Reading and Leeds Festival、来年の開催に向けて検査の有効性を議会で主張

Reading and Leeds Festival

レディング&リーズ・フェスティバルの主催者であるメルヴィン・ベンはイギリスの議会で「フェスティバルは適切な検査を行えば開催できる」と発言している。

フェスティバル・リパブリックの取締役であるメルヴィン・ベンはデジタル・文化・メディア・スポーツ省の公聴会に出席し、ソーシャル・ディスタンスをとれば来年のフェスティバルは開催可能かどうかを尋ねられている。

「答えはノーです。ソーシャル・ディスタンスではフェスティバルを開催できません」とメルヴィン・ベンは応じている。「大規模な検査をすることです」

6月に提起したフル・キャパシティ・プランに言及しながらメルヴィン・ベンは次のように続けている。「これはフェスティバルやイベントを訪れる前に必ず検査をすることに基づいていて、この環境にいる人は全員検査を受けていて、陰性で、ウイルスを他の人に感染させないというものです」

「検査は無症状の人も見抜くことができます。なので、そういった人も検査では明らかになり、事実、検査をした人であれば感染を広げることはないことがデータで示されています。ウイルスにかかった直後だったとしても、最低72時間は他の人に感染させることがありません。それも論拠の一つとなっています」

メルヴィン・ベンはこの方法であれば大規模なイベントでも「ソーシャル・ディスタンスの必要性を取り除くことができる」として、検査は「現実的で実行可能なもう一つの方法」だとしている。「6月から現在までの間に検査のスピードはドラマチックに上がっています」

「イギリス内に600ヶ所、イベントを訪れる前日に検査をできる場所を作り、アプリによって入場が可能になる仕組みを計画しています」

彼は次のように続けている。「政府は検査について前向きな考えがあると思っています。しかし、残念ながら、ライヴ・エンタテインメント業界と共にライヴ・エンタテインメント業界で検査が昨日することを示してくれてはイないのです。なので、私たちは計画し始めたのです」

「観客数を減らしての開催は選択肢にありません」

メルヴィン・ベンは『NME』にも来年レディング&リーズ・フェスティバルを開催するために観客に入場にあたって検査を受けさせる計画を語っていた。

「2021年8月になる頃には検査は10分ほどしかかからないでしょう」と彼は説明している。「キッズが屋外で検査を行うのを目にすることになるでしょう。誰が一番速くパイントを空けるかと同じように、誰が一番速く検査を行えるか?という感じです」

2021年のレディング&リーズ・フェスティバルはストームジー、キャットフィッシュ・アンド・ザ・ボトルメン、ポスト・マローン、ディスクロージャー、リアム・ギャラガー、クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジがヘッドライナーを務めることが発表されている。

関連NEWS

  1. ワイト島

    ワイト島フェスティバルでテロを計画していた少年、7年の実刑判決を受けることに

  2. RAINBOW DISCO CLUB

    RAINBOW DISCO CLUB 2022、タイムテーブル&会場マップを発表

  3. Reading Festival

    Reading Festival、第2弾ラインナップを発表

  4. THE DROP FESTIVAL 2023 in Japan

    THE DROP FESTIVAL 2023 in Japan、スケールアップして今年も宮崎の海と自然を一体化できる最高のロケーションで開催決定! Dragon Ash、The BONEZ、ACIDMANら第1弾出演アーティスト発表

  5. Glastonbury

    Glastonbury Festivalの会場で警備員の遺体が発見される

  6. FFKT 2023

    FFKT 2023、第1弾出演ラインナップを発表

  7. DOWNLOAD JAPAN 2019

    DOWNLOAD JAPAN 2019、Ozzy Osbourneの出演がキャンセルに

  8. MUTEK.JP 2020

    MUTEK.JP 2020、リアルとオンラインを組み合わせての開催が決定

  9. Talking Rock! FES

    Talking Rock! FES.2022 3日間12組の全出演アーティスト決定

  10. THE DROP FESTIVAL 2023

    宮崎県の野外音楽フェス・THE DROP FESTIVAL 2023 in Japanのタイムテーブル解禁 & ChillSTAGEにて浜崎貴司(FLYING KIDS)・Klang Rulerの参加が決定

  11. READING & LEEDS FESTIVAL

    READING & LEEDS FESTIVAL 2019、タイムテーブルが公開

  12. Hot Stuff 40th Anniversary 10月に日本武道館 3DAYS開催決定

  13. Reading and Leeds Festival

    Reading and Leeds Festival2022、40組を超える追加ラインナップを発表

  14. SUMMER SONIC

    SUMMER SONIC 2019、12月27日よりライヴ映像のアーカイヴがYouTubeで公開されることに

  15. ミシガン州で開催されたフェスティバルで3人が一酸化炭素中毒で死亡

  1. Steve Miller Band

    Steve Miller Band、Eminemの「Houdini」で引用された「Abracadabra…

    2024.06.23

  2. Måneskin

    Måneskin、ZR-VのテレビCMに「Fear for Nobody」が起用

    2024.06.23

  3. Kitty Liv

    Kitty Liv、ソロ作より新曲「Nothing On My Mind (But You Babe)」…

    2024.06.23

  4. Toro y Moi

    Toro y Moi、新作のリリースを発表&新曲「Tuesday」がMVと共に公開

    2024.06.23

  5. Wishy

    Wishy、来たるデビュー・アルバムより新曲「Triple Seven」がMVと共…

    2024.06.23

  6. ムーンライダーズ

    ムーンライダーズが11月1日に「アマチュア・アカデミー」40周年記念ラ…

    2024.06.22

  7. Diamond Shake

    Diamond Shake、初の全国ツアー「Tour 2024 ロックンロール黄金狂時…

    2024.06.22

  8. Metallica

    Metallica、『Fortnite Festival』シーズン4のアイコンとしてコンサ…

    2024.06.22

  9. David Gilmour

    David Gilmour、9年ぶりとなる新作『LUCK AND STRANGE』の邦題が決定

    2024.06.22

  10. Pale Waves

    Pale Waves、ニュー・アルバムのリリースを発表&新曲「Perfume」が…

    2024.06.22

  1. 山人音楽祭

    山人音楽祭2024、第四弾出演アーティスト発表

    2024.06.14

  2. JOIN ALIVE 2024、ステージ別ラインナップ & タイムテーブル発…

    2024.06.06

  3. 「Slow LIVE」第二弾出演者発表!金沢・軽井沢公演もあわせて解禁

    2024.05.31

  4. RISING SUN ROCK FESTIVAL 2024 in EZO、追加アクト『WEEKEND LOVER…

    2024.05.31

  5. SUMMER SONIC 2024、第7弾追加アーティストを発表

    2024.05.23