Lars Ulrich、メタリカの最も聴きたくない曲を明かす

Lars Ulrich

ラーズ・ウルリッヒは新たなインタヴューでメタリカの先駆的な時期について語る中で2度と聴きたくないメタリカの曲を明かしている。

ラーズ・ウルリッヒは『ヴァルチャー』に対して1988年発表の『メタル・ジャスティス』に収録されている“Eye of The Beholder”を嫌いなことを明かしている。

リリース当初は大きな評価を得た『メタル・ジャスティス』だが、ラーズ・ウルリッヒはこの曲について「無理矢理」だと述べている。

なぜ2度と聴きたくないかについてラーズ・ウルリッヒは次のように説明している。「どこでもこの曲を聴いていると、無闇に失礼になるつもりはないけど、無理矢理のように聴こえるんだよ。丸い穴に四角い部品を入れようとしている感じのサウンドなんだ。違う2つのテンポがあるようなサウンドなんだ」

「イントロとヴァースは4分の4拍子で、コーラスはワルツのようなテンポなんだ。文字通り、お互いに抵触するような2つの世界があるようなサウンドなんだ。自分にとってはぎこちないんだよ。あの曲は大ファンではないね」

「自分にとっては、それぞれの瞬間で最善を尽くしてきたという但し書きでもあると思うんだけどね。もちろん、時に腰を据えて『ふう』と息をつくこともあるし、『もっとよくできた』とか、『ちょっとぎこちない』とか、『ちゃっとバカっぱくてダサい』とか、『考え過ぎだ』とかっていうこともあるからね」

「そして、過去のことはすべて過去のことだというのに戻るんだけどね。そこに多くの時間は使わないよね。正直、自分にできることはそんなにないからね。だから、昔のものは聴かないんだ」

ラーズ・ウルリッヒは続けて「メタリカの音楽をそんなに聴かない」ことを認めている。「理由の一つは過剰に分析的になってしまうからでね。『サウンドがどうとか、ミックスがどうとか、ギターのサウンドがどうとか、ヴォーカルの音量が大き過ぎる、ベースがデカい』とかを考えずにメタリカの曲を聴くことはできないんだ」

「分析の練習になってしまうんだよね。レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンとか、好きなバンドを聴いている時は解放できるんだけどね。でも、メタリカではそうはならないんだ」

『メタル・ジャスティス』はベースの音量が過剰に小さいことでファンにはよく知られている。『メタル・ジャスティス』は1986年にクリフ・バートンが亡くなって、ジェイソン・ニューステッドが加入してリリースされた最初のアルバムとなっている。

ラーズ・ウルリッヒは先月『NME』にメタリカの新曲制作について語っている。

関連NEWS

  1. James Hetfield

    James Hetfield、負傷したウクライナ兵の下を訪問したことが明らかに

  2. Metallica

    MetallicaのKirk Hammett、ナップスターとの訴訟で何も変化をもたらせなかったと語る

  3. SlashやTom Morello

    Guns N’ RosesのSlashやTom Morelloら、ロックの殿堂入りの式典でEddie Van Halenに追悼の意を表明

  4. Metallica

    Metallica、ヴァージニア州にあるアナログ盤プレス工場の筆頭株主となったことが明らかに

  5. メタリカ、北米ツアー初日にガービッジの“Stupid Girl”のカヴァーを披露

  6. Metallica

    Metallica、ルーマニアに小児病院を設立する活動を行っている慈善団体に約3000万円を寄付

  7. Metallica

    MetallicaのKirk Hammett、曲のリフを作ったのが誰かは忘れてしまったと語る

  8. Metallica

    MetallicaのLars Ulrich、今後20年はツアーを続けられると語る

  9. Torben Ulrich

    Lars Ulrichの父親であるTorben Ulrichが享年95歳で逝去

  10. Metallica

    Metallica、ブラジル公演で妊娠39週の妊婦が出産したことが明らかに

  11. Metallica

    Metallica、1997年にソルト・レイク・シティで行われた公演の映像を公開

  12. Metallica

    Metallica、オーケストラとの共演公演が爆音映画祭 in MOVIX亀有で上映されることに

  13. Metallica

    Metallica、ヨーロッパ・ツアー中に総額で150万ドル以上を寄付したことが明らかに

  14. Cliff Burton

    Metallica、今は亡きCliff Burtonにちなんだビールが販売されることが決定

  15. Foo Fighters

    Foo Fightersのデイヴ・グロール、ザック・ブラウン・バンドの公演に参加してメタリカの“Enter Sandman”をカヴァー

  1. David Gilmour

    David Gilmour、ローマのチルコ・マッシモでライヴを行うことを発表

    2024.05.19

  2. Paul Simon

    Paul Simon、米TV番組で「Slip Slidin’ Away」を披露したパフォーマ…

    2024.05.19

  3. Flea

    Flea、デニーズへの思いをコメディ番組で語る

    2024.05.19

  4. Red Hot Chili Peppers

    RED HOT CHILI PEPPERS [The Unlimited Love Tour]2024年5月18日の…

    2024.05.18

  5. WANIMA

    WANIMA主催音楽フェス 「WANIMA presents 1CHANCE FESTIVAL 2024」…

    2024.05.18

  6. NEWDAD

    NEWDAD、10月に初来日公演が決定

    2024.05.18

  7. Ray Parker Jr.

    Ray Parker Jr.&Raydio、8月に来日公演が決定

    2024.05.18

  8. Gracie Abrams

    Taylor Swift、Gracie Abramsの新作に参加していることが明らかに

    2024.05.18

  9. Wishy

    Wishy、来たるデビュー・アルバムより「Love on the Outside」がMV…

    2024.05.18

  10. Cardinals

    Cardinals、来たるデビューEPより新曲「Nineteen」の音源が公開

    2024.05.18

  1. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL ’24、第6弾ラインナップを発表

    2024.05.17

  2. SUMMER

    SUMMER SONIC 2024、「Spotify RADAR:Early Noise Stage」に12組が…

    2024.05.16

  3. JOIN ALIVE

    JOIN ALIVE 2024、出演アーティスト最終発表

    2024.05.09

  4. RISING SUN ROCK FESTIVAL

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2024 in EZO 第2弾出演アーティスト発表

    2024.05.02

  5. Talking Rock! FES

    Talking Rock! FES.2024、第2弾出演アーティスト9組を発表

    2024.04.27

  6. 山人音楽祭

    山人音楽祭2024、第2弾出演アーティストにThe BONEZ、おとぼけビ〜…

    2024.04.18

  7. GREENROOM FESTIVAL

    GREENROOM FESTIVAL ’24、タイムテーブルを発表

    2024.04.16

  8. SiM主催フェス「DEAD POP FESTiVAL 2024」、出演アーティスト第二弾…

    2024.04.01

  9. Slow LIVE

    「大人のミニフェス」Slow LIVE、今年も東京・池上本門寺にて8/30(…

    2024.03.22

  10. 04 Limited Sazabys

    04 Limited Sazabys主催の野外フェス<YON FES 2024> 第1弾出演アー…

    2024.03.13