y’s presents 貴ちゃんナイト vol.10~35th Anniversary Edition~

3月2日(金)に東京・渋谷 duo MUSIC EXCHANGEにて、ラジオパーソナリティ中村貴子によるイベント《y’s presents「貴ちゃんナイト vol.10~35th Anniversary Edition~」》が開催された。
開場と同時に山中さわお(the pillows)選曲によるSEで、主催者である中村貴子のラジオリスナー・出演者のファンを迎え、あっという間に会場は満員となった。
中村貴子がステージに登場し「こんばんは。イベントに来ていただいてどうもありがとう。音楽が大好きだと思える1日にしましょう。」と、イベントの始まりを宣言。

鳴り響くSEと共に、会場中で起こる手拍子で迎えられたのは、今年結成15周年を迎える髭。

一瞬でダンスフロアに変えたのは、佐藤“コテイスイ”康一(Per,Dr)と佐藤謙介(Dr.サポート)からなるツイン・ドラムの鉄壁のリズムに、宮川トモユキ(Ba)の跳ねるビート。
斉藤祐樹(Gt)が妖しくサイケデリックな音色で染める「ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク」に酔い、新曲「謝謝(仮タイトル)」では須藤寿(Vo,Gt)が勢いよく体を乗り出して盛り立てる。

「今日はみんなに会えてよかった。大好きなthe pillowsに会えて良かった。大好きになった和田唱さんに会えて良かった。」と話しながら”楽しいお別れ”と、最後に披露されたのは「テキーラ!テキーラ!」。

気持ちが良いくらい、会場にいる全ての人を1つにして、音楽の楽しさを存分に分かち合える時間をくれた。
“誰のファン云々”という壁なんかとっくに取っ払って、髭だからこそできる音楽を楽しむやり方で、最初から最後までフロアを踊らせてくれたのだ。

続いて和田唱(TRICERATOPS)の登場。

デビュー時から中村貴子の番組に出演し、貴ちゃんナイトへはTRICERATOPSとしても出演しており、和田自身は5年ぶりの出演となる。
アコースティック・ギターを抱えてスタンディングスタイルで最初に披露されたのは「PURE IMAGINATION」。
やられた!と思うくらい、美しいギターの旋律にただただ心を奪われていくのがわかる。
一気にオーディエンスを惹き込み、ピアノへ変わって”TRICERATOPSで1番最初に発表されたバラード”というフリとともに、某アーティストの楽曲(会場にいたオーディエンスのみのサプライズとして曲名は伏せる)のイントロを弾くと、しっかり笑いを誘いながらも「if」が披露される。

再度ギターを持ち、和田唱の代名詞と言っても過言ではないTHE BEATLESから「BACK IN THE U.S.S.R」をカバー。
初披露となる新曲「1975」では、コーラス部分を即興でオーディエンスに委ねるという嬉しい参加もあり、中村貴子との思い出深い「Raspberry」まで、ソロである自由さを武器に、オーディエンスと一体になり作り上げるステージは胸いっぱいの幸せをくれた気がした。

1

2 3 4