Sleater Kinney、St. Vincentのプロデュースで新作に取り組んでいることが明らかに

Sleater Kinney

スリーター・キニーはセイント・ヴィンセントと共に新曲に取り組んでいることを明かしている。

昨年、『NME』のインタヴューの中でセイント・ヴィンセントことアニー・クラークは自身の次のアルバムの前に『ドリアン・グレイの肖像』の映画化に取り組むほか、「いくつかの音源のプロデュース」を手がけると語っていた。

今回、スリーター・キニーはスタジオのコントロール卓にいるセイント・ヴィンセントとの写真を公開しており、プロデューサーに招いたことを明かしている。

View this post on Instagram

Sleater-Kinney. Produced by @st_vincent. 2019. Photo: @jonny_stills

Sleater-Kinneyさん(@sleater_kinney)がシェアした投稿 –

NPRに対してギタリストのキャリー・ブラウンスタインは新作について次のように語っている。「ずっとスタジオに戻ることは計画してたの。問題はいつかってことよね。このアルバムに最大の方針があるとすれば、適切ではなかったツールに依拠しているということだった。比喩的な意味でも、文字通りの意味でも、新しいものを求めていたのよ」

セイント・ヴィンセントは昨年スリーター・キニーの“Modern Girl”をカヴァーしているほか、『マスセダクション』のプロモーションのためにアニー・クラークがインタヴューを受けるコメディ映像でキャリー・ブラウンスタインは脚本を手掛けている。

スリーター・キニーは2015年に10年ぶりとなった最新作『ノー・シティーズ・トゥ・ラヴ』をリリースしている。

セイント・ヴィンセントは『NME』に自身の次回作については「すごくヘヴィーで、ハードになるはずよ」と語っている。

「次がどうなるかは分からないんだけどね」と彼女は続けている。「でも、ずっと持ってる過激なアイディアもあるの。それは『スキニー・パピーとディリンジャー・エスケープ・プランの融合』みたいなものなんだけどね。でも、聴いてもらえれば、音楽がどんなものを求めているか分かるはずよ」

RECOMMEND NEWS

  1. セイント・ヴィンセント、ケリー・リー・オーウェンスによる“New York”のリミックスが公開

  2. セイント・ヴィンセント、最新シングル“Los Ageless”のミュージック・ビデオを公開

  3. Red Hot Chili Peppers

    Red Hot Chili Peppers、BECKらと共に山火事のチャリティ公演に出演

  4. セイント・ヴィンセント、最新作収録の“Slow Disco”のリワーク音源“Fast Slow Disco”を発表

  5. セイント・ヴィンセント、“Fast Slow Disco”のミュージック・ビデオが公開

  6. ロード、NY公演でジャック・アントノフとセイント・ヴィンセントの“New York”をカヴァー

  7. セイント・ヴィンセント、トゥールの楽曲をカヴァーする映像が公開

  8. セイント・ヴィンセント、最新作を2人だけで演奏したアルバム『マスエデュケーション』のリリースを発表

  9. シェリル・クロウ、セイント・ヴィンセント参加の新曲“Wouldn’t Want to Be Like You”が公開

  10. セイント・ヴィンセント、“Slow Disco”の新たなバージョン“Slow Slow Disco”が公開

  11. セイント・ヴィンセントら、ジュールズ倶楽部でのパフォーマンス映像が公開

  12. セイント・ヴィンセント、PARCOのコーポレートメッセージ『SPECIAL IN YOU.』に起用

  13. セイント・ヴィンセント、スタジオ・ライヴでの2曲のパフォーマンス映像が公開

  14. フィオナ・アップルとセイント・ヴィンセントの共演が実現

  15. セイント・ヴィンセント、『マスエデュケーション』より“New York”を米TV番組で披露