Ryan Adams、1年に3枚のアルバムをリリースするとツイッターで予告

Ryan Adams

ライアン・アダムスは今年『ビッグ・カラーズ』という作品を初めとした3枚のアルバムを再びリリースすると発表している。

多作なことで知られるライアン・アダムスだが、最新作は2017年発表の通算17作目『プリズナー』となっている。ライアン・アダムスが1年で3枚のアルバムをリリースしたのは2005年で、『コールド・ローゼズ』、『ジャクソンビル・シティ・ナイツ』、『29』の3枚をリリースしている。今回、ライアン・アダムスは多くの新しい音源があるとして、もう一度3枚のアルバムをリリースする見込みであるという。

「3枚のアルバムをリリースした年があったのを覚えてる?」と現地時間1月7日にライアン・アダムスはツイートしており、自身のパックス・アム・スタジオの写真と共に次のように続けている。「もう一度やってみよう」

ライアン・アダムスはその最初のアルバムとなる『ビッグ・カラーズ』のジャケットとスタジオでの映像も公開している。

昨年、ライアン・アダムスは長年お蔵入りとなっていたアルバム『ブラックホール』を含む複数のアルバムをリリースするとファンにツイートしていた。

彼は名作『ハートブレイカー』のアートワークと共に「このアルバムを書いたのは僕なんだ」と述べている。「17曲の新曲があってね。4枚のアルバムが控えているんだ。誰か聴きたい人はいる?『プリズナー2』と『プリズナー3』、『ブラックホール』、『ライヴ・アット・キャピタル・シアター』、『メイン・ストリートのならず者』のカヴァーのライヴとリハーサルなんだけど」

彼は「僕だけが喜んでて、誰もそうじゃないのか知りたくて尋ねているんだ」と続けている。2枚のライヴ・アルバムも挙げられており、これは2016年7月にニューヨーク州ポート・チェスターでインフェイマス・ストリングダスターズと共に行われた公演と、先月のニューオーリンズ・ジャズ・フェスティバルで披露されたザ・ローリング・ストーンズの全編カヴァー公演で収録されたものとなっている。

『ブラックホール』は10年以上前に遡る作品で、2015年のレコード・ストア・デイにリリースされるのではないかと報じられていたが、いまだリリースされていない。2014年、『NME』に対してアルバムには別バージョンがあることも明かしている。

「一つはヴォーカルとパフォーマンスがめちゃくちゃなものなんだ」と彼は語っている。「2つ目のバージョンは僕が混乱している時にやったものでね。完成させるためには、その部分部分を繋ぎ合わせなきゃならないんだよ。パッチワーク・キルトのようにね。というのも、いくつかのヴォーカルにはあまりにひどくて、リリースできないんだよ」

関連NEWS

  1. ライアン・アダムス、お蔵入りとなっていた『ブラックホール』を含む複数のアルバムのリリースを示唆

  2. RYAN_ADAMS

    Ryan Adams、ohn Mayerが参加した新曲“Fuck The Rain”を公開

  3. ライアン・アダムス、ストーンズの『メインストリートのならず者』を全編演奏するライヴを開催

  4. クリス・コーネル、メタリカやフーファイらが出演する追悼コンサートが開催されることに