The Allman Brothers Bandの結成メンバーのDickey Bettsが享年80歳で逝去

Dickey Betts

オールマン・ブラザーズ・バンドの結成メンバーであるギタリストのディッキー・ベッツが亡くなった。享年80歳だった。

訃報は彼のマネージャーによって発表されており、米『ローリング・ストーン』誌にガンと慢性閉塞性肺疾患のために現地時間4月18日に亡くなったと述べている。

「伝説的なパフォーマーにしてソングライターで、バンドリーダーであり、家長であった彼はフロリダ州オスプレイの自宅で家族に囲まれて亡くなりました」と公式の声明には書かれている。「ディッキー・ベッツは伝説的な存在であり、彼を失ったことは世界規模で悔やまれるでしょう。この困難な時期には家族のプライバシーに御配慮いただければと思います。更なる情報は適切な時期に発表されます」

ディッキー・ベッツは1969年にオールマン・ブラザーズ・バンドでプレイし始め、デュアン・オールマンと共同でリード・ギタリストを務めていたが、1971年にデュアン・オールマンが亡くなってからは単独でリード・ギタリストを務めている。

ディッキー・ベッツは多作なソングライターでもあり、1973年発表の最大のヒット曲“Rambin’ Man”も彼が手掛けている。BBCの『トップ・ギア』でテーマ曲に起用されたインストゥルメンタル・ナンバー“Jessica”も彼が手掛けている。



公式の声明には次のように記されている。「深い悲しみと共にオールマン・ブラザーズ・バンドは結成メンバーであるディッキー・ベッツが健康状態の悪化を経て、フロリダ州サラソータの自宅で穏やかに亡くなったことを知りました」

「彼は人生において情熱的な人物で、音楽、作曲、釣り、狩猟、ボート、ゴルフ、空手、ボクシングなどに取り組んでいました。ディッキー・ベッツは興味を惹かれるものには何でも手を出し、得意としていました」

「ディッキー・ベッツは彼のブラザーであるデュアン・オールマン、ベリー・オークリー、ブッチ・トラックス、グレッグ・オールマン、ABBクルーであるツイッグス・リンドン、ジョー・ダン・ペティー、レッド・ドッグ、キム・ペイン、マイク・キャラハンと共に古い空飛ぶワインバゴに乗り込んで、みんなが聴くことになる音楽と共に世界をツアーしたんだ」

「家族であるどんな、デュアン&リサ、クリスティ&フランク、ジェシカ、キムにお悔やみを申し上げます。あなたは永遠に忘れられず、深く惜しまれることでしょう」

1943年12月12日にフォレスト・リチャード・ベッツとして生まれたディッキー・ベッツは5歳でウクレレを弾き始め、10代の頃には地元フロリダ州の数々のロック・バンドに参加しており、その中にはベリー・オークリーとやっていたセカンド・カミングも含まれている。

1969年、自身のバンドを拡大しようとしたデュアン・オールマンとグレッグ・オールマンはディッキー・ベッツとベリー・オークリーを誘っている。オールマン・ブラザーズ・バンドは最終的にジョージア州メイコンを拠点として、サザン・ロックを決定づけるサウンドを確立することとなった。ディッキー・ベッツとデュアン・オールマンは当時の標準的なリード・ギターとリズム・ギターの役割とは違った叙情的でメロディアスなジョイント・リード・ギター・サウンドを展開することとなった。

ジャム・バンドの長尺の即興演奏で知られ、カントリーとブルースの影響をクラシック・ロックの美学に融合させたオールマン・ブラザーズ・バンドは1971年発表のライヴ・アルバム『フィルモア・イースト・ライヴ』、1972年発表の『イート・ア・ピーチ』といった作品で商業的成功を収め、『イート・ア・ピーチ』はバイク事故で亡くなったデュアン・オールマンに捧げられている。

