Dr.Dre、スーパーボウルのパフォーマンスを受けて「Still D.R.E.」の再生回数が10億回を突破

Dr.Dre

ドクター・ドレーは先週のスーパーボウルでのパフォーマンスを受けて、スヌープ・ドッグが参加した“Still D.R.E.”のミュージック・ビデオの再生回数がYouTubeで10億回を突破している。

ドクター・ドレーとスヌープ・ドッグは現地時間2月13日にイングルウッドのソーファイ・スタジアムで行われたスーパーボウルのハーフタイム・ショーでエミネム、ケンドリック・ラマー、メアリー・J. ブライジと共演している。

メドレーで楽曲が披露されたが、その中でもドクター・ドレーのセカンド・アルバム『2001』に収録の“Still D.R.E.”が大きな注目を集めている。

パフォーマンスを受けてハイプ・ウィリアムスが監督した“Still D.R.E.”のミュージック・ビデオの再生回数は10億回を突破している。ドクター・ドレーにとってもスヌープ・ドッグにとっても10億回を突破するのはこれが初めてとなる。

スコット・ストーチとメル・マンもプロダクションで参加している“Still D.R.E.”は20年前にリリースされた当初は全米シングル・チャートで93位を記録しており、その後、ファンからは愛された定番のアンセムとなっている。

“Still D.R.E.”のミュージック・ビデオはドクター・ドレーとスヌープ・ドッグが車でロサンゼルスを走り回るもので、エミネム、イグジビット、ファンクマスター・フレックス、ウォーレンGが出演している。

先日、ドクター・ドレーはスーパーボウルのハーフタイム・ショー後に初となるインタヴューを受けて、エミネムが膝をついた件やNFLによる歌詞の検閲などについて語っている。

『TMZ』が主催のNFLが止めるように求めた歌詞はあったのかと尋ねると、ドクター・ドレーは次のように答えている。「変えなければならないものはいくつかあったんだ。でも、ちょっとした変更だったよ」

ケンドリック・ラマーのセクションでは“mAAd City”から「If Pirus and Crips all got along / They’d probably gun me down by the end of this song(もしパイルズとクリップスが仲が良くなったら/曲が終わる頃には俺は撃ち殺されているだろう)」という一節がなかったことが注目を集めている。

ドクター・ドレーはロサンゼルスのギャングに言及しているために主催者からなくすよう要望があったことを認めている。「あれは問題があってね。なくさなきゃならなかったんだ。大きなことじゃなかったから、理解したよ。でも、関わった全員がプロフェッショナルで、全員が時間通りに動いて、自分たちの達成するものの重要さを感じていたんだ」

ドクター・ドレーはパフォーマンスの後、メアリー・J. ブライジが彼の自宅を訪れて、一緒にスタジオに入ったことを明かしている。

「彼女はサンプルを聴かせてくれて、ゆっくり過ごしたんだ。次のプロジェクトでは一緒にやろうという話をしたよ。言っていいのか、そうじゃないのか分からないから、メアリーには申し訳ないんだけどね。でも、楽しみだよ。スタジオで腰を下ろして、音楽を聴いて、ダンスを楽しむ。やったのはそれだけだけどさ」

関連NEWS

  1. Eminem

    Eminem、かつてSnoop DoggやDr. Dreとの共同ツアーを断っていたことが明らかに

  2. Dr.Dre

    Dr.Dre、名作『The Chronic』に関連する作品が1年を通してリリースされることに

  3. Dr.Dre

    Dr.Dre、入院中に強盗犯の標的になっていたことが明らかに

  4. Benny Blanco

    Benny Blanco、BTS&Snoop Doggとのコラボとなる新曲「Bad Decisions」のリリースが決定

  5. Dr.Dre

    Dr.Dre、ゲーム『GTAオンライン』で公開されていた6曲をストリーミングで公開

  6. Dr.Dre

    Dr.Dre、祖母の葬儀で妻から離婚に関する書類を手渡されたと報道

  7. スーパーボウル

    2022年のスーパーボウルのハーフタイム・ショーを行うアーティストが明らかに

  8. Dr.Dre

    Dr.Dre、1992年発表の『The Chronic』が30周年を記念して再リリース

  9. Guns N' Roses

    Guns N’ Roses、スーパーボウルの音楽フェスでSnoop Doggと競演

  10. Snoop Dogg、Eminem

    Snoop Dogg、Eminemとの確執に終止符を打つコメントを投稿

  11. Snoop Dogg

    ヒップホップ50周年を記念してニューヨークで開催されるコンサートの出演者が明らかに

  12. Dr.Dre

    Dr.Dre、パンデミックの間に247曲に取り組んだと語る

  13. Dr.Dre

    Dr.Dre、音源の権利の一部をユニバーサル・ミュージック・グループらに売却することに

  14. Eminem、Snoop Dogg

    Eminem、Snoop Doggとの確執はアルバムへの参加を断ったからと報じられる

  15. Mt. Westmore

    Mt. Westmoreを結成

  1. Jordan Rakei

    Jordan Rakei、STUTSと共同制作した「Celebrate」が新作の日本盤に…

    2024.04.23

  2. Nathaniel Rateliff

    Nathaniel Rateliff、新作のリリースを発表&新曲「Heartless」の音…

    2024.04.23

  3. a flood of circle

    a flood of circle『Honey Moon Song』代々木野音ライブ映像公開

    2024.04.22

  4. 胸騒ぎ

    クリスチャン・タフドルップ監督最新作『胸騒ぎ』、違和感を抱く会…

    2024.04.22

  5. KYGO

    KYGO、Nile Rodgers&Zak Abelとのコラボとなる「For Life」がMVと…

    2024.04.22

  6. Lava La Rue

    Lava La Rue、来たるデビュー作より新曲「Humanity」がMVと共に公開

    2024.04.22

  7. Josh Freese

    Foo FightersのドラマーのJosh Freese、バンドに加入した時の心境を…

    2024.04.22

  8. Alfie Templeman

    Alfie Templeman、ニュー・シングル「Hello Lonely」がリリック・ビ…

    2024.04.22

  9. Arooj Aftab

    Arooj Aftab、来たる新作より「Raat Ki Rani」がMVと共に公開

    2024.04.22

  10. Bar Italia

    Bar Italia、5月に行われる初来日公演のサポート・アクトが決定

    2024.04.22

  1. DEAD POP FESTiVAL 2024、最終出演アーティスト&各日出演ステージ…

    2024.04.19

  2. 山人音楽祭

    山人音楽祭2024、第2弾出演アーティストにThe BONEZ、おとぼけビ〜…

    2024.04.18

  3. GREENROOM FESTIVAL

    GREENROOM FESTIVAL ’24、タイムテーブルを発表

    2024.04.16

  4. JOIN ALIVE 2024、第一弾出演アーティスト発表

    2024.04.11

  5. SUMMER SONIC 2024、第3弾追加アーティストを発表

    2024.04.10

  6. METROCK

    METROCK2024 全出演アーティスト発表、第7弾出演アーティストにNEWS…

    2024.04.05

  7. ARABAKI ROCK FEST.24

    ARABAKI ROCK FEST.24、BIG BEAT CARNIVALセッションゲストにThe Bi…

    2024.04.03

  8. SiM主催フェス「DEAD POP FESTiVAL 2024」、出演アーティスト第二弾…

    2024.04.01

  9. RISING SUN ROCK FESTIVAL

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2024 in EZO 第1弾出演アーティスト発表

    2024.04.01

  10. Slow LIVE

    「大人のミニフェス」Slow LIVE、今年も東京・池上本門寺にて8/30(…

    2024.03.22