Sting、来たる新作よりリード・トラック「If It’s Love」のMV公開

Sting

スティングは来たるニュー・アルバムよりリード・トラック“If It’s Love”のミュージック・ビデオが公開されている。

“If It’s Love”は11月19日にリリースされる5年ぶりのオリジナル・ニュー・アルバム『ザ・ブリッジ』に収録される。オリジナル・アルバムとしては2016年発表の『ニューヨーク9番街57丁目』以来となる。

“If It’s Love”のミュージック・ビデオはこちらから。

新作についてスティングは次のように語っている。「これらの曲は、ある場所と別の場所、ある精神状態と別の精神状態、生と死、人と人の関係、そういったすべての“間”にあるものだ。このパンデミックと時代の間に挟まれ、政治的にも社会的にも心理的にも、僕らは、何かの真ん中で立ち往生している。架け橋が必要なんだ」

ファースト・シングルとなる“If It’s Love”についてスティングは次のように続けている。「恋をし、恋に破れながらも、恋につける薬がないと歌うソングライターは、けっして僕が初めてではないし、最後でもない。“If It’s Love”は僕がその仲間入りをした1曲であり、恋における比喩的な症状や診断、そして恋を前にしたどうにもならない無能力さは、弱々しく微笑まずにはいられないほど、誰にとっても身に覚えのあることだ」

アルバムにはドミニク・ミラー(ギター)、ジョシュ・フリース(ドラム)、ブランフォード・マルサリス(サックス)、マヌ・カチェ(ドラム)、マーティン・キーゼンバウム(キーボード)、フレッド・ルノーディン(シンセサイザー)、バック・ヴォーカリストのメリッサ・ムジーク、ジーン・ノーブル、ジョー・ローリー、ライラ・ビアリが参加している。プロデュースはスティングとマーティン・キーゼンバウムが手掛けており、1曲のみスティング、マヤ・ジェーン・コールズ、マーティン・キーゼンバウムのプロデュースとなっている。

『ザ・ブリッジ』は、スタンダードCD、デラックスCD、LP、カセット、デジタル配信の各形態でリリースされる。デラックスCD・LPにはボーナス・トラックが3曲収録される。日本盤CDにはボーナス・トラックがさらに1曲収録される。日本盤はCD通常盤とDVD付デラックス盤の2形態がリリースされる。

関連NEWS

  1. Sting

    STING、10月に来日公演が決定

  2. Sting

    Sting、米TV番組でのパフォーマンス映像が公開

  3. Sting

    Sting、セルフ・カヴァー作より“Every Breath You Take”の音源が公開

  4. Sting

    Sting、1人のファンに名前を呼びかけてパフォーマンスを行う映像を視聴できる権利が抽選に

  5. Sting

    Sting、アマゾンで起きている大規模な火災に対するブラジル大統領の対応を批判

  6. Sting

    Sting、NPR Music Tiny Desk Concertsの映像が公開

  7. Sting

    Sting、2007年のThe Policeの再結成について後悔していると語る

  8. Sting

    Sting、来日公演迫る!来日直前のインタビューが実現

  9. Sting

    Sting、アルバム『デュエッツ』に寄せられた布袋寅泰らによるコメントが公開

  10. Sting、Zuccheroとのデュエット曲「September」の音源が公開

  11. Sting

    Sting、『グッド・モーニング・アメリカ』で「Rushing Water」を披露した映像が公開

  12. スティング&シャギー、米TV番組で披露した2曲のパフォーマンス映像が公開

  13. Sting、Zucchero

    Sting、Zuccheroとのデュエット曲「September」のMV公開

  14. Sting

    Sting、米TV番組で「Englishman/African in New York」を披露

  15. Sting

    Sting、セルフ・カヴァー作より“If You Love Somebody Set Them Free”の音源が公開