークエンドのエズラ・クーニグ、バンドの新作について更に語る

  14. リンキン・パークのマイク・シノダ、チェスターの追悼公演を行う理由について語る

  15. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、出演予定のフェスが新型コロナウイルスの影響で中止に