oasisのBonehead、デビュー作にまつわる逸話の数々を明かす

oasis

オアシスの元ギタリストであるポール・“ボーンヘッド”・アーサーズはオンラインで行われたオアシスのデビュー作『ディフィニトリー・メイビー』のリスニング・パーティーでアルバムの制作についてこれまで語ってこられなかった話を明かしている。

先週、ザ・シャーラタンズのティム・バージェスはウィークデイにわたってブリットポップの名作を重鎮と共に聴き返すリスニング・パーティーをオンラインで開催している。

ブラーの『パークライフ』やフランツ・フェルディナンドのデビュー作、ザ・シャーラタンズの『サム・フレンドリー』のリスニング・パーティーが行われてきたが、現地時間3月27日にはオアシスが1994年に発表したデビュー作『ディフィニトリー・メイビー』のリスニング・パーティーが開催されている。

リアム・ギャラガーも参加すると言われていたが、リスニング・パーティーには最終的にティム・バージェス、ポール・“ボーンヘッド”・アーサーズ、『ディフィニトリー・メイビー』のアートワークを手掛けたマイクロドットことブライアン・キャノン、80年代から90年代にわたって『NME』のフォトグラファーとして活動し、オアシスの飛躍的な成功の前後で写真を手掛けたケヴィン・カミンズが参加している。

“Rock ‘n’ Roll Star”のプレイバックから始まり、ポール・“ボーンヘッド”・アーサーズは次のようにツイートしている。「自分のギター・サウンドについて考える時、いつも考えるのはこの曲なんだ」

「1時間かけてファンの質問に答えるよ」とツイートしていたポール・“ボーンヘッド”・アーサーズだが、ファンの投稿が「ちょっと早くて、パニックになっている」と述べている。

“Live Forever”についてポール・“ボーンヘッド”・アーサーズはノエル・ギャラガーのギター・ソロについて「28テイク」かかったと冗談を飛ばして、「そうじゃないと言わせないよ」とツイートしている。

コカ・コーラについても何度か言及して、ポール・“ボーンヘッド”・アーサーズは「“Shakermaker”のメロディーはコカ・コーラのCMから取られた」ことを明かしており、「当初、『I’d like to buy the world a coke to keep it company』という歌詞があったものの、コカ・コーラに言われて、削らなければならなかった」とも述べている。

他にもポール・“ボーンヘッド”・アーサーズは“Slide Away”についてモノウ・ヴァリー・スタジオでレコーディングしたオリジナルのセッションから唯一残った曲であることを明かし、「リアムのこれまでで最高のヴォーカル」だという自身の見解を述べている。

最後の楽曲“Married With Children”についてはマーク・コイルズの家のベッドルームでレコーディングされたとしており、次のように述べている。「このギター・サウンドが大好きなんだ。マーク・コイルズの線を繋いでいないエレクトリック・ギターで、ベッドルームにマイクを立てたんだ。リアムのヴォーカルが素晴らしいもう一つの曲だね」

ブライアン・キャノンはアルバムのアートワークについて当初、リアム・ギャラガーはナイフが刺さっているバターの写真にしたがっていたことを明かしている。

ブライアン・キャノンは“Live Forever”のトラック記録の写真も公開し、『ディフィニトリー・メイビー』のジャケットはザ・ビートルズの『オールディーズ・バット・ゴールディーズ』のバック・カヴァーに影響を受けたことを明かしている。また、オアシスの有名なロゴはザ・ローリング・ストーンズのアルバムで見られるデッカ・レコードのロゴに影響を受けていたが、最初はアディダスのロゴのフォントを使っていたことも明らかになっている。

ケヴィン・カミンズは『ディフィニトリー・メイビー』の時期に『NME』のために撮影したオアシスの初期の写真を投稿している。

ケヴィン・カミンズはポーツマスのホテルでリアム・ギャラガーが家具をプールに放り投げたために、座って飲むのに椅子を引き上げなければならなかったことも振り返っている。

ケヴィン・カミンズによるその他の写真はこちらから。

一方、リアム・ギャラガーは兄のノエル・ギャラガーがいなくてもオアシスを再結成したいとツイートしている。

リアム・ギャラガーは新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、国民医療制度であるNHSのためにオアシスを再結成させたいと複数回にわたってノエル・ギャラガーに呼びかけていた。

