Creedence Clearwater Revival、1970年のロイヤル・アルバート・ホール公演の音源をリリースすることが決定

Creedence Clearwater Revival

クリーデンス・クリアウォーター・リヴァイヴァルは1970年にロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで行ったライヴの音源が9月16日にリリースされることが決定している。

本作のリリース発表に合わせて、先行トラックとして“Bad Moon Rising”の音源も公開されている。

このクリーデンス・クリアウォーター・リヴァイバルの1970年にロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで行われた公演の音源に関してはリリースが長い間ファンの間で噂されてきたもので、約50年間保管されていたオリジナルのマルチ・トラック・テープを丹念に復元し、グラミー賞を受賞したプロデューサーのジャイルズ・マーティンとエンジニア、サム・オーケルがミックスを担当している。

また、本作に合わせて、英米、カナダなどでは、ドキュメンタリー・コンサート長編映画『トラヴェリン・バンド』が同時公開される予定となっている。グラミー賞を2度受賞したボブ・スミートンが監督を務め、アカデミー賞受賞俳優のジェフ・ブリッジスがナレーションを務めたこの映画は、カリフォルニア州エルセリートでのバンドの初期時代から、名声を得るまでの急成長の過程を描いたものとなっている。

なお日本盤は、96kHz/24bitマスターと基とし、88.2kHz/24bitに変換したハイレゾCD(MQA-CD×UHQCD)での発売となる。

関連NEWS

  1. Creedence Clearwater Revival

    Creedence Clearwater Revival、ライヴ盤より「Proud Mary」の映像が公開

  2. Creedence Clearwater Revival

    Creedence Clearwater Revival、来たるライヴ盤より「Fortunate Son」の映像が公開