ザ・シャーラタンズ、フライトゥンド・ラビットのスコットに追悼の意を表してカヴァーを披露

ザ・シャーラタンズは現地時間8月3日にフライトゥンド・ラビットのスコット・ハッチソンに追悼の意を表して、バンドメイトだったグラント・ハッチソンとビリー・ケネディを迎えて、フライトゥンド・ラビットのカヴァーを披露している。

スコットランドのビューリーで開催されたベラドラム・タータン・ハート・フェスティバルに出演したザ・シャーラタンズはグラント・ハッチソンとビリー・ケネディを自身のステージに迎えている。「全力を尽くしてみることにするよ」とティム・バージェスは言った後、今年5月に鬱との闘いの中で自殺することになったスコット・ハッチソンに追悼の意を表して、曲名を告げている。

パフォーマンスに先立ってこの日、ティム・バージェスはフライトゥンド・ラビットの“Head Rolls Off”のミュージック・ビデオをツイートしており、「今朝の朝食の曲」とキャプションに添えていた。パフォーマンス後、ティム・バージェスはフライトゥンド・ラビットのカヴァーを含むセットリストもツイートしている。

ザ・シャーラタンズによる“Head Rolls Off”のカヴァーはこちらから。

バンドメイトで弟のグラント・ハッチソンは兄が亡くなってから最初のインタヴューでメンタルヘルスに関する感動的なメッセージを届けている。

「この件で重要なことの一つはこれはスコットに限ったことじゃないって理解することなんだ」とグラント・ハッチソンは語っている。「誰にでも起こりうることなんだよ。そう、なにかしらの要因があって、そういうことに多感な人だったら、そこにはルールなんてないんだ。精神病というのは免疫がある人がいるという類のものじゃないんだ」

RECOMMEND NEWS

  1. シャーラタンズ、本日リリースのEPより“Standing Alone”のビデオが公開

  2. フライトゥンド・ラビットのシンガーであるスコット・ハッチソンの逝去を受けてバンドが声明を発表

  3. シャーラタンズ、来月リリースのEPより“Totally Eclipsing”のビデオが公開

  4. シャーラタンズ、最新EPより“Indefinitely In Your Debt”のビデオが公開