The StrokesのJulian Casablancas、Will Smithによる平手打ち事件について言及

The Strokes

ザ・ストロークスのフロントマンであるジュリアン・カサブランカスはウィル・スミスがアカデミー授賞式でジェイダ・ピンケット・スミスの冗談を言ったクリス・ロックを平手打ちした事件について言及している。

クリス・ロックはジェイダ・ピンケット・スミスの坊主頭にかけながら彼女を『G.I.ジェーン』で観るのが待ちきれないという冗談を口にしており、これを受けてステージ上で暴力を振るったウィル・スミスには多くの有名人から批判が寄せられている。ジェイダ・ピンケット・スミスは脱毛症を患っていることを好評しており、その症状についてソーシャル・メディアで発信していた。

一方、『ベルエアのフレッシュ・プリンス』に出演するジャネット・ヒューバートはウィル・スミスを擁護している。「ウィルは妻のために立ち上がった。クリス・ロックはいつも黒人女性に無礼なことをしている。意地悪な気持ちがコメディには隠されているのよ」

しかし、ジュリアン・カサブランカスは平手打ちされた後「クリス・ロックをかばう人がいなかった」ことを批判している。

「あの後、クリス・ロックをかばう人がいなかったことにはがっかりだよ。ウィル・スミスはエミネムやドクター・ドレーにも同じ方法を取るべきだったんだ。クリス・ロックの仕事は観客の人々をからかうことじゃないのかな? 本当に変な話だよ」

ジュリアン・カサブランカスはウィル・スミスの行動についても批判しており、2001年公開のモハメド・アリの伝記映画『アリ』を演じるためにトレーニングを受けたため、彼の行為は「単なるいじめ」だと指摘している。

「『インデペンデンス・デイ』以降のウィル・スミスは(うぬぼれ続けていて)最低だよ」とジュリアン・カサブランカスは続けている。

ジュリアン・カサブランカスは今回の事件によってジェイダ・ピンケット・スミスの脱毛症に注目させてしまったと述べており、ウィル・スミスの引退も示唆している。

「彼はメンタルの治療が必要なのかもしれない。分からないけど、全体的な映画のクオリティーを考えると引退してもいいかもしれない」

映画芸術科学アカデミーは今回の事件について正式な調査を行うことを発表しており、ウィル・スミスはクリス・ロックにも正式に謝罪している。

先日、ザ・ストロークスはアルゼンチン版ロラパルーザでヘッドライナーを務め、2022年初となるライヴを行っている。

ザ・ストロークスがライヴを行うのは昨年11月にニューヨークのブルックリン・スティールで行われた公演以来で、2020年発表の最新作『ザ・ニュー・アブノーマル』より“Eternal Summer”をライヴで初披露している。

関連NEWS

  1. Julian CasablancasやRage Against The Machine

    Julian CasablancasやRage Against The Machineら、パレスチナ人の人権を求める公開書簡に署名

  2. Julian Casablancas

    The StrokesのJulian Casablancas、昔の曲を演奏するのはうんざりしていると語る

  3. The Strokes

    The Strokes、アルゼンチンのロラパルーザで「Eternal Summer」をライヴで初披露

  4. The Strokes

    The StrokesのJulian Casablancas、I Wish It Was Christmas Todayの未発表バージョンが公開

  5. Julian Casablancas

    The StrokesのJulian Casablancas、ニューヨーク・メッツ戦で始球式を行う

  6. The Strokes

    The Strokes、新作の詳細を発表して新曲“At The Door”のビデオをYouTubeで公開

  7. The Strokes

    The Strokes、ニューヨーク市長選挙の候補のために資金を募る配信ライヴを行うことに

  8. ジュリアン・カサブランカスによるザ・ヴォイズ、新曲“Pointlessness”の音源を公開

  9. Bruce Springsteen

    Bruce Springsteenらが出演するJoe Strummer追悼生配信が決定

  10. The Strokes

    The StrokesのFabrizio Moretti、同姓同名の美術商とのコラボレーションを発表

  11. The Strokes

    The StrokesのJulian、アーティストは政治的姿勢を示さなくてもいいと語る

  12. The Strokes

    The Strokes、2020年にニュー・アルバムをリリースすることを宣言

  13. The Strokes、ニューヨーク市長選挙の候補のために対面でのライヴを開催

  14. Guns N' Roses

    Guns N’ RosesやBillie Eilishら、来年南米のLollapaloozaに出演か

  15. ニューヨークで開催のガヴァナーズ・ボール・フェスティバル、2019年のラインナップが発表に

  1. 4ad

    4AD、タワーレコードとの合同企画コンピレーションが6月にリリース…

    2022.05.19

  2. 上原ひろみ

    新スーパードライTVCM 「最高の渇きに。上原ひろみ」篇 5 月 20 日…

    2022.05.19

  3. Pussy RiotのMaria Alyokhina、ロシア国外に脱出したことが明らかに

    2022.05.19

  4. SUMMER SONIC

    SUMMER SONIC 2022、幕張会場のPACIFIC STAGEの出演者を発表

    2022.05.19

  5. Taylor Swift

    Taylor Swift、交際相手の Joe Alwynが共作した時の経緯について初…

    2022.05.19

  6. RISING SUN ROCK FESTIVAL

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2022 in EZO 第 2 弾出演アーティスト発表

    2022.05.19

  7. THE CAMP BOOK

    野外フェス「THE CAMP BOOK 2022」全アーティスト、タイムテーブル…

    2022.05.19

  8. 夜明けの口笛吹き

    「原始神母」の派生バンド「夜明けの口笛吹き」が7/8(金)高円寺HIGH…

    2022.05.19

  9. ビッケブランカ

    ビッケブランカ × Awesome City Club 7月横浜で初のツーマンライブ…

    2022.05.19

  10. Shygirl

    Shygirl、デビュー・アルバムのリリースを発表&新曲「Firefly」が…

    2022.05.19

  1. SUMMER SONIC

    SUMMER SONIC 2022、幕張会場のPACIFIC STAGEの出演者を発表

    2022.05.19

  2. RISING SUN ROCK FESTIVAL

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2022 in EZO 第 2 弾出演アーティスト発表

    2022.05.19

  3. THE CAMP BOOK

    野外フェス「THE CAMP BOOK 2022」全アーティスト、タイムテーブル…

    2022.05.19

  4. Local Green Festival

    Local Green Festival ’22、第2弾出演アーティストを発表

    2022.05.12

  5. JOIN ALIVE

    JOIN ALIVE 2022、二年越しの開催へ

    2022.04.28

  6. GREENROOM FESTIVAL

    GREENROOM FESTIVAL’22、タイムテーブルを発表

    2022.04.28

  7. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL ’22、第2弾ラインナップを発表

    2022.04.22

  8. Moodymann

    RAINBOW DISCO CLUB 2022、Moodymannの出演が決定

    2022.03.17

  9. 朝霧JAM

    朝霧JAM’22 開催決定!プレイベント ASAGIRI JAMMIN’ …

    2022.02.23