オーストラリアの大学院でヘヴィ・メタルの研究のための奨学金が設立されることに

Metal

オーストラリアのニューカッスル大学は博士課程の学生に向けて「ヘヴィ・メタル地理学」の研究のための奨学金を設置することを発表している。

この奨学金は年間2万7596オーストラリア・ドル(約208万円)が博士課程の学生に給付されるというもので、合格者は「ヘヴィ・メタル文化の社会地理学」の研究を行えるという。

奨学生の募集人数は国内の学生2名、留学生1名となっており、研究領域としてはヘヴィ・メタルのほかにも「ホームレスと共済」、「ヴィーガン地理学」、「非学校教育と幼少期の可能性について」などがある。

ヘヴィ・メタルの学位については次のように説明されている。「独自のシーンが世界中で形成されてきたなかでヘヴィ・メタル・バンドはその大部分が北部地域の国を出自としています」

「イギリスとの歴史的な関係性もあり、世界の中でも独自の進化を遂げてきたオーストラリアには、植民地支配国と類似したカルチャーが存在しています。ヘヴィ・メタル文化の中心地から地理的に離れてはいるものの、オーストラリアは情熱をもって独自の方向性を確立させ、著名なバンドをこれまでに何組も輩出しています」

奨学金についての詳細はこちらから。

https://anarchistgeography.com/news

ニューカッスル大学で人文地理学の学長を務めるサイモン・スプリンガーは『ケラング!』誌に次のように語っている。「最近になってようやくメタルの分野の研究を始めた長年のメタル・ファンとして、今回の試みはこの分野における私の研究をさらに広げる絶好の機会になると思いました。私が博士課程で勉強をしていた当時に、メタルの研究もれっきとした学問の探究だと誰かに言ってもらえていたらとしたら、間違いなく喜んでいたでしょう」

「このような特定の分野への基金はほとんどなく、ヘヴィ・メタルの地理学の研究に興味を持ってくれる人が果たしているのかどうか、募集をかけてみたいと思ったのです」

関連NEWS

  1. Dan-Sturgess

    Kobra And The Lotus、9月に新作をリリースすることが決定

  2. GREENROOM FESTIVAL’18、開催が決定。第1弾アーティストが発表に

  3. ストーン・テンプル・パイロッツ、新ヴォーカリストを迎えた初ライヴを敢行&新曲を公開

  4. 小室哲哉×浅倉大介の新ユニット「PANDORA」が貫禄の初ライブ

  5. FKJ

    FKJ、来たるニュー・アルバムより新曲「Let’s Live」の音源が公開

  6. フルーム、12月に来日公演が決定

  7. カーリー・レイ・ジェプセン、“Cut To The Feeling”のミュージック・ビデオが公開に

  8. SUGIZOソロ20周年記念アルバム『ONENESS M』から、第二弾発表の参加アーティスト6名コメントを公開

  9. ビョーク、ニュー・シングル“The Gate”のミュージック・ビデオを公開

  10. 中島美嘉 一人二役演じたストーリー仕立てのMVが完成

  11. ザ・キラーズ、BBCでのパフォーマンス映像が公開

  12. Black Country, New Road

    Black Country, New Road、BIG LOVE RECORDSによるマフラーの発売が決定

  13. エルヴィス・コステロ、新曲“You Shouldn’t Look At Me That Way”を公開

  14. predia新アートワーク解禁 メンバーの裸体を楽器に見立てる

  15. Vaughan Oliver

    4ADのデザイナーだったVaughan Oliverを讃えた奨学金が立ち上げられることに