SHADOWS ライヴ定番曲『Progress』リミックスが3アーティストの異色コラボで実現。HiP HOP的アプローチで世界配信スタート

今年、自身のツアーが終わりフェス、イベント、対バンなどで精力的にライヴ活動を行い、彼らがパフォーマンスするライヴ会場でしか販売されないセカンドアルバム『torches』でスタイルを確立し、今年の9月4日には、Hi-STANDARDとのツーマンライヴ “PRE-AIR JAM SHOW 18” にも参加するなど、多くのイベントに引っ張りだこの “SHADOWS”。

そんな彼らのライヴ定番曲を、イスラエル出身で、ヘビーメタルの要素を取り入れた「Gorsestep(ゴアステップ)」で、人気を博す世界的DJ兼プロデューサーの “Borgore” がリミックスした作品「Progress (Borgore Remix)」が急遽リリースされ、話題を呼んでいる。Keith Apeとの共演でも話題をさらった “Jinmenusagi” がフィーチャリング・ラッパーとして参加。超個性派と称される彼らしいフロウを披露している。古くは、AerosmithとRUN DMC、AnthraxとPublic Enemyなど、脈々と時代を彩ってきたロックとヒップホップの融合・・・その最新版と言ってもけっして過言ではない新感覚のサウンドが展開されている。

ギターリフを大胆にチョップした新感覚のトラップ・サウンドに、テクニカルなラップ、そこに、絶妙にグッド・メロディが絡み合う次世代のミクスチャー・サウンド。元々SHADOWSは、FACTの元メンバーで新たに結成されたバンド。FACT時代には、その後の大きなEDMトレンドに先駆けて、Junkie XLやSteve Aoki、日本からは石野卓球やBOOM BOOM SATELLITESをはじめとする世界的アーティストが終結したリミックスが高い評価を得た。彼ら自身もブロウステップをいち早く取り入れたサウンドを展開するなど縦横無尽な創作活動を行ってきた。そんな彼らの現時点での最先端リミックスは、あらゆるジャンルの壁を超えてきた彼らのスタイルそのものを体現するかのように突き刺さる。

自らのイベント “PMAM vol.5 (Pit Me Against Myself)” を来年に控えている。今後も、彼らの動向から一切、目が離せない。

Borgore(ボルゴア)

イスラエル出身のDJ / プロデューサー。
2014年「DJ Mag Top 100 DJ」でに41位で初ランクインし、過去にはデスコア/ヘビーメタルバンド「Shabira(シャビラ)」のドラマーとして活動していた。
ヒップホップにも精通しており、それらの要素を惜しげもなく自分のサウンドに加えているのでただのダブステップでなく、Borgore独自の「Gorestep(ゴアステップ)」と呼ばれている。また、Steve Aokiとも親交が深く“Phenomena”で共演もしている。

Jinmenusagi(じんめんうさぎ/ジメサギ)

15歳ごろからラッパーを志し、路上サイファーやWEB上での音源配信、ミクスチャーバンドでの活動など様々なフィールドの中で才能を開花させてゆく。
2012年、daokoやGOMESSなど次世代の才能を輩出してきたレーベル「LOW HIGH WHO?」からリリースされた「Self Ghost」でデビュー。
以降ハイペースで作品を発表し続け、日本語を破壊し再構成するアプローチや独特の声質が徐々に話題となる。
2015年、韓国人ラッパーKeith Apeの『잊지마 (It G Ma) ft. JayAllday, loota, Okasian, Kohh』という曲が突如インターネット上にアップロードされ、このコラボレーションの衝撃も強く両国のHIPHOPファンの中では大きな話題となり、アメリカでこの作品は認知され”Asian Trap”という言葉が生まれた。

Progress feat.Jinmenusagi (Borgore Remix)

SHADOWS
https://open.spotify.com/album/3lw6lI4NfdI3SHH8EsnEWx