ジョン・レノンを殺害したマーク・チャップマン、自身の罪は許されると綴った手紙が存在

ジョン・レノンを殺害したマーク・チャップマンは、その行いについてイエスの許しを得られると考えていたことが明らかになっている。

GETTY

Photo: GETTY

マーク・チャップマンは1980年12月8日にニューヨークのダコタ・ハウスの外で、オノ・ヨーコと共にレコーディング・スタジオから帰ってきたジョン・レノンを殺害している。彼は1981年に懲役20年が宣告されており、2000年以降は2年ごとに仮釈放を求めているが、9度却下されている。

今回、凶悪犯の品々を専門的に扱う「シリアル・キラー・インク」というサイトでマーク・チャップマンが書いた手紙が売りに出されていたという。

マーク・チャップマンのペンパルである「マイケル」に宛てて1992年に書かれた手紙のなかで、マーク・チャップマンは次のように述べている。「イエスは実在の生きた人間だとやっと分かったんだ」

「イエスはすべてだ」と彼は綴っている。「僕はこのことにアッティカでの長い日々の中でこのことに気づいたんだ」

「彼が死ぬことを選んだことで、我々の罪、僕の罪でさえ許されるんだ。12年前、僕はロックのスーパースターである元ザ・ビートルズのジョン・レノンを銃で殺害した。ここであれは最低の事件だったと言わせてほしい。僕は二度とそのことを忘れないよ」

この手紙は「シリアル・キラー・インク」で匿名の購入者に265ポンド(約4万円)で売却されたという。「シリアル・キラー・インク」を運営するエリック・ホラーは『ザ・ミラー』紙にこの手紙をマーク・チャップマンのペンパルから入手したと語っている。

「私がマーク・チャップマンと連絡をとっていたわけではありません」とエリック・ホラーは語っている。「あの手紙はウェブサイトに掲載してから1時間で売れました。私はもっとマーク・チャップマンの品々を手に入れたいと思っています。よく売れますからね」

ジョン・レノンについては、彼所有の手書きのコメントが入った『イエスタデイ・アンド・トゥデイ』の初期バージョンがオークションに出品されることが決定している。

関連NEWS

  1. Yoko Ono

    Yoko Ono、『Get Back』がThe Beatlesの解散に関与していないことを示したという記事をシェア

  2. BTS、米TV番組でBeatlesにオマージュを捧げるパフォーマンスを披露

  3. John Lennon・Yoko Ono

    John Lennon・Yoko Ono、1969年放送のドキュメンタリーがアマゾンで配信

  4. 6ix9ineとNicki Minaj

    6ix9ineとNicki Minaj、コラボ曲“Trollz”が公開

  5. Paul McCartney

    Paul McCartney&Wingsのメンバーら、 Paul McCartneyとの思い出を振り返る

  6. Matador

    Matador、40周年を記念した再発企画のオリジナル・グッズが日本発売されることに

  7. Hinds&CHAI

    HINDS&CHAI、コラボ・シングル“United Girls Rock ‘n’ Roll Club”をリリース

  8. James Taylor

    James Taylor、John Lennonが殺害される前日にマーク・チャップマンと会ったことを振り返る

  9. VAMPS、活動休止が決まる前の貴重なオフィシャルインタビュー

  10. ビートルズ、『ホワイト・アルバム』50周年盤の発売を記念してポップ・アップ・ショップのオープンが決定

  11. Roddy Ricch

    Spotify、今夏最もストリーミング再生された曲のランキングを発表

  12. YouTube

    YouTube、音楽の権利所有者への支払いについて自身の姿勢を説明

  13. ザ・ストラッツ、10/26に新作のリリースを発表&新曲“Bulletproof Baby”の音源が公開

  14. セイント・ヴィンセント、最新シングル“Los Ageless”のミュージック・ビデオを公開

  15. The Beatles

    The Beatles、ドキュメンタリー『ゲット・バック』のプレミア上映会の開催が決定

  1. Pink Floyd

    Pink Floyd、『驚異』の再発盤の修復度合が分かる比較映像が公開

    2022.01.22

  2. Yard Act

    Yard Act、Elton Johnの「Tiny Dancer」のカヴァーが公開

    2022.01.22

  3. Robert Glasper

    Robert Glasper、キング牧師記念日に米TV番組で2曲のパフォーマンス…

    2022.01.22

  4. Richie Hawtin

    Richie Hawtinが共同開発したワイヤレス・ヘッドフォンの発売が開始

    2022.01.22

  5. Iron Maiden

    Iron MaidenのBruce Dickinson、最新作を全編演奏する計画を語る

    2022.01.22

  6. Every Time I Die

    Every Time I Die、20年以上のキャリアを経て解散することを発表

    2022.01.22

  7. David Bowie

    David Bowie、イギリスで21世紀に最もアナログ盤を売り上げたアーテ…

    2022.01.22

  8. Don Henley

    Steely Dan、EaglesのDon Henleyが「Peg」に参加しかけた逸話が明ら…

    2022.01.22

  9. 『ブラックボックス:音声分析捜査』 本物の音声分析官からこだわっ…

    2022.01.22

  10. Bruce Springsteen

    Bruce Springsteen、全米で2021年に最も収入を上げたミュージシャン…

    2022.01.22

  1. GREENROOM FESTIVAL

    GREENROOM FESTIVAL ’22、第1弾出演アーティストを発表

    2022.01.19

  2. RISING SUN ROCK FESTIVAL

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2022 in EZOを8月に開催

    2022.01.01

  3. ARABAKI ROCK FEST

    ARABAKI ROCK FEST.22 開催決定

    2021.12.24

  4. ルルティモバーチョ

    恵比寿ガーデンホールでのクリスマスイベント“ルルティモバーチョ”…

    2021.10.26

  5. ROCKS FORCHILE 2021

    ROCKS FORCHILE 2021が事前登録制のフリーイベントとして開催、第一…

    2021.10.05

  6. OMNIBUS

    音楽フェス「OMNIBUS」が11月に初開催!11/6に鈴木真海子、ODD Foot…

    2021.09.01

  7. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL、2022年の開催決定

    2021.08.22