リチャード・アシュクロフト、自身がオアシスの前座をできる唯一のソロ男性アーティストだと語る

リチャード・アシュクロフトは、自身がオアシスのサポート・アクトを務められる唯一のソロ・アーティストだと考える理由を明かしている。

元ザ・ヴァーヴのフロントマンであるリチャード・アシュクロフトは、通算5作目となるソロ・アルバム『ナチュラル・レベル』を10月19日にリリースすることを発表している。今夏にはリアム・ギャラガーのロンドン公演とマンチェスター公演でサポート・アクトを務めているリチャード・アシュクロフトだが、今回、サポート・アクトを務めることについての持論を語っている。

「世界の誰よりも先にステージに上がらせてもらえることを幸運に思っているんだ」とリチャード・アシュクロフトは「ラジオX」に語っている。「要するにこういうことでね。俺の後に出るのであれば、自信を持ってやってほしいんだ。大砲を持ち込んでほしいんだよ。俺はそう呼んでるんだけどさ。大砲っていうのは、その人の曲なんだけどね」

「目の前の5万人の観客たちがどんどんと熱気を帯びてきて、そういう曲を求めているのであれば、俺たちはそれを提供すべきだからね」

リチャード・アシュクロフトは過去にオアシスのサポート・アクトを務めていたことに言及して、続けて次のように語っている。「オアシスとは一緒にやってきたわけだけど、俺は一人でもオアシスのサポート・アクトをやったからね。そのことを奴らにも伝えたことがあってさ、オアシスの前にステージに出られるソロ男性アーティストはこの世で俺一人だっていうね」

「そういう気持ちでやるんだよ。その瞬間に沈み込んでしまわないよう、それを飲み込んで、受け止めるんだ。奴らだってそのことは分かってる。俺たちのオーディエンスは似ているからね。バンドを愛する気持ちは俺にも理解できるし、情熱的になって前のめりになってしまう気持ちも俺には分かるからね」

同じインタヴューの中で、リチャード・アシュクロフトはファンを楽しませることよりも「政治的な」発言をすることに注力するアーティストを批判している。

関連NEWS

  1. Noel Gallagher

    Noel Gallagher、ライヴで新曲“Rattling Rose”を初めて演奏した映像がオンラインに

  2. Noel Gallagher

    Noel Gallagherの妻、Liam Gallagherを「デブのバカ」と評する

  3. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、インスタグラムで昨年12月の“Some Might Say”の映像を公開

  4. リアム・ギャラガー、“Some Might Say”のアコースティック・バージョンを披露

  5. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、新作がまもなく完成することを示唆

  6. リアム・ギャラガー、マンチェスターのチャリティのためにハチの像をデザイン

  7. Noel Gallagher

    Noel Gallagher、刃物を使った事件が相次ぎロンドンからの引っ越しを考えていると語る

  8. ノエル・ギャラガー、ブロンディのために楽曲を書いたものの提供しなかった理由を語る

  9. Noel Gallagher

    Noel Gallagher、元oasisのメンバーが自身のバンドにいることについて語る

  10. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、新作のレコーディング中と思われる映像をプロデューサーが公開

  11. リアム・ギャラガー、ジャパン・ツアーを終えて「来年また会おう」とツイート

  12. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、飲酒や喫煙の節制が自身の歌声に与えた影響を語る

  13. Alan

    Alan、oasisの『ディフィニトリー・メイビー』25周年記念イベントへの出席が決定

  14. ノエル・ギャラガー、サマーソニック2018出演に向けたメッセージ動画が公開

  15. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、イタリアのフェスティバルでヘッドライナーを務めることが明らかに