バンドは2014年まで散発的に活動を続け、1995年にはロックの殿堂入りを果たしている。

ディッキー・ベッツはリチャード・ベッツ、ディッキー・ベッツ&グレート・サザン、ディッキー・ベッツ・バンドといった名義でソロ・アルバムもリリースしている。

関連NEWS

  1. George Michael

    George Michaelの妹、兄と同じクリスマスに亡くなる

  2. JuiceWrld

    Juice WRLD、元交際相手が精神的問題のためにパーコセットを服用していたと語る

  3. Wayne Shorter

    Wayne Shorterが享年89歳で逝去

  4. RUSH

    RUSHのGeddy LeeとAlex Lifeson、追悼の声を受けて感謝のメッセージを投稿

  5. Herb Deutsch

    モーグ・シンセサイザーの開発者の1人であるHerb Deutschが享年90歳で逝去

  6. Fleetwood Mac

    Fleetwood Macの結成メンバーであるPeter Greenが享年73歳で逝去

  7. Tony Costanza

    Machine Headのオリジナル・ドラマーだったTony Costanzaが享年52歳で逝去

  8. Alan Lancaster

    Status QuoのAlan Lancasterが逝去

  9. Helen Reddy

    歌手のHelen Reddyが享年78歳で逝去

  10. Ahmad Jamal

    Ahmad Jamalが享年92歳で逝去

  11. Gary Brooker

    Procol HarumsのGary Brookerが享年76歳で逝去

  12. Bruce Williamson

    元The TemptationsのBruce Williamsonが享年49歳で逝去

  13. Gabe Serbian

    Gabe Serbianが享年44歳で逝去

  14. Gang Of Four

    Gang of FourのAndy Gill、享年64歳で逝去

  15. George Brown

    Kool & the GangのドラマーであるGeorge Brownが逝去

  1. Paledusk”Paledusk pre. LOVE YOUR PALEHELL FINAL SERIES&#8…

    2024.05.27

  2. SKYE

    日本のロック黎明期に結成された伝説のバンドSKYE、2ndアルバムのリ…

    2024.05.27

  3. BABYMETAL、7/10にメンバー3人の二十歳の聖誕祭シリーズ3作品の同…

    2024.05.27

  4. Harrison Butker

    Eddie Vedder、物議を醸しているHarrison Butker選手の卒業スピーチ…

    2024.05.27

  5. Kerry King

    SlayerのKerry King、Iron Maidenの最近の作品は聴く気にならないと…

    2024.05.27

  6. oasis

    oasis、『Definitely Maybe』のスタジオを撮影した謎のティーザー映…

    2024.05.27

  7. 初めてのきみに会いに行くよ!初見さん大歓迎!!きみとバンドの清…

    2024.05.27

  8. Kid Rock

    Kid Rock、酔っ払った状態で記者の顔に銃を振りかざしたと報道

    2024.05.27

  9. Brian May

    Brian May、スロヴァキアで行われたライヴでThe Offspringと共演

    2024.05.27

  10. Hard-Fi

    Hard-Fi、10年以上ぶりとなるニュー・シングル「Don’t Go Making Pl…

    2024.05.27

  1. 山人音楽祭

    山人音楽祭2024、第3弾出演アーティスト発表

    2024.05.24

  2. SUMMER SONIC 2024、第7弾追加アーティストを発表

    2024.05.23

  3. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL ’24、第6弾ラインナップを発表

    2024.05.17

  4. JOIN ALIVE

    JOIN ALIVE 2024、出演アーティスト最終発表

    2024.05.09

  5. Talking Rock! FES

    Talking Rock! FES.2024、第2弾出演アーティスト9組を発表

    2024.04.27

  6. SiM主催フェス「DEAD POP FESTiVAL 2024」、出演アーティスト第二弾…

    2024.04.01

  7. Slow LIVE

    「大人のミニフェス」Slow LIVE、今年も東京・池上本門寺にて8/30(…

    2024.03.22

  8. 04 Limited Sazabys

    04 Limited Sazabys主催の野外フェス<YON FES 2024> 第1弾出演アー…

    2024.03.13