The 1975、最新作のアート・プロジェクトを終えて全作品の展覧会サイトをオープン

The 1975

ザ・1975は最新作『仮定形に関する注釈』の各楽曲に対して制作された映像作品をまとめた展覧会サイトを立ち上げている。

ザ・1975はベン・ディットーと共に14のアーティストに『仮定形に関する注釈』の各楽曲に合わせた映像作品を制作するよう依頼していた。

ザ・1975は過去3ヶ月を通して14曲の作品を公開してきており、現地時間7月22日にルー・ヤンによる“Playing On My Mind”をアップして、すべての作品を公開し終えている。

参加アーティストは3Dモデリング、AI、生成アニメーション、モーション・キャプチャー、ロボットといった技術を使用している。『仮定形に関する注釈』のテーマに沿って各作品はテクノロジー、希望、愛、不安、暴力といったものを掘り下げている。

今回、作品をまとめたサイトが公開されており、YouTubeのプレイリストでも作品はまとめられている。

https://the1975.com/NOACF/

公式の説明には次のように述べられている。「今日、私たちの暮らしはこれまでになくスクリーンに依拠したヴァーチャルの非物質的なものになっています。テクノロジーの未来についてディストピア的な予想を聞くことも多いですが、テクノロジーは前向きな影響を与えることもでき、その恩恵と可能性を後押しすることを学んでいくべきです」

「このオンラインの展覧会はそうした可能性の一部に光を当てるものです。テクノロジーが美や意味、表現の新たな形態、カルチャー体験の新たな方法を生み出します」

先日、ザ・1975は新たなヨーロッパ・ツアーの日程を発表している。ヨーロッパ・ツアーは最新作の制作のために10月に延期されていたが、新型コロナウイルスのパンデミックを受けて来年の2月から3月にかけて行われる。

ザ・1975はロンドンのフィンズベリー・パークで行う大規模公演についても2021年に延期することも発表している。

関連NEWS

  1. ザ・1975、新作より“Sincerity Is Scary”のミュージック・ビデオが公開

  2. Matt Healy

    The 1975のMatt Healy、Drive Like I Doの作品を仕上げていると投稿

  3. The 1975

    The 1975ら、今年のブリティッシュLGBTアウォーズにノミネート

  4. ザ・1975のマット・ヒーリーの母親、息子の薬物中毒との闘いについて語る

  5. The 1975

    The 1975のマット・ヒーリー、バンドの来たる新作について3作目とはまったく違う作品になると語る

  6. The 1975

    The 1975、気候変動に対するバンドの姿勢について国会議員がバンドを批判

  7. ザ・1975、“TOOTIMETOOTIMETOOTIME”のミュージック・ビデオが公開

  8. The 1975

    The 1975、16歳の環境保護活動家のGreta Thunbergは機会を与えられてこなかったと語る

  9. The 1975やYungblud

    The 1975やYungbludら、UKの音楽シーンにおける人種差別に反対する宣言に署名

  10. The 1975

    The 1975、コーチェラのインタヴューでイギリス英語が伝わらなかったとして話題に

  11. BBCによるフェス、ビッグ・ウィークエンドの第1弾出演者が発表に

  12. The 1975

    The 1975ほか、2019年のアイヴァー・ ノヴェロ賞の受賞者が発表に

  13. The 1975

    The 1975のMatthew Healy、恋人と破局したと報道

  14. Drive Like I Do

    The 1975の前身バンドであるDrive Like I Do、音源がストリーミングで公開

  15. The 1975

    The 1975、10月リリースの新作より2曲目の先行シングル「Happiness」がMVと共に公開