The 1975、「Mindshower」と題した新たな謎のウェブサイトを公開

The 1975

ザ・1975は「マインドシャワー」と題した新たな謎のウェブサイトをファンに公開している。

「デジタル・デトックス」のためのサイトだというこのサイトは英国時間2月19日18時(日本時間2月20日午前3時)に終わるカウントダウンが設置されている。

シンプルなウェブサイトには「プレス」と「ブッキング」のEメールのボタンが設置されており、様々な意味不明のメッセージが表示されるようになっている。

このサイトは複数のザ・1975との繋がりが見られており、「マインドシャワー」のツイッター・アカウントは唯一のツイートで「自身の旅を始め、素敵な隠れ家で自分自身を発見しましょう」と述べている。「マインドシャワーのデジタル・デトックスは、あなたを管理下に戻します。再び繋がり、再充電し、復活するのです」このツイートはザ・1975のギタリストであるアダム・ハンによってリツイートされている。

マット・ヒーリーもインスタグラムで写真を投稿しており、直接のリンクは書かれていないものの、キャプションには「マインド・シャワー」と記している。

この投稿をInstagramで見る

MIND SHOWER

matty off 1975(@trumanblack)がシェアした投稿 –

マインドシャワーのサイトでのカウントダウンがザ・1975の新曲の公開と関連しているかは明らかになっていない。ただし、ザ・1975のマネージャーであるジェイミー・オーボーンは『ノーツ・オン・ア・コンディショナル・フォーム(原題)』からの新曲が2月21日・22日に行われるロンドン・O2アリーナ公演より前にリリースされるとツイートしていた。

ザ・1975は現地時間2月15日に行われたUKツアー初日となったノッティンガム公演で新作『ノーツ・オン・ア・コンディショナル・フォーム(原題)』より2曲を初披露している。

新作『ノーツ・オン・ア・コンディショナル・フォーム』からはグレタ・トゥーンベリが参加しているオープニング曲や“People”、“Frail State Of Mind”、“Me & You Together Song”が公開されていた。

ザ・1975は2020年のNMEアウォーズでバンド・オブ・ザ・ディケイド賞とイノヴェーション賞を受賞しており、授賞式を締めくくる5曲のステージを披露している。

関連NEWS

  1. ザ・1975、大御所には自分たちほど興味深いことをやっているバンドはいないと語る

  2. The 1975

    The 1975、気候変動に対するバンドの姿勢について国会議員がバンドを批判

  3. The 1975

    ザ・1975、2020年2月21日に新作の発売が決定&新曲の全文和訳を掲載

  4. Dirty Hit

    The 1975やWolf Aliceらが所属するDirty Hit、オーストラリア支部を開設

  5. The 1975

    The 1975のマット・ヒーリー、アラバマ州のフェスで中絶禁止法案について言及

  6. The 1975

    The 1975、ニュー・アルバムからの新曲“Guys”を公開

  7. ザ・1975のマット・ヒーリー、インタヴューの中で自身の薬物中毒について母親に謝罪

  8. The 1975

    The 1975、来たる新作よりニュー・シングル“Me And You Together Song”が公開

  9. The 1975

    The 1975、新曲“The 1975”を発表

  10. The 1975

    The 1975、ロンドンのフィンスベリー・パークで環境に配慮した公演を行うことを発表

  11. The 1975

    The 1975のマット・ヒーリー、Imagine Dragonsとの論争について振り返る

  12. The 1975

    The 1975、スウェーデンのテレビ番組より2曲のパフォーマンス映像が公開

  13. Drive Like I Do

    Drive Like I Doの作品を2月にリリースすることを示唆

  14. BBCによるフェス、ビッグ・ウィークエンドの第1弾出演者が発表に

  15. Matty Healy

    The 1975のMatty Healy、ライヴ・ミュージックがなくなることはないと語る