坂本龍一 ドキュメンタリー「Ryuichi Sakamoto: CODA」で東京国際映画祭の第4回SAMURAI賞を受賞。”音で感じられる映画であって欲しい”

第30回東京国際映画祭において、第4回SAMURAI賞授賞式が東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて開催され、坂本龍一が出席した。

トロフィーを受け取り、SAMURAI賞の名の如くナイフに見立てておどける、茶目っ気たっぷりなサービスを見せる坂本氏。

トロフィーを見つめ「よく見ると刀が描いてありますけど、思い起こすと僕が最初に関わった映画である『戦場のメリークリスマス』では、役者として刀で居合いをするシーンがあり、撮影が始まる前に居合いの道場に通って、文字通りの付け焼刃で刀を振り回すのを習った覚えがあります。」と回想すると、続けて「撮影現場でも、軍人の役で刀を持ってるんですが、振り回して曲がっちゃったりとかね(笑)。こういうのを持つと、切りたくなるんですよね。危ないですね、皆さんは持たないでくださいね(笑)。」と笑いを誘い、「その頃は環境意識も高くなくて、撮影した南太平洋のラロトンガ島で、木をバッサバッサと切ってました(笑)。いまでこそ森林保全の運動とかやってますけどね(笑)。」と35年前の突然の告白に、会場は笑いに包まれた。

そして、「“SAMURAI”という名に私はふさわしいか大いに疑問を感じますが、本当にありがとうございました。」と感謝を述べた。


この授賞式に加えて、ドキュメンタリー映画『Ryuichi Sakamoto:CODA』の上映も行われ、その舞台挨拶には、監督を務めたスティーブン・ノムラ・シブルも登壇した。
「今日はお越しいただいてありがとうございます。この映画を撮り始めたのは2012年の夏からで、5年以上の年月が経ちました。映画は監督のものだと坂本さんはよく仰ってくださるのですが、1人で映画は絶対に作れないので、皆さんのおかげで日本プレミアを迎えることができました」と感謝を述べる。
坂本は「僕は自分の素顔をさらけ出す趣味はないのですが、CODAという映画を作ることに承諾したのは、一重にシブル監督の”日本人以上に腰が低い”人柄や人間性に惹かれて、この人にだったら任せてもいいかなという気持ちになった」とシブル監督を評する。

坂本は続けて「撮っているうちにいろいろなことが起こりすぎて、収拾がつかなくなったんです。その内に、僕が病気になっちゃって。しめた! と思ったでしょ?これで映画がドラマチックになる!って思ったでしょ?」とシブル監督をのほうを見やり、更に笑いを誘った。

シブル監督は「坂本龍一のドキュメンタリーなので、音で感じれる映画であって欲しいというのがあって。ぜひ耳を開いて、この映画を感じていただければと思います」と述べ、坂本は「自分の顔がこの大きいスクリーン映ると思うとたまらないので、みなさんに作品の判断はお任せします(笑)。」と終始和やかな雰囲気のまま、ステージをあとにした。

Ryuichi Sakamoto: CODA

出演:坂本龍一
監督 : スティーブン・ノムラ・シブル
プロデューサー : スティーブン・ノムラ・シブル エリック・ニアリ
エグゼクティブプロデューサー : 角川歴彦 若泉久央 町田修一 空 里香
プロデューサー:橋本佳子 共同制作 : 依田 一 小寺剛雄
撮影 : 空 音央 トム・リッチモンド, ASC
編集 : 櫛田尚代 大重裕二
音響効果: トム・ポール
製作/プロダクション:CINERIC BORDERLAND MEDIA
製作:KADOKAWA  エイベックス・デジタル 電通ミュージック・アンド・エンタテインメント
制作協力 : NHK  共同プロダクション:ドキュメンタリージャパン
配給 : KADOKAWA  ©2017 SKMTDOC, LLC
2017年/アメリカ・日本/カラー/DCP/American Vista/5.1ch/102分
公式サイト http://ryuichisakamoto-coda.com/

