アルゴリズムで生成したあらゆるメロディーをパブリック・ドメインにするプロジェクトが明らかに

2人のミュージシャンがハード・ドライヴ上に存在し得るあらゆるメロディーをMIDIで書き出し、著作権で登録してパブリック・ドメインとすることで、ミュージシャンが訴訟を受けるのを避けさせようとしている。

ミュージシャンにしてプログラマーで、著作権弁護士のダミアン・リールはプログラマーのノア・ルービンと協力してアーティストのクリエイティヴ面での自由を脅かすと考える著作権訴訟を半減させようとしている。

『ヴァイス』によれば、曲のメロディーに関する著作権訴訟は、曲を以前に聴いた可能性が高い場合には「無意識に」メロディーを盗作したとアーティストが責められることが多いという。

有名な一例はサム・スミスの“Stay With Me”で、トム・ペティの“I Won’t Back Down”に似ているとトム・ペティ側が主張したためにサム・スミスは著作権の一部をトム・ペティに渡すこととなっている。

しかし、ダミアン・リールとノア・ルービンはメロディーをパブリック・ドメインとして公開することで、こうした訴訟の多くが避けられるようにしたいと考えている。

このプロジェクトについてダミアン・リールは1オクターヴに含まれるあらゆるメロディーをアルゴリズムで生成したデータベースを作成したと説明している。

プロジェクトを成立させるために8音12拍で考え得るあらゆるメロディーを生成するアルゴリズムを2人は開発したとのことで、ダミアン・リールはアルゴリズムが1秒間で30万のメロディーを生成すると述べている。

「著作権法の下では数は事実であり、著作権法の下では事実とは著作権がまったくないか、ほとんどないか、あまりないものとして扱われます」

「なので、もしこうした数が昔から存在していて、登録されてしまっていたとしたら、メロディーは数学となり、事実として著作権で保護されるものではなくなります」

すべてのメロディーとそれを生み出したアルゴリズムのコードはGithubにオープンソースとして登録され、インターネット・アーカイヴにデータセットとして登録されている。

現時点ではこのプロジェクトが法廷で採用されるかどうかという段階になっている。

関連NEWS

  1. Opeth

    Opeth、12月に来日公演が決定

  2. Daniel Johnston

    Johnston、追悼のために壁画に数々のファンが集まっていることが明らかに

  3. フー・ファイターズ、本日リリースの新作のメイキング・アニメーション映像が公開に

  4. SEKAI NO OWARI

    SEKAI NO OWARI 「The Colors」アジア公演完走! TOUR 2019 「The Colors」の模様を収めたSEKAI NO OWARIBlu-ray & DVDがリリース

  5. オレたちカーリングシトーンズ

    カーリングシトーンズ×フジテレビTWO「オレたちカーリングシトーンズ」OA決定

  6. Bruno Major

    Bruno Major、本日24時よりパフォーマンス映像をライヴ配信することに

  7. ニック・ケイヴ、イスラエル公演を行うことにした理由について語る

  8. リンプ・ビズキット、2018年4月に来日公演が決定

  9. ミューズ、ニュー・アルバムからの新曲“Pressure”のリリースを予告

  10. ビョーク、ニュー・シングル“The Gate”のミュージック・ビデオを公開

  11. SXSW 2020

    SXSW 2020、開催が中止されることが明らかに

  12. YouTube

    YouTube、音楽の権利所有者への支払いについて自身の姿勢を説明

  13. ローリング・ストーンズ、『オン・エア』のミックス前と後の音源が比較できるサイトが公開

  14. ビースティ・ボーイズ、ゲームのトレイラー映像に自身の楽曲の使用を許可したことが話題に

  15. ブルーノート・レコード、イセタンメンズ&J-WAVEとコラボレーションした企画が実現

  1. Pink Floyd

    Pink Floyd、『驚異』の再発盤の修復度合が分かる比較映像が公開

    2022.01.22

  2. Yard Act

    Yard Act、Elton Johnの「Tiny Dancer」のカヴァーが公開

    2022.01.22

  3. Robert Glasper

    Robert Glasper、キング牧師記念日に米TV番組で2曲のパフォーマンス…

    2022.01.22

  4. Richie Hawtin

    Richie Hawtinが共同開発したワイヤレス・ヘッドフォンの発売が開始

    2022.01.22

  5. Iron Maiden

    Iron MaidenのBruce Dickinson、最新作を全編演奏する計画を語る

    2022.01.22

  6. Every Time I Die

    Every Time I Die、20年以上のキャリアを経て解散することを発表

    2022.01.22

  7. David Bowie

    David Bowie、イギリスで21世紀に最もアナログ盤を売り上げたアーテ…

    2022.01.22

  8. Don Henley

    Steely Dan、EaglesのDon Henleyが「Peg」に参加しかけた逸話が明ら…

    2022.01.22

  9. 『ブラックボックス:音声分析捜査』 本物の音声分析官からこだわっ…

    2022.01.22

  10. Bruce Springsteen

    Bruce Springsteen、全米で2021年に最も収入を上げたミュージシャン…

    2022.01.22

  1. GREENROOM FESTIVAL

    GREENROOM FESTIVAL ’22、第1弾出演アーティストを発表

    2022.01.19

  2. RISING SUN ROCK FESTIVAL

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2022 in EZOを8月に開催

    2022.01.01

  3. ARABAKI ROCK FEST

    ARABAKI ROCK FEST.22 開催決定

    2021.12.24

  4. ルルティモバーチョ

    恵比寿ガーデンホールでのクリスマスイベント“ルルティモバーチョ”…

    2021.10.26

  5. ROCKS FORCHILE 2021

    ROCKS FORCHILE 2021が事前登録制のフリーイベントとして開催、第一…

    2021.10.05

  6. OMNIBUS

    音楽フェス「OMNIBUS」が11月に初開催!11/6に鈴木真海子、ODD Foot…

    2021.09.01

  7. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL、2022年の開催決定

    2021.08.22