グリーン・デイのビリー、『ドゥーキー』を模したヴィンス・ステイプルズの最新作のジャケットを称賛

グリーン・デイのフロントマンであるビリー・ジョー・アームストロングは、彼らの1994年のアルバム『ドゥーキー』にオマージュを捧げたと見られる、ヴィンス・ステイプルズの最新作のアートワークを称賛している。

カリフォルニア州ノース・ロング・ビーチ出身のラッパーであるヴィンス・ステイプルズは11月2日に、アール・スウェットシャツやタイガ、ケラーニらが参加した通算3作目となる最新作『FM!』をリリースしている。

日本人アーティストのVERDYが手掛けた、コミカルなキャラクターたちの集まる砂浜に押し寄せる津波の上に『FM!』というタイトルが描かれた本作のアートワークは、リッチー・バッカーが手掛けた著名な『ドゥーキー』のアートワークを彷彿とさせるものとなっており、同作からの影響が見て取れる作品となっている。

ビリー・ジョー・アームストロングは現地時間11月5日にインスタグラムでその類似性に触れ、『ドゥーキー』へのオマージュと見られるアートワークに好意を寄せており、両方のアートワークを投稿して「すごく気に入ったよ」とコメントしている。

View this post on Instagram

I love this

Billie Joe Armstrongさん(@billiejoearmstrong)がシェアした投稿 –

グリーン・デイの他のニュースとしては、スマッシング・パンプキンズのビリー・コーガンが先日、大きな成功を収めた彼らの2004年のアルバム『アメリカン・イディオット』について「ギター主体でマスに届いた」最後のアルバムだと称賛している。

ビリー・コーガンはビリー・ジョー・アームストロングについて、カート・コバーンなどの「そうした偉人に匹敵する存在だ」としているほか、『アメリカン・イディオット』についてはカルチャーに影響を与えた最後のアルバムと評している。

『アメリカン・イディオット』の功績はリリース後も続くこととなっており、『アメリカン・イディオット』はミュージカルになったほか、今後HBOでは映像化も進められている。

関連NEWS

  1. Green Day

    Green Day、新「“Here Comes The Shock」をリリース

  2. Billy-Joe-Armstrong

    Green DayのBilly Joe、The Starjetsの“War Stories”をカヴァー

  3. Green Day

    Green Day、初となる書籍を10月に刊行することが明らかに

  4. グリーン・デイ、ドレイク&ブロックボーイJBのビデオに自分たちのTシャツが登場することに言及

  5. 運転中に聴くと最も危険な楽曲はAmerican Idiot

  6. Green Day

    Green Day、NIRVANAのDrain Youをカヴァーした映像がオンラインに

  7. Green Day

    Green Day、『Insomniac』の25周年盤が明日デジタルでもリリースされることに

  8. Billie Joe

    Green DayのBillie Joe、Johnny Thundersの“You Can’t Put Your Arms Around A Memory”をカヴァー

  9. Green Day

    Green Day、3月に予定されていた来日公演の振替日程が決定

  10. moGreen Day

    Green DayのBillie Joe、Morrisseyの政治観について自身の見解を語る

  11. Green Day

    Green Dayのビリー・ジョー、ミュージカル版『アメリカン・イディオット』の設定を変えることについて言及

  12. Green Day

    Green Day、最新シングルの曲名を冠したコーヒーを発売することを発表

  13. AmericanRock

    米国ロック・グッズの祭典「THE AMERICAN ROCK」、8月にお台場で開催が決定

  14. Green Day

    Green Day、2021年3月に予定されていた来日公演が中止となることに

  15. Green Day

    Green Day、25周年を記念して『Insomniac』を再発することを発表