Billie Joe Armstrong、反米的という声に対して自身の見解を語る

Billie Joe Armstrong

グリーン・デイは「反米的」だという声に対して「この国のことを思っていなかったら何も言わないだろう」と語っている。

ビリー・ジョー・アームストロング、ベーシストのマイク・ダーント、ドラマーのトレ・クールから成るグリーン・デイは昨年の大晦日にライアン・シークレストが司会を務める『ディック・クラークス・ニュー・イヤーズ・ロッキン・イヴ』に出演して、“American Idiot”の「I’m not a part of a redneck agenda」という歌詞をドナルド・トランプへの批判として「I’m not a part of the MAGA agenda」に変更している。

これを受けてテスラの創業者であるイーロン・マスクは次のようにツイートしている。「グリーン・デイは体制に対して怒っていたのが腰抜けにも(milquetoastedly)体制のために怒るようになってしまった」

そのためグリーン・デイは「反米的」だという批判も受けることになったが、『ロサンゼルス・タイムズ』紙のインタヴューでビリー・ジョー・アームストロングは次のように語っている。「どんな政治家とも手を組みたいとは思ってないんだ。言われたこともないけどさ。自分たちのことを反米的だと見る側面もあるかもしれないとは思う。敬遠する人もいるだろうね。でも、この国のことを思っていなかったら何も言わないだろうね」

グリーン・デイがドナルド・トランプを非難するのは初めてではなく、2016年のアメリカン・ミュージック・アウォーズでは当時、大統領選挙候補者だったドナルド・トランプへの抗議として「No Trump, no KKK, no fascist USA」のチャントを起こしている。

昨年8月にはグリーン・デイはドナルド・トランプ元大統領のマグショットを使ったTシャツを期間限定でチャリティのために販売している。

今回、ビリー・ジョー・アームストロングは『ロサンゼルス・タイムズ』紙に11月の大統領選挙でドナルド・トランプが大統領に当選するのは想像に難くないとも語っている。「彼はクレイジーだと思っているから、当選するためには何でも言うんじゃないかな」

ビリー・ジョー・アームストロングはジョー・バイデン大統領の年齢への批判について不当だとしつつ、政府には悲しいことに「老人」が多過ぎることも指摘している。

「今は現実的な影響力を持つ要職にジェネレーションXの世代は一人もいない」とビリー・ジョー・アームストロングは語っている。「団塊の世代は権力を手放そうとしない。アレクサンドリア・オカシオ=コルテスやあのローレン・ボーベルトのようなミレニアルズはいる。でも、ジェネレーションXの世代は見過ごされているんだ」

ビリー・ジョー・アームストロングは「築き上げたものを子どもたちに譲る」というアメリカ的な考え方が「死んだ」のはだからだと述べている。

関連NEWS

  1. Green Day

    Green Day、1996年のプラハ公演のライヴ映像が公開

  2. Billie Joe

    Billie Joe、2年ぶりにツアーに戻った時の心境について振り返る

  3. Green Day

    Green Day、大晦日に行ったライヴでDavid Bowieをカヴァー

  4. Green Day&all Out Boy&Weezer

    Green Day&all Out Boy&Weezer、ヨーロッパ・ツアーが延期されることに

  5. Green Day

    Green Day、30年前の未公開楽曲“Stay”のライヴ音源がオンラインに

  6. グリーン・デイ、9月末にあの曲の再生回数が急上昇することが明らかに

  7. Green Day

    Green Day、スーパーボウルに際して行ったライヴの映像がオンラインに

  8. Green Day

    Green DayのBilly Joe、The Banglesの“Manic Monday”のカヴァー音源を公開

  9. Green Day

    Green Day、来たる新作より新曲“Oh Yeah!”のビデオを公開して収益の全額寄付を発表

  10. Green Day

    Green Day、1997年発表のアルバム『Nimrod』の25周年を予告

  11. Green Day

    Green Day、アメリカン・ミュージック・アウォーズ授賞式のパフォーマンス映像が公開

  12. Green Day、Weezer、Fall Out Boy

    Green Day、Weezer、Fall Out Boy、合同ツアーをオーストラリアで開催か

  13. Matthew Healy

    The 1975のMatthew Healy、13歳の時にGreen Dayにステージに上げられた体験を振り返る

  14. グリーン・デイ、今度は『インソムニアック』の全編リハーサルをやったことが明らかに

  15. Billie Joe Armstrong

    Billie Joe Armstrong(Green Day)、新型コロナ・ウイルスの外出自粛下で生まれた、ロック・カバー・アルバム『No Fun Mondays』を2020年11月27日(金)に全世界同時リリース!

  1. Journey

    Journey、10月に7年ぶりとなる来日公演を行うことが決定

    2024.02.26

  2. Kiefer

    Kiefer、6月に来日公演を行うことが決定

    2024.02.26

  3. 野田洋次郎

    野田洋次郎、Netflix映画『パレード』サウンドトラック、 2月29日(…

    2024.02.26

  4. GAYLE

    GAYLE、新曲「Kinda Smacks」がMVと共に公開

    2024.02.26

  5. Kim Gordon

    Kim Gordon、来たる新作より新曲「I’m A Man」がMVと共に公開

    2024.02.26

  6. Neil Young & Crazy Horse

    Neil Young & Crazy Horse、「Broken Circle (Over and Over)…

    2024.02.26

  7. Vampire Weekend

    Vampire Weekend、新作より「Capricorn」と「Gen-X Cops」という2曲…

    2024.02.26

  8. Dua Lipa

    Dua Lipa、グラミー賞授賞式で初披露された新曲「Training Season」…

    2024.02.26

  9. LINKIN PARK、 未発表曲「フレンドリー・ファイヤー」を含むアルバ…

    2024.02.26

  10. BABYMETAL、1st Al.リリース10周年を記念し「BABYMETAL DEATH」のラ…

    2024.02.26

  1. ARABAKI ROCK FEST.24

    ARABAKI ROCK FEST.24、第3弾アーティストを発表

    2024.02.21

  2. SUMMER SONIC

    SUMMER SONIC 2024、第1弾出演アーティストを発表

    2024.02.21

  3. METROCK2024 出演日&第3弾出演アーティスト発表、各日1日券受付開始

    2024.02.14

  4. 山人音楽祭

    山人音楽祭2024、開催決定

    2024.02.03

  5. GREENROOM FESTIVAL

    GREENROOM FESTIVAL’24、第四弾出演アーティストを発表

    2024.02.01

  6. PUNKSPRING 2024、第4弾出演ラインナップを発表

    2024.02.01

  7. COMING KOBE

    COMING KOBE24、第2弾出演アーティスト発表

    2024.02.01

  8. I ROCKS

    LACCO TOWER主催ロックフェス 「I ROCKS 2024 stand by LACCO TOWER…

    2024.01.27

  9. ARABAKI ROCK FEST.24

    ARABAKI ROCK FEST.24、第2弾アーティストを発表

    2024.01.24

  10. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL ’24、開催概要が決定

    2024.01.12