リモートコラボ音楽制作プロジェクト「TELE-PLAY」 第一弾楽曲「あいにいきたい」のA.G.O Remix版が本日配信スタート

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、多くのアーティスト活動・音楽活動が制限される中でレッドブルがサポートのもと始動した、リモートコラボで新たな音楽制作の形を実現するプロジェクト「TELE-PLAY」。
豪華メンバーが集結し昨年6月にリリースされた『あいにいきたい』のRemixが本日配信スタート!

Remixを担当したA.G.Oは『あいにいきたい』オリジナル楽曲でもビートメイカーとして参加。
A.G.Oコメント:
Lalala~で終わるオリジナルからの温かな余韻で続きのような演出をしつつも、徐々に全く新しいサウンドに変わっていく過程を楽しんでもらえたら嬉しいです。

【楽曲リンク】https://fanlink.to/teleplayep01_remix

『あいにいきたい』オリジナル楽曲

「TELE-PLAY」第1弾となる楽曲『あいにいきたい』(英題:Miss you so bad)には、Chara、SIRUP、TENDREという素晴らしいボーカリスト陣に加え、ラッパーのBASI(韻シスト)、さらに屋敷豪太、HSU(Suchmos)、Shin Sakiura、A.G.O、挾間美帆など、錚々たるメンバーが集結。

企画のプロデューサーは発案者でもある小西遼(CRCK/LCKS・象眠舎)。
コロナ禍で生まれたこのプロジェクトは、作詞・作曲からレコーディング・ミックス作業、MV撮影まで楽曲制作に纏わる全ての行程が完全リモートで制作されている。
さらに、音楽活動が制限されているアーティストのために、レッドブルとパートナーシップを組み、各アーティストに翼をさずけた。

TELE-PLAYは継続的に制作が予定されており、第2弾プロジェクトもまもなく発表になるとのことで、こちらにも期待が高まる。

【TELE-PLAY WEBサイト】http://tele-play.jp

関連NEWS

  1. NEWS

    ヨーロッパを象徴する“歓喜の歌”、EU離脱当日に同曲を全英1位にするための動きが広がることに

  2. Matador

    Matador、40周年を記念した再発企画のオリジナル・グッズが日本発売されることに

  3. NEWS

    2020年にイギリスで最も再生されたMVのランキングが明らかに

  4. Billboard Charts

    Billboard Charts、facebookの動画再生回数を算入することが明らかに

  5. B'z

    B’z松本孝弘&稲葉浩志「HOME」をそれぞれのHOMEからセッション

  6. キッスのポール・スタンレー、2018年1月に来日公演が決定

  7. Melissa Elliott

    Melissa Elliott、“Why I Still Love You”のMVが公開

  8. 安室奈美恵 ラストドームツアーの追加公演を発表

  9. Paul Barrere

    Little FeatのPaul Barrereが逝去。享年71歳

  10. viagogo、StubHub

    viagogo、StubHubを約4300億円で買収

  11. ノエル・ギャラガー、ロックスターが生まれなくなってしまった原因について語る

  12. ザ・エックス・エックス、バンド自らが選曲した来日記念盤リミックス集のリリースが決定

  13. UK news

    イギリス、レコード店を含む店舗でのマスク着用が義務化

  14. news

    ドナルド・トランプ大統領、弾劾審理の時にToby Keithらを表彰していたことが明らかに

  15. 金子ノブアキ×SKY-HI、チャート1位を獲得した話題のMVがYouTube解禁