Ariana Grande、ミュージカル『Wicked』の映画化版に出演の可能性が浮上

Ariana Grande

アリアナ・グランデはミュージカル『ウィキッド』の映画版に出演する可能性があるという。

人気ブロードウェイ・ミュージカル『ウィキッド』のコンポーサーを務めるステファン・シュワルツは先日、『ゲイ・タイムズ』に映画へのアリアナ・グランデの起用を「真剣に考える」ことをしないのは愚か」と語っている。

「映画版『ウィキッド』は具体的な配役について本当に話すような段階にはまだないけど、明らかに誰もがアリアナ・グランデの世界規模の存在感とその並外れた才能に気づいているよね」とスティーブン・シュワルツは語っている。

「彼女について真剣に考えることがないとしたら愚かだよね」とスティーブン・シュワルツは続けている。

しかし、スティーブン・シュワルツは『ウィキッド』のキャスティングに対して発言権を持っているのは自分だけではないことを強調している。「スティーブン・ダルドリーが僕たちの監督であり、彼もキャスティングについて多くのことを言うわけでね。ユニヴァーサルとスタジオもそうだ。しかし、僕たち全員がアリアナ・グランデのことをすごく気にしているとだけ言っておこう」

昨年、アリアナ・グランデはNBCの特別番組「ア・ヴェリー・ウィキッド・ハロウィーン」でエルファバの歌う劇中歌”The Wizard And I”のカヴァーを披露して「オズの魔法使い」への深い愛情を示している。既に削除されたインスタグラムの投稿の中で、アリアナ・グランデは「とても特別な作品の一員になれたことに感謝しているの」と述べていた。

アリアナ・グランデは後に次のようなキャプションを付け、彼女とミュージカルの中でエルファバを演じたイディナ・メンゼルとの写真を投稿している「15年前にこれが現実になるって言われたとしても……じゃあね」

ユニヴァーサル・ピクチャーズは先日、映画版『ウィキッド』が2021年のクリスマスに公開予定であることを発表している。映画はスティーブン・ダルドリー(『リトル・ダンサー』、『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』)が監督を務め、マーク・プラット(『ラ・ラ・ランド』、『イントゥ・ザ・ウッズ』)がプロデュースを担当するという。

関連NEWS

  1. アリアナ・グランデ、ペットの豚が出演する“Breathin’”のビデオが公開

  2. アリアナ・グランデ、最新シングル“No Tears Left to Cry”を歌うマンチェスター市民の動画を投稿

  3. Billie Eilish

    Billie Eilish、若くして得た名声に対処するためにAriana Grandeに助言を求めていると語る

  4. アリアナ・グランデ、「エレンの部屋」でのパフォーマンス映像が公開

  5. アリアナ・グランデら、MTVビデオ・ミュージック・アウォーズのパフォーマンス映像が公開

  6. Justin Bieber&Ariana Grande

    Justin Bieber&Ariana Grande、コラボ曲“Stuck with U”が公開

  7. Ariana Grande

    Ariana Grande、ステージで涙を流したことについて理由を説明

  8. Ariana Grande

    Ariana Grande、ヌードを求めてくるフォトグラファーと仕事をしないよう求めるメッセージを投稿

  9. Ariana Grande

    Ariana Grande、ジョンベネ殺害事件のジョンベネ・ラムジーに関するジョークについて謝罪

  10. Ariana Grande

    Ariana Grande、2年ぶりに行ったマンチェスター公演についての心境を語る

  11. Ariana Grande

    Ariana Grandeのマンチェスター公演を襲ったテロ事件、実行犯の弟が事件への関与を否定

  12. Ariana Grande

    Ariana Grande、THE BEATLES以来初めて全米シングル・チャートのトップ3を独占したことが明らかに

  13. Ariana Grande

    Ariana Grande、結婚式の時の写真をインスタグラムで公開

  14. Ariana Grande

    Ariana Grande、ニュー・シングル“7 rings”を公開

  15. Demi Lovato

    Demi Lovato、新作にAriana GrandeやSweetieらが参加していることが明らかに