Lady Gaga、“Shallow”に対する盗作疑惑について声明を発表

Lady Gaga

レディー・ガガとマーク・ロンソンは映画『アリー/スター誕生』に提供した“Shallow”に対して法的措置が取られようとしていることを受けて自身の見解を語っている。

スティーヴ・ロンセンは2人が自身の作品を「盗作した」と主張しており、特に自身の楽曲“Almost”から許諾やクレジットもなく3つの音符の進行を使用していると述べている。

「エンタテインメント・トゥナイト」に彼は次のように語っている。「多くの人から“Shallow”が僕の曲に似ているという意見をもらったんだ。それを追及することはなかったんだけどね。映画も観てないんだけどさ(すごく素晴らしいとは聞いたよ)。僕はレディー・ガガに憧れているから、単に真相を突き詰めたいんだ」

「“Shallow”にはマーク・ロンソンなど、他のソングライターもいるからね。これらの曲が似ていると同意してくれた音楽学者がいるんだ。侵害の可能性があるか誰かに調べてもらう形で進めるつもりだよ」

2曲の音源はこちらから。

今回、レディー・ガガの弁護士は疑いを否定する反論の声明を発表し、スティーヴ・ロンセンと彼の弁護士であるマーク・D・シリアンを批判している。

「ロンセン氏と彼の弁護士は成功したアーティストから安易にお金を奪おうとしています。これは恥ずべきことであり、間違いです」

「気づけば、このような楽観的な主張を受ける成功したアーティストに代わって、立ち上がる勇気と品位を持っているレディー・ガガに賛辞をおくります。シリアン氏がこの裁判を進めるようであれば、レディー・ガガは活発に闘い、勝利することになるでしょう」

「私たちはこの2曲に起訴できるような類似点は見つけられないという複数の有数の音楽学者による意見の書かれた長い手紙を送りました。シリアン氏の音楽学者も、彼の顧客の楽曲よりも前に出された多くの曲で3つの音符の進行が使われていることを認めています」

“Shallow”はアカデミー賞で最優秀歌曲賞を受賞している。

「家にいてソファーに座って、今これを観ているなら、私が言わなければならないのは大変な仕事だったことよ」と彼女は語っている。「長い間、ずっと懸命に働いて、だから重要なのは受賞することでなく、諦めないということだった」

「夢を持っているなら、そのために闘って。情熱のための自制心があるのなら、何度拒絶されたって失敗したって打ちのめされたって関係ないの。どれだけ続けて、勇気を持てるかなの」

“Shallow”はマーク・ロンソン、アンソニー・ロッソマンド、アンドリュー・ワイアットとの共作となっている。

関連NEWS

  1. Lady Gaga

    Lady Gaga、WHOの親善大使に選ばれた母親に賛辞を寄せる

  2. 第76回ゴールデン・グローブ賞、今年の主題歌賞が決定

  3. Lady Gaga

    Lady Gaga、新恋人と噂される男性の元妻が2人の交際に言及

  4. Lady Gaga

    Lady Gaga、自身のコスメティック・ラインを販売することを発表

  5. レディー・ガガ、エルトン・ジョンのトリビュート作より“Your Song”の音源が公開

  6. レディー・ガガ、『アリー/スター誕生』のサントラより“Shallow”のミュージック・ビデオが公開

  7. レディー・ガガ、俳優のブラッドリー・クーパーとの仕事が自分を「変えた」と語る

  8. Lady Gaga

    Lady Gaga、バーのステージにサプライズで登場してフランク・シナトラのカヴァーを披露

  9. Thom Yorke

    Thom Yorkeら、第91回アカデミー賞の歌曲賞のロングリストに

  10. LaShawn "BigShiz" Daniels

    Destiny’s ChildやLady Gagaらの曲を手掛けたLaShawn Danielsが逝去。享年41歳

  11. lagerfeld

    Karl Lagerfeldの訃報を受けて音楽業界などから追悼の声

  12. Lizzo

    Lizzo、Lady Gagaの“Shallow”のカヴァーを披露

  13. Lady Gaga

    Lady Gaga、ゴールデン・グローブ賞のパーティーに出席せずにシリアルを食べている写真を婚約者が投稿

  14. Lady Gaga

    Lady Gaga、映画『ザ・ファブル』の主題歌に“Born This Way”が決定

  15. Elton John、Lady Gaga

    Elton John、Lady Gagaのアカデミー賞受賞に家を賭けると発言