AC/DC、“Back In Black”のミュージック・ビデオがYouTubeで10億回の再生回数を突破

AC/DC

AC/DCは“Back In Black”のミュージック・ビデオがYouTubeで10億回の再生回数を突破したことが明らかになっている。

“Back In Black”のミュージック・ビデオは2012年11月にYouTubeにアップされており、2021年に10億回を超えた“Thunderstruck”に次いで、AC/DCにとって大台を突破した2曲目の楽曲となっている。

アルバム『バック・イン・ブラック』は2019年12月にアメリカレコード協会によってアメリカでのセールスが2500万枚に達したことが認定されている。

AC/DCのブライアン・ジョンソンはボン・スコットが生前『バック・イン・ブラック』の歌詞を書いていたという説について言及している。

ボン・スコットは1974年から1980年に亡くなるまでAC/DCのヴォーカリストを務めており、ブライアン・ジョンソンは1980年以降、AC/DCのシンガーを引き継いでいる。

自伝『ザ・ライヴス・オブ・ブライアン』においてブライアン・ジョンソンはボン・スコットが生前『バック・イン・ブラック』の歌詞を書いていたという説に異議を唱えている。

米『ローリング・ストーン』誌のインタヴューでブライアン・ジョンソンはこの噂に言及した理由についても語っている。「1人のあるジャーナリスト、オーストラリアのライターなんだけど、そいつが良しとしなかったんだ。もちろん、マルコムとアンガスは『デタラメだらけだ』と言っていたよ」

「僕としては『あなたたちから言ってもらえればと思うんだけど』と言ったんだけど、2人のアティテュードは常に『放っとけ。言わせておけばいなくなるだろ』というものだった。もちろん、ボン・スコットが書いていないことは日に日に明らかになっていった。だって、まだリフが書かれていなかったからね。2人はやっている最中だった。だから、何も言わないでいたんだ。そうじゃないと、ボン・スコットに名声を与えることになっていただろうからね」

ブライアン・ジョンソンは次のように続けている。「すごく引っ掛かっていたわけじゃないんだけど、たまにファンが来て、『あいつがこんなことを言っているよ』と言ってくるんだ。でも、それは事実じゃない。当時はインターネットがなかったから、オーストラリア以外に広まることはなかった。でも、『ひどすぎる。説明しなければならない』と思ったんだ。本に書いた理由はだからだよ。これを最後に赤子を眠りにつかせることにしたんだ」

関連NEWS

  1. AC/DC

    AC/DC、アメリカの警察がバンドの曲を大音量で流して道路を塞ぐ牛を追い払っていることが話題に

  2. AC/DC

    AC/DC、『地獄のハイウェイ』などにちなんだ新たなファッション・アイテムが販売開始

  3. AC/DC

    AC/DC、『Back in Black』の40周年を記念して同作を振り返る動画の第2弾が公開

  4. AC/DC

    William王子、月曜日の朝は決まってAC/DCの「Thunderstruck」を聴いていることを明かす

  5. Chris Slade

    AC/DCのChris Slade、自分はまだバンドのドラマーであると思っていると語る

  6. AC/DC

    AC/DC、バンドのブランドによる2つのクラフト・ビールが発売されることが決定

  7. AC/DC

    AC/DC、Brian Johnsonと共にツアーを行うことについて新情報が浮上

  8. AC/DC

    AC/DCのBrian Johnson、Bon Scottが『Back in Black』の歌詞を書いたという説に言及

  9. AC/DC

    AC/DC、赤ん坊の声を組み合わせて“Thunderstruck”を再現した動画が話題に

  10. AC/DC

    AC/DCのAngus Young、兄のMalcolm Youngの死について語る

  11. AC/DC

    AC/DC、最新作より「Demon Fire」のMV公開

  12. AC/DC

    AC/DC、最新作より「Witch’s Spell」のMV公開

  13. AC/DC

    AC/DC、『Back in Black』の40周年を記念して同作を振り返る動画の第1弾が公開

  14. AC/DC

    AC/DC、最新作より「Through the Mists of Time」のMV公開

  15. Brian Johnson

    AC/DCのBrian Johnson、聴覚を守るために行った治療について語る

  1. Ariana Grande

    Ariana Grande、USで即完売した直筆サイン入りアルバムが日本でも特…

    2024.03.04

  2. Kanye West

    Kanye West、子どもたちを通わせる学校について元妻のkim kardashia…

    2024.03.04

  3. Liam Payne

    Liam Payne、3年ぶりとなるニュー・シングル「Teardrops」の音源が…

    2024.03.04

  4. THE ORAL CIGARETTES

    THE ORAL CIGARETTES、EP「MARBLES」リリースを記念した特別番組がS…

    2024.03.04

  5. Twenty One Pilots

    Twenty One Pilots、新作のリリースを発表&新曲「Overcompensate」…

    2024.03.04

  6. Jordan Rakei

    Jordan Rakei、来たる新作よりニュー・シングル「Learning」の音源…

    2024.03.04

  7. RADWIMPS

    RADWIMPS 、8年ぶりの国内ライブハウスツアーの模様を収録した ライ…

    2024.03.04

  8. [ kei ]、8月12日LINE CUBE SHIBUYAワンマンを公式発表

    2024.03.04

  9. Charlotte Day Wilson

    Charlotte Day Wilson、新作のリリースを発表&新曲「I Don’t Love …

    2024.03.04

  10. Kelly Jones

    Kelly Jones、ソロ作より新曲「Inevitable Incredible」が公開

    2024.03.04

  1. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL’24 出演日別ラインナップ第2弾発表

    2024.03.01

  2. GREENROOM FESTIVAL

    GREENROOM FESTIVAL ’24、第5弾出演アーティストを発表

    2024.02.29

  3. RISING SUN ROCK FESTIVAL

    RISING SUN ROCK FESTIVALホームページがリニューアル

    2024.02.29

  4. COMING KOBE

    COMING KOBE24、第3弾出演アーティスト発表&チケットエントリー開始

    2024.02.29

  5. ARABAKI ROCK FEST.24

    ARABAKI ROCK FEST.24、第3弾アーティストを発表

    2024.02.21

  6. SUMMER SONIC

    SUMMER SONIC 2024、第1弾出演アーティストを発表

    2024.02.21

  7. 山人音楽祭

    山人音楽祭2024、開催決定

    2024.02.03

  8. I ROCKS

    LACCO TOWER主催ロックフェス 「I ROCKS 2024 stand by LACCO TOWER…

    2024.01.27

  9. OSAKA GIGANTIC MUSIC FESTIVAL

    「ジャイガ」ことOSAKA GIGANTIC MUSIC FESTIVALが今年も開催決定

    2024.01.01