ボブ・マーリー、新たな伝記映画が制作中であることが明らかに

ボブ・マーリーの新たな伝記映画が現在制作中であると報じられている。

レゲエ界の伝説であり、1981年5月に36歳で亡くなったボブ・マーリーの新たな伝記映画は、彼の息子であるジギー・マーリーとパラマウント・ピクチャーズが共同制作しているという。

「デッドライン」の報道によると、ジギー・マーリーはこの映画の制作において中心人物となっており、映画はまだ制作の初期段階にあるという。現時点で制作の詳細は明らかになっておらず、監督、脚本家、プロデューサーも発表されていない。

今回の映画は、インタヴューや映像のアーカイヴを用いて制作された2012年公開の伝記映画『ボブ・マーリー/ルーツ・オブ・レジェンド』に次ぐボブ・マーリーの伝記映画になる。『ボブ・マーリー/ルーツ・オブ・レジェンド』はケヴィン・マクドナルドが監督を務め、評論家から高い評価を獲得している。

ジギー・マーリーは先月、差しシンク『リベリオン・ライゼズ』をリリースしている。彼はボブ・マーリー・アンド・ザ・ウェイラーズのライヴを収録した映像作品『ライヴ・イン・ボストン’78』をプロデュースしており、他にもボブ・マーリーのベスト・アルバム『レジェンド』のリミックス盤である『レジェンド・リミックスド』や戦術の伝記映画『ボブ・マーリー/ルーツ・オブ・レジェンド』でもエグゼクティヴ・マネージャーも務めている。

2016年には生きていれば71歳であったボブ・マーリーの誕生日に、彼の自宅で新たな大麻ブランドの立ち上げが発表されている。

「もし父がここにいたら、率先して大麻を推奨するでしょう、だからブランド『マーリー・ナチュラル』を始められることを誇りに思います」とボブ・マーリーの息子のスティーヴン・マーリーは語っている。

RECOMMEND NEWS

  1. 映画『スパイナル・タップ』、日本での初公開が決定

  2. エド・シーラン、ダニー・ボイルによるビートルズをテーマにした映画の撮影を行ったことが明らかに

  3. ビヨンセ主演『ドリームガールズ』ディレクターズカット版、4/12に東京・大阪・名古屋・札幌のZeppで上映決定

  4. 映画『ジャスティス・リーグ』のサウンドトラック、12/6に日本盤のリリースが決定

  5. クイーンの伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』に自分の声が使われるキャンペーンが実施中

  6. 映画『ベイビー・ドライバー』のサウンドトラック第2弾、4/25に発売が決定

  7. 映画『スパイナル・タップ』、主人公のナイジェル・タフネルのギターが新宿武蔵野館にて一般公開

  8. 映画『スパイナル・タップ』、日本での初公開に向けて新たな本編映像が公開

  9. レディオヘッドのトム・ヨーク、楽曲を提供した長編作品『サスペリア』の予告編が公開に

  10. 映画『ダリダ』公開に先駆け、名曲揃いのサントラ発売

  11. フレディ・マーキュリーの伝記映画、撮影場面の写真が新たに公開

  12. 『ベイビー・ドライバー』のエドガー・ライト、お気に入りの映画のサントラによるプレイリストを公開

  13. ウェス・アンダーソン監督作品『犬ヶ島』のサウンドトラックが3/23にリリースされることに

  14. ダリダ~あまい囁き~ コラボ企画でティーキャラバン

  15. 映画『スパイナル・タップ』、日本劇場初公開に寄せて著名人からの応援コメントが到着