リアム・ギャラガーは次のようにツイートしている。「自分ではなく、NHSにお金のいく形でNHSのチャリティ公演をやるにあたって、いくつかのことを片付けたいんだ。ノエル・ギャラガーがいようがいまいが実現するよ。同じではないけれど、信じてくれ。お前らを吹っ飛ばすよ」

関連NEWS

  1. ブラーのデーモン・アルバーン、ノエル・ギャラガーとの親密な友人関係について語る

  2. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、ドキュメンタリーの監督がBEADY EYEの終焉を初めての挫折と語る

  3. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、Noel Gallagherはミッドライフ・クライシスを迎えていると語る

  4. リアム・ギャラガー、オアシスの再結成を断る条件を明かす

  5. Noel Gallagher

    Noel Gallagher、売りに出していた邸宅を200万ポンド値下げしたことが明らかに

  6. oasis

    OasisやLed Zeppelinらがレコーディングを行ったスタジオが売却されることに

  7. Noel Gallagher

    Noel Gallagher、“Champagne Supernova”の歌詞の意味を分かっていなかったと語る

  8. ノエル・ギャラガー、映画『スーパーソニック』がオアシスへの愛を再燃させてくれたと語る

  9. Oasis

    oasis、ロンドン地下鉄の案内板にデビュー作の25周年を記念したメッセージが書かれて話題に

  10. oasis

    oasis、デビュー・アルバムの25周年を記念して新たなポッドキャストが開始

  11. oasis

    oasis、“Wonderwall”のジャケットにLiam Gallagherが登場しなかった理由を写真家が語る

  12. NoelGallagher

    Noel Gallagher、Foo Fightersを解散させる署名募集を始めたいと語る

  13. oasis

    Liam Gallagher、oasisの解散から10年を迎えたことを振り返る

  14. Noel Gallagher、Liam Gallagher

    Liam Gallagher、『Morning Glory 』の25周年でNoel Gallagherを改めて批判

  15. ノエル・ギャラガー、オアシスの最盛期は自分がすべてを掌握していたからと語る

  1. Black Honey

    Black Honey、来たる新作より「Disinfect」のMV公開

    2021.03.01

  2. Metallica

    Metallica、ゲーム・イベントの生配信で演奏の音声が著作権侵害の疑…

    2021.02.28

  3. Evanescence

    Evanescence、米TV番組で「Wasted on You」を披露したパフォーマン…

    2021.02.28

  4. Ashnikko

    Ashnikko、最新ミックステープより「Drunk with My Friends」のMV公…

    2021.02.28

  5. Trippie Redd

    Trippie Redd、最新作のデラックス盤のリリースを記念してオンライ…

    2021.02.28

  6. 平井 大

    平井 大、ストリーミング累計1億回再生を突破した大ヒット曲「Stand…

    2021.02.28

  7. Cardi B

    Cardi B、最新シングル「Up」の日本語字幕付きMV公開

    2021.02.28

  8. Billie Eilish

    Billie Eilish、新たにストーカーに対して接近禁止命令を獲得

    2021.02.28

  9. Courtney Love

    Courtney Love、女優業を辞めた理由について語る

    2021.02.28

  10. Eminem

    Eminem、『EMINEM SHOW』の曲のMVをリマスターしたことを発表

    2021.02.28

  1. KEEP ON FUJI ROCKIN’ II

    「KEEP ON FUJI ROCKIN’ II ~ On The Road To Naeba 2021 ~」大晦…

    2020.11.20

  2. FUJI ROCK FESTIVAL

    Keep On Fuji Rockin’~FUJI ROCK FESTIVAL’20 LIVE ON…

    2020.08.14

  3. ARABAKI ROCK FEST

    ARABAKI ROCK FEST.20×21 第2弾出演アーティスト発表

    2020.08.05

  4. RISING SUN

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2021 in EZO 開催決定

    2020.06.01

  5. I ROCKS 20&21

    LACCO TOWER主催 『I ROCKS 20&21』 26組の第一弾出演アーティ…

    2020.06.01

  6. JOIN ALIVE

    JOIN ALIVE 2020 開催中止を発表

    2020.04.14