坂本龍一 ドキュメンタリー「Ryuichi Sakamoto: CODA」で東京国際映画祭の第4回SAMURAI賞を受賞。”音で感じられる映画であって欲しい”

第30回東京国際映画祭において、第4回SAMURAI賞授賞式が東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて開催され、坂本龍一が出席した。

トロフィーを受け取り、SAMURAI賞の名の如くナイフに見立てておどける、茶目っ気たっぷりなサービスを見せる坂本氏。

トロフィーを見つめ「よく見ると刀が描いてありますけど、思い起こすと僕が最初に関わった映画である『戦場のメリークリスマス』では、役者として刀で居合いをするシーンがあり、撮影が始まる前に居合いの道場に通って、文字通りの付け焼刃で刀を振り回すのを習った覚えがあります。」と回想すると、続けて「撮影現場でも、軍人の役で刀を持ってるんですが、振り回して曲がっちゃったりとかね(笑)。こういうのを持つと、切りたくなるんですよね。危ないですね、皆さんは持たないでくださいね(笑)。」と笑いを誘い、「その頃は環境意識も高くなくて、撮影した南太平洋のラロトンガ島で、木をバッサバッサと切ってました(笑)。いまでこそ森林保全の運動とかやってますけどね(笑)。」と35年前の突然の告白に、会場は笑いに包まれた。

そして、「“SAMURAI”という名に私はふさわしいか大いに疑問を感じますが、本当にありがとうございました。」と感謝を述べた。


この授賞式に加えて、ドキュメンタリー映画『Ryuichi Sakamoto:CODA』の上映も行われ、その舞台挨拶には、監督を務めたスティーブン・ノムラ・シブルも登壇した。
「今日はお越しいただいてありがとうございます。この映画を撮り始めたのは2012年の夏からで、5年以上の年月が経ちました。映画は監督のものだと坂本さんはよく仰ってくださるのですが、1人で映画は絶対に作れないので、皆さんのおかげで日本プレミアを迎えることができました」と感謝を述べる。
坂本は「僕は自分の素顔をさらけ出す趣味はないのですが、CODAという映画を作ることに承諾したのは、一重にシブル監督の”日本人以上に腰が低い”人柄や人間性に惹かれて、この人にだったら任せてもいいかなという気持ちになった」とシブル監督を評する。

坂本は続けて「撮っているうちにいろいろなことが起こりすぎて、収拾がつかなくなったんです。その内に、僕が病気になっちゃって。しめた! と思ったでしょ?これで映画がドラマチックになる!って思ったでしょ?」とシブル監督をのほうを見やり、更に笑いを誘った。

シブル監督は「坂本龍一のドキュメンタリーなので、音で感じれる映画であって欲しいというのがあって。ぜひ耳を開いて、この映画を感じていただければと思います」と述べ、坂本は「自分の顔がこの大きいスクリーン映ると思うとたまらないので、みなさんに作品の判断はお任せします(笑)。」と終始和やかな雰囲気のまま、ステージをあとにした。

Ryuichi Sakamoto: CODA

出演:坂本龍一
監督 : スティーブン・ノムラ・シブル
プロデューサー : スティーブン・ノムラ・シブル エリック・ニアリ
エグゼクティブプロデューサー : 角川歴彦 若泉久央 町田修一 空 里香
プロデューサー:橋本佳子 共同制作 : 依田 一 小寺剛雄
撮影 : 空 音央 トム・リッチモンド, ASC
編集 : 櫛田尚代 大重裕二
音響効果: トム・ポール
製作/プロダクション:CINERIC BORDERLAND MEDIA
製作:KADOKAWA  エイベックス・デジタル 電通ミュージック・アンド・エンタテインメント
制作協力 : NHK  共同プロダクション:ドキュメンタリージャパン
配給 : KADOKAWA  ©2017 SKMTDOC, LLC
2017年/アメリカ・日本/カラー/DCP/American Vista/5.1ch/102分
公式サイト http://ryuichisakamoto-coda.com/

関連NEWS

  1. Jon Bon Jovi

    Jon Bon Jovi、息子が新型コロナウイルスにかかっていたことについて語る

  2. The Waterboys

    The Waterboys、4月に予定されていた来日公演が中止に

  3. Hazel English

    Hazel English、デビュー・アルバムからの新曲“Five and Dime”の音源が公開

  4. シール、11/10発売の『スタンダーズ』の日本盤ボーナストラックがJ-WAVEで世界初オンエア

  5. 佐藤タイジ&森俊之のエレクトロユニットThe SunPaulo が8年ぶりの新曲をリリース&リリースツアー開催。

  6. Andy Bell

    Andy Bell、ソロ・デビュー作より“I Was Alone”の音源が公開

  7. Warp Records

    WARP RECORDS、30周年を記念してアーティストや著名人による第5弾プレイリストが公開

  8. スマッシング・パンプキンズのビリー・コーガン、“Sweet Sweet”を23年ぶりに演奏

  9. ROGER ENO and BRIAN ENO

    ROGER ENO and BRIAN ENO、初の兄弟デュオ・アルバムが3月にリリース決定

  10. Ella Mai

    Ella Mai、大晦日に披露した2曲のパフォーマンス映像が公開

  11. LONDON

    LONDONのLIVE HOUSE、ココで火災が発生したことを受けて著名人らが反応

  12. 松たか子 NHK朝ドラ主題歌で8年ぶりシングル発売

  13. ザ・エックス・エックス、2018年2月に単独来日公演が決定

  14. Opeth

    Opeth、12月に来日公演が決定

  15. Ke$Ha

    Ke$Ha、ニュー・アルバムの詳細を発表して新曲“Raising Hell”を公開