Reading and Leeds Festivalの主催者、イギリスで行われたパイロット公演の意義を語る

Reading and Leeds Festival

レディング&リーズ・フェスティバルの主催者であるメルヴィン・ベンは今年の夏にフェスティバル・シーズンが実現するという希望的見解を語っている。

5月2日にリヴァプールのセフトン・パークでは公演再開に向けたパイロット公演が行われたが、フェスティバル・リパブリックの取締役であるメルヴィン・ベンはこのイベントが夏のライヴ・シーズンに向けて持つ意味合いについて語っている。

「今回のはパイロット公演ですが、これまで1年間にわたってこうしたことを生み出すために後押ししてきました」とメルヴィン・ベンは『NME』に語っている。「1年間にわたって言ってきたのは、ライヴに来る前に検査を適切にやれば、ライヴを行わない理由はないということです」

彼は次のように続けている。「新型コロナウイルスの感染拡大をコントロールできないわけがないのです。今回のイベントはそのためのものです。検査を受けてからライヴに行って、終わってからも検査を受けることでウイルスの感染が起きていないことを確認することで、人々が責任を持てることを実証するためのものでした。これはフェスティバル・シーズンも実現できることを意味すると思っています」

パンデミックによる音楽業界に対する壊滅的な影響がありつつもメルヴィン・ベンは8月のバンク・ホリデーの週末に予定通りレディング&リーズ・フェスティバルを開催する自信があると述べている。

「正直、希望は失っていません」と彼は語っている。「その時になっても全員が検査を受けなければならないか? それは検査をしなければならないと思いますが、もちろん多くの人が既にワクチン摂取を受けており、そういう人は検査を受ける必要がなくなるかもしれません。政府の指示を待ちたいと思います。しかし、分かることになるのは、ちゃんと検査を行えば、ウイルスの感染拡大はないということです」

メルヴィン・ベンは今回のパイロット公演がなかったら、その影響は壊滅的なことになっていただろうと語っている。「2年間、フェスティバルが開催されない事態も容易にあり得たと思います。今回のイベントが行われなかったら、フェスティバルが戻ってくるまで長くかかることを心配することになっていたでしょう。自分にとっては非常に感動的なことでした。多くのスタッフが泣いていました。その嬉し涙は素晴らしいものでした」

彼は次のように続けている。「ある意味、現実ではないようであり、ある意味ではこれまで通りでした。観客に人生を費やしてきた一人として、観客の中にいられることはありがたいことでした。元の日常に戻れるという感じだったのです。キッズたちがジャンプしているのを観るのは輝かしいことでした」

先日、レディング&リーズ・フェスティバルは2021年の新たなラインナップとしてマシン・ガン・ケリー、ウルフ・アリス、サム・フェンダーらが出演することが発表されている。リアム・ギャラガー、ストームジー、ポスト・マローン、キャットフィッシュ・アンド・ザ・ボトルメン、クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ、ディスクロージャーは今年のヘッドライナーを務めることが決定している。

また、メルヴィン・ベンは『NME』に新型コロナウイルスによる制限がある中でアメリカや海外のアーティストが出演することに自信を持っていると語っている。

「他のフェスティバルについてはコメントできないですが、レディング&リーズ・フェスティバルに出演予定の海外のアーティストは安全なら来てくれると言っています。安全というのは観客の安全のことです。それが私に分かっているすべてです。現時点では明確に言ってくれています。それが実現するのを楽しみにしています」

しかし、独立系フェスティバル協会は興行保険に対する政府の介入がないことで、7月から8月に予定されているフェスティバルの76%が保険なしになる可能性がある強い警告を発している。

関連NEWS

  1. MusicCircusFukuoka

    MUSIC CIRCUS FUKUOKA、第1弾出演アーティストを発表

  2. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL ’20、第2弾ラインナップを発表

  3. Lollapalooza 2019、ヘッドライナーを含めたラインナップが発表に

  4. Glastonbury Festival

    Glastonbury Festivalによる配信ライヴ、BBCでハイライトが放送されることが決定

  5. KNOTFEST JAPAN 2020

    KNOTFEST JAPAN 2020、タイムテーブルが公開

  6. Mad Cool Festival

    Mad Cool Festival、Taylor SwiftとBillie Eilishに加わるヘッドライナーを発表

  7. SUMMER SONIC 2019

    SUMMER SONIC 2019、YouTubeでのライヴ配信が決定

  8. Lollapalooza

    Lollapalooza、2021年のラインナップを発表

  9. DOWNLOAD JAPAN 2020

    DOWNLOAD JAPAN 2020&関連公演、中止が決定

  10. FESTIVAL TANDEM

    FESTIVAL TANDEM 2019、11/1に代官山UNITで開催

  11. KNOTFEST JAPAN

    KNOTFEST JAPAN、2021年1月に延期されていた振替公演の再延期が決定

  12. 今年のLollapalooza、ラインナップの一部が発表に

  13. Reading and Leeds Festivals

    Reading and Leeds Festivals、会場で体調を崩した男性が亡くなったことが明らかに

  14. The Great Escape

    The Great Escape、2020年は中止されることに

  15. Discotheque

    Swing Out Sisterら出演のフェスが東京と神戸で開催決定

  1. Modest Mouse

    Modest Mouse、新作より「We Are Between」のMV公開

    2021.06.13

  2. ワイルド・スピード

    映画『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』、サウンドトラック…

    2021.06.13

  3. Chvrches

    Chvrches、Robert Smith参加の最新シングル「How Not To Drown」のM…

    2021.06.13

  4. Alicia Keys

    Alicia Keys、デビュー作の『Songs in A Minor』20周年盤をリリース

    2021.06.13

  5. Wolf Alice

    Wolf Alice、新作より「How Can I Make It OK?」のMV公開

    2021.06.13

  6. Calvin Harris

    Calvin Harris、Tom Grennanとのコラボレーションとなる新曲「By Yo…

    2021.06.13

  7. MAKE MY DAY

    MAKE MY DAY、8/8にサーキット・フェス“SCREAM OUT LOUD FEST”を開…

    2021.06.12

  8. James Arthur

    ジェイムス・アーサー、ニュー・アルバムのリリースが決定&新曲「S…

    2021.06.12

  9. Dave Grohl

    Dave Grohl、Nirvanaの残りの3人でレコーディングした音源があるこ…

    2021.06.12

  10. John Mayer

    John Mayer、来たる新作より新曲「Last Train Home」がMVと共に公開

    2021.06.12

  1. SUPERSONIC

    SUPERSONIC 2021、海外アーティストを迎えての開催を目指し9月18日(…

    2021.05.31

  2. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL’21、ラインナップ第2弾発表!

    2021.05.21

  3. GREENROOM FESTIVAL

    GREENROOM FESTIVAL ’21、最終出演アーティストを発表

    2021.04.21

  4. OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL vol.1

    OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL vol.1、第3弾でThe BONEZ、Dragon Ash…

    2021.04.20

  5. JOIN ALIVE

    2021年「JOIN ALIVE」の開催が決定

    2021.04.13

  6. RISING SUN

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2021 in EZO 開催決定

    2020.06.01