イアン・ブラウン、ソロとしての新曲を予告するポスターがマンチェスターで目撃される

イアン・ブラウンはシーンへの復帰を告げるニュー・シングル“First World Problems”の宣伝ポスターが故郷のマンチェスター各地で目撃されている。

ザ・ストーン・ローゼズも2016年に新曲とツアーを発表する際にマンチェスター各地にレモンのポスターを貼って同様の予告を行っており、今回のポスターはそれに続くものとなっている。

ソロ・アルバムは2009年の『マイ・ウェイ』以降、リリースされていないイアン・ブラウンだが、昨年よりザ・ストーン・ローゼズを離れて音源に取り組んでいると噂されていた。ファンは今週イアン・ブラウンの新曲がリリースされるのではないかと推測している。

『NME』ではイアン・ブラウンの担当者に連絡を求めている。

ザ・ストーン・ローゼズは現時点で最後の公演となっている昨年6月のグラスゴー公演で、フロントマンのイアン・ブラウンが「終わることを悲しまないで、実現したことを喜んでほしい」と語ったことを受けて、これが最後のライヴになるのではないかと噂されていた。

その後、イアン・ブラウンについてはソロ・アルバムに取り組んでいることが報じられている。

ザ・ストーン・ローゼズの伝記を執筆したジョン・ロブはザ・ストーン・ローゼズとしての活動休止の噂について自身の考えを語っている。

「彼らが活動を休止したと100%公式な形で発表されたわけではないけれど、そう見えるってことだよね」とジョン・ロブは『NME』に語っている。「彼らについて言えるのは、ザ・ストーン・ローゼズに確かなことなんて一つもないということだよ。それが彼らを面白いバンドにしている要素の一つなんだ」

「僕はマニック・ストリート・プリーチャーズが大好きだけど、彼らには確固たるものがある。これは彼らへの批判とかじゃないんだ。でも、マニックスは他のメンバーの人生のためにもバンドであり続けるのが分かるだろ。ザ・ストーン・ローゼズについては、バンドを組んだ最初の日から常に波乱を含んでいるわけでね。彼らの輝きっていうのは儚く、掴みどころがなくて、消えてしまうものなんだ。一度手にしても、もう一度手放してしまうんだよ」

彼は次のように続けている。「それを手にした時というのは、そりゃあもうすごいんだ。去年、彼らがマンチェスターでやった時はマジカルだったよ。すごく素晴らしくて、パワフルなバンドだったからね」

関連NEWS

  1. Ian Brown

    The Stone RosesのIan Brown、新型コロナへの発言でジェドワードも批判

  2. Ian Brown

    Ian Brown、新型コロナウイルスに対する見解が物議を醸すことに

  3. Ian Brown

    Ian Brown、ニュー・シングル“Little Seed Big Tree”の音源が公開

  4. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、The Stone Rosesを偵察しようとコンバイン収穫機を運転した逸話を語る

  5. Ian Brown

    Ian Brown、新型コロナについてただの風邪と変わらないと語る

  6. Ian Brown

    Ian Brown、ミュージック・ビデオに登場する占いマシーンがマンチェスターのレコード店に出現

  7. ストーン・ローゼズ、バンドとしての活動を完全に休止か

  8. Metallica

    Metallica、マンチェスター公演でThe Stone Rosesの“I Wanna Be Adored”をカヴァー

  9. beckham_roses

    The Stone Roses、デヴィッド・ベッカムのファッション・ブランドとのコラボレーションの詳細が明らかに

  10. Ian Brown

    Ian Brown、Johnny Osbourneによる「Truths And Rights」のカヴァーを公開

  11. イアン・ブラウン、9年ぶりとなるソロでの新作『リップルズ』のリリースを発表&新曲が公開

  12. Ian Brown

    Ian Brown、新型コロナウイルスは計画されたものだと述べる

  13. リアム・ギャラガー、ストーン・ローゼズから受けた影響について改めて語る

  14. U2

    U2、『The Joshua Tree』がBBCラジオ2による1980年代の最高のアルバムに

  15. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、物議を醸したIan Brownのツイートについて自身の見解を示す