Declan McKenna、The Rolling Stonesとのチャート争いの最中で挑発的なTシャツを着た写真を公開

Declan McKenna

デクラン・マッケンナは全英アルバム・チャートの首位をめぐって争う中で「Who The Fuck Is Mick Jagger?(ミック・ジャガーって一体誰だ?)」と書かれたTシャツを着た写真が公開されている。

オフィシャル・チャート・カンパニーが集計したデータによると、デクラン・マッケンナとザ・ローリング・ストーンズは熾烈な争いを繰り広げていて、週半ばの速報でおよそフィジカル・セールス50枚差でデクラン・マッケンナは2位となっている。

デクラン・マッケンナはセカンド・アルバム『ゼロス』をリリースしており、ザ・ローリング・ストーンズは1973年発表の『山羊の頭のスープ』を再発している。

今回、デクラン・マッケンナは70年代のアメリカ・ツアーでキース・リチャーズが着たことによって人気となったミック・ジャガーのTシャツを着て、ザ・ローリング・ストーンズとの勝負に挑んでいる。

また、デクラン・マッケンナはTikTokで1965年発表の“(I Can’t Get No) Satisfaction”を少し変わった形でカヴァーしている。

@declanmckenna

I can’t GET NO!!! ##getdeclantonumber1

♬ original sound – declanmckenna

デクラン・マッケンナが全英アルバム・チャートの首位に立つと初となるが、ザ・ローリング・ストーンズはこれまでに12枚のアルバムが全英アルバム・チャートで首位を獲得している。

先日、デクラン・マッケンナは『NME』にアルバムの制作中にインポスター症候群に苦しんだことを明かしている。「1年間、アルバムに取り組んだんだけど、自分のやってきた音楽的方向性について疑問を投げかけるのに多くの時間を使うことになったんだ」

「そうなると、自分は詐欺師でしかないんじゃないかと疑い始めることになるんだ」

デクラン・マッケンナはソーシャル・メディアをやっていることのプレッシャーについても言及しており、それが誰しもに「不安の蔓延」を生み出していると語っている。

関連NEWS

  1. The Rolling Stones

    The Rolling Stones、50年ぶりに“Mercy Mercy”のカヴァーを披露

  2. リアム・ギャラガー、サポート・アクトを務めるローリング・ストーンズ公演の意気込みをツイート

  3. Mick Jagger

    Mick Jagger、映画出演作が今年のヴェネチア国際映画祭のクロージング作品に

  4. The Rolling Stones

    The Rolling Stones、2020年夏に新たな北米ツアーを行うことを発表

  5. The Rolling StonesのMick Jagger

    The Rolling StonesのMick Jagger、ソーシャル・メディアで俳優から楽曲提供を呼びかけられる

  6. The Rolling Stones

    The Rolling Stones、日本初オリジナル編集盤『ゴールデン・アルバム』などの再発が決定

  7. The Rolling Stones

    The Rolling Stones、ライヴ配信第4弾のティーザー映像が公開

  8. The Rolling Stones

    ローリング・ストーンズ、ジミー・ペイジが参加した未発表曲“Scarlet”の音源が公開

  9. Michael Anthony

    Van HalenのMichael Anthonyのローディ、Mick Jaggerに騙された逸話を語る

  10. ローリング・ストーンズ、『ヴードゥー・ラウンジ』完全版映像作品より“Happy”の映像が公開

  11. Let-It-Bleed

    The Rolling Stones、『Let It Bleed』50周年記念盤のリリースが決定

  12. ミック・ジャガーとカーリー・サイモンによるデュエット音源、45年ぶりに発見される

  13. The Rolling StonesのMick Jagger

    The Rolling StonesのMick Jagger、心臓の手術後初めて公の場に姿を現す

  14. ローリング・ストーンズ、『オン・エア』より“(I Can’t Get No) Satisfaction”を公開

  15. The Rolling Stones

    The Rolling Stones、「ノー・フィルター」ワールド・ツアーの興行成績が歴代8位に