関連NEWS

  1. Daniel Johnston

    Johnston、追悼のために壁画に数々のファンが集まっていることが明らかに

  2. ロバート・プラント、レッド・ツェッペリンの再結成について語る

  3. Fever333

    Fever333、ブラック・ライヴス・マターに資金を募るためにライヴを生配信

  4. グリーン・デイのビリー・ジョー、米TV番組で“Ordinary World”を弾き語りで披露

  5. VAMPS、活動休止が決まる前の貴重なオフィシャルインタビュー

  6. レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、今後の活動予定について語る

  7. ベック、今週金曜日深夜放送予定の「バズリズム02」への出演が決定

  8. リンキン・パーク、AMA授賞式でチェスターに捧げる感動的なスピーチを披露

  9. ラスベガスの音楽フェスで銃乱射事件が発生。現場の映像がオンラインに

  10. Kygo

    Kygo、Zak Abelを迎えた新曲“Freedom”を公開

  11. ヴァンパイア・ウィークエンドのエズラ・クーニグ、バンドの新作について更に語る

  12. Megan Thee Stallion

    Megan Thee Stallion、26歳の誕生日に際して新曲「Southside Forever Freestyle」が公開

  13. sora tob sakana主催「天体の音楽会Vol.2」の第3弾出演アーティストにJYOCHO、DJピエール中野、DÉ DÉ MOUSEら

  14. NEWS

    イギリスのミュージシャン、新型コロナの影響で約5人に1人がキャリアを諦めようとしているという調査結果が明らかに

  15. Amy-Winehouse-The-Beatles-Lana-Del-Rey

    2010年代に最も売り上げたアナログ盤のランキングが明らかに

  1. 加山雄三

    本日84歳の誕生日の加山雄三、「紅いバラの花」の配信シングルリリ…

    2021.04.11

  2. Justin Bieber

    Justin Bieber、最新作でキング牧師の演説を使ったことについて言及

    2021.04.10

  3. Megadeth

    Megadeth、バンドのマスコットであるVic RattleheadのNFTを売りに出…

    2021.04.10

  4. Easy Life

    Easy Life、最新シングル「a message to myself」のMV公開

    2021.04.10

  5. マカロニえんぴつ

    マカロニえんぴつ 即日完売の全国ホールツアー追加公演、5/23(日)横…

    2021.04.10

  6. Paul Simon

    Paul Simon、全楽曲の出版権をソニー・ミュージック・パブリッシン…

    2021.04.10

  7. Tom Odell

    Tom Odell、「Monster V.2」のMV公開

    2021.04.10

  8. Waterparks

    Waterparks、ニュー・シングル「Numb」のMV公開

    2021.04.10

  9. Dinosaur Jr

    Dinosaur Jr.、来たる新作より新曲「Garden」がMVと共に公開

    2021.04.10

  10. Bobby Gillespie

    Bobby Gillespie、Jehnny Bethとの共同アルバムのリリースが決定&…

    2021.04.10

  1. ARABAKI ROCK FEST

    ARABAKI ROCK FEST.20th×21、GTR祭2021 ゲストアーティスト発表

    2021.04.02

  2. GREENROOM FESTIVAL

    GREENROOM FESTIVAL ’21、第2弾出演アーティストにASIAN KUNG-FU GE…

    2021.04.01

  3. METROCK

    大阪「METROCK」にMAN WITH A MISSION、WANIMA、[Alexandros]、King…

    2021.04.01

  4. FRF

    FUJI ROCK FESTIVAL’21、「コロナ禍で開催する特別なフジロッ…

    2021.03.26

  5. OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL

    OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL vol.11、出演アーティスト20組発表

    2021.03.22

  6. RISING SUN

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2021 in EZO 開催決定

    2020.06.01

  7. I ROCKS 20&21

    LACCO TOWER主催 『I ROCKS 20&21』 26組の第一弾出演アーティ…

    2020.06.01

  8. JOIN ALIVE

    JOIN ALIVE 2020 開催中止を発表

    2020.04.14