リチャード・アシュクロフト、自身がオアシスの前座をできる唯一のソロ男性アーティストだと語る

リチャード・アシュクロフトは、自身がオアシスのサポート・アクトを務められる唯一のソロ・アーティストだと考える理由を明かしている。

元ザ・ヴァーヴのフロントマンであるリチャード・アシュクロフトは、通算5作目となるソロ・アルバム『ナチュラル・レベル』を10月19日にリリースすることを発表している。今夏にはリアム・ギャラガーのロンドン公演とマンチェスター公演でサポート・アクトを務めているリチャード・アシュクロフトだが、今回、サポート・アクトを務めることについての持論を語っている。

「世界の誰よりも先にステージに上がらせてもらえることを幸運に思っているんだ」とリチャード・アシュクロフトは「ラジオX」に語っている。「要するにこういうことでね。俺の後に出るのであれば、自信を持ってやってほしいんだ。大砲を持ち込んでほしいんだよ。俺はそう呼んでるんだけどさ。大砲っていうのは、その人の曲なんだけどね」

「目の前の5万人の観客たちがどんどんと熱気を帯びてきて、そういう曲を求めているのであれば、俺たちはそれを提供すべきだからね」

リチャード・アシュクロフトは過去にオアシスのサポート・アクトを務めていたことに言及して、続けて次のように語っている。「オアシスとは一緒にやってきたわけだけど、俺は一人でもオアシスのサポート・アクトをやったからね。そのことを奴らにも伝えたことがあってさ、オアシスの前にステージに出られるソロ男性アーティストはこの世で俺一人だっていうね」

「そういう気持ちでやるんだよ。その瞬間に沈み込んでしまわないよう、それを飲み込んで、受け止めるんだ。奴らだってそのことは分かってる。俺たちのオーディエンスは似ているからね。バンドを愛する気持ちは俺にも理解できるし、情熱的になって前のめりになってしまう気持ちも俺には分かるからね」

同じインタヴューの中で、リチャード・アシュクロフトはファンを楽しませることよりも「政治的な」発言をすることに注力するアーティストを批判している。

RECOMMEND NEWS

  1. リアム・ギャラガー、6月にロンドンで行う大規模公演のサポート・アクトについて言及

  2. リアム・ギャラガー、セカンド・アルバムのレコーディングのためにヨーロッパ・ツアーを延期

  3. ザ・コーラル、新作の日本盤発売に寄せてノエル・ギャラガーのコメントが到着

  4. リアム・ギャラガー、マンチェスターでの大規模公演のサポート・アクトが発表に

  5. ノエル・ギャラガー、弟のリアム・ギャラガーにオアシスの再結成は必要ない理由を語る

  6. リアム・ギャラガー、フィンズベリー・パーク公演で“D’Yer Wanna Be A Spacemen?”を1996年以来初めて演奏

  7. アラン・マッギー、オアシスが2018年にデビューしたとしても成功したかについて語る

  8. リアム・ギャラガー、クリスマスにイギリスのハルでライヴを開催か

  9. オアシス、アイルランドでの再結成ライヴに莫大な金額が提示されていると報道

  10. リアム・ギャラガー、コールドプレイについて最初の2枚は素晴らしいと語る

  11. リチャード・アシュクロフト、新作からの新曲“Born To Be Strangers”が公開

  12. ノエル・ギャラガー、ソーシャル・メディア時代のロック・バンドについて語る

  13. ノエル・ギャラガー、ハイド・パークで行われたポール・サイモンの公演を訪れたことが明らかに

  14. ノエル・ギャラガー、お蔵入りにしていたアルバムの音源を最近見つけたと明かす

  15. ノエル・ギャラガー、ガンズ・アンド・ローゼズの再結成について語る