ギャング・ギャング・ダンス、新作からの新曲“Young Boy (Marika in Amerika)”が公開

ギャング・ギャング・ダンスは来たるニュー・アルバムより新曲“Young Boy (Marika in Amerika)”が公開されている。

ギャング・ギャング・ダンスは2011年発表の『アイ・コンタクト』以来となる新作『Kazuashita』を4ADより6月22日にリリースすることが明らかになっている。

公開された“Young Boy (Marika in Amerika)”はこちらから。

アルバムはメンバーのブライアン・デグロウによるプロデュースで、数々のニューヨークのスタジオやアートスペースでレコーディングされたという。

アルバムからはリード・シングルとなる“Lotus”も公開されている。

ギャング・ギャング・ダンスは、ディアハンターも出演する4ADのレーベル・ショウケース「Revue」で10月に来日することが決定している。

リリースの詳細は以下の通り。

label: 4AD / Beat Records
artist: Gang Gang Dance
title: Kazuashita
release date: 2018.06.22 FRI ON SALE
01. ( infirma terrae )
02. J-TREE
03. Lotus
04. ( birth canal )
05. Kazuashita
06. Young Boy (Marika in Amerika)
07. Snake Dub
08. Too Much, Too Soon
09. ( novae terrae )
10. Salve On The Sorrow
11. Siamese Locust (Bonus Track for Japan)

関連NEWS

  1. ディアハンター&ギャング・ギャング・ダンスの来日公演に新たな出演アーティストが決定

  2. ギャング・ギャング・ダンス、7年ぶりとなる新作のリリースを発表&新曲を公開

  3. ディアハンターとギャング・ギャング・ダンスによる4ADのレーベル・ショウケースが延期に

  4. ディアハンターとギャング・ギャング・ダンス、4ADのレーベル・ショウケースで来日が決定