テイラー・スウィフト、新作『レピュテーション』のストリーミング配信を発売当初は見送りか

テイラー・スウィフトの新作『レピュテーション』が発売日の11月10日には大手ストリーミング・サービスでは配信されない可能性があると報じられている。

アルバムは通算6作目となる待望の新作となり、アルバムには“Look What You Made Me Do”、“…Ready For It?”、“Gorgeous”といった楽曲が収録される。

PRESS

Photo: PRESS

『ニューヨーク・タイムズ』紙はスポティファイやアップル・ミュージックなど、大手ストリーミング4社の経営者が『レピュテーション』が発売日にすぐには配信されない語ったと報じている。ただし、水面下の交渉を守るために匿名で語った人物は、その方針が変わる可能性があるとも語ったという。

『ニューヨーク・タイムズ』紙はテイラー・スウィフトの担当者にもストリーミングの方針について接触したが、コメントを控えている。しかし、ナップスターのアプリが提供する「アイハート・ラジオ・オール・アクセス」では少なくともストリーミングをすることが可能だという。

テイラー・スウィフトは以前にロイヤリティの支払が少なすぎるとしてスポティファイから自身の音楽を引き上げたが、後日再度アップしている。アップル・ミュージックの立ち上げの際にもテイラー・スウィフトはアーティストへの適正な支払を求める公開書簡を出している。

関連NEWS

  1. summersonic

    SUMMER SONIC 2019、WEEZER、PALE WAVES、SUPERORGANISMら

  2. ローリング・ストーンズ、12/1にリリースされる『オン・エア』の店頭購入特典が決定

  3. ジョン・レノンの名前に酷似したレモン飲料、商標侵害で名前が変更されることに

  4. Taylor Swift

    Taylor Swift、4月26日に何かを発表するカウントダウンを開始

  5. ニール・ヤング、50年以上に及ぶキャリアを網羅した音源をオンラインで無料にて公開

  6. “It’s a beautiful day” Camp in 朝霧 Jam、全券種ソールド・アウトを発表

  7. テイラー・スウィフト、母親が病気を患っているファンに1万5500ドルを寄付

  8. ブライアン・セッツァー・オーケストラ、2018年の来日公演に東京追加公演が決定

  9. リアム・ギャラガー、ブリットポップという言葉が「嫌い」で「侮辱的」と語る

  10. GLAY『聖者のいない町』がドラマ「マクガイバー」ED曲に決定

  11. RIZE、JESSE監督による3部作のMV最終章、日仏合作のフルアニメーションを解禁!

  12. シガレッツ・アフター・セックス、シングルのB面曲“Sesame Syrup”がデジタルで公開

  13. ローリング・ストーンズ、初のBBC音源作品『オン・エア』発売を記念して著名人の選ぶプレイリスト第2弾が公開

  14. レディオヘッドのトム・ヨーク、『トゥモローズ・モダン・ボクシーズ』の再発と北米での2公演を発表

  15. リアム・ギャラガー、ソロよりもオアシスが好きでも無理強いはできないと語る