Michael Jacksonのドキュメンタリーの監督、性的虐待疑惑を反証できるとする主張に言及

Michael Jackson

マイケル・ジャクソンについての新たなドキュメンタリー『リーヴィング・ネヴァーランド(原題)』で監督を務めたダン・リードは、作品内で彼から性的虐待を受けたと主張するウェイド・ロブソンとジェームズ・セーフチャックの証言を反証できるとするマイケル・ジャクソンの自伝作家からの主張に反応を示している。

『メイキング・マイケル:インサイド・ザ・キャリア・オブ・マイケル(原題)』の著者として知られる、イギリス人ジャーナリストで作家のマイク・スモールクームは先日、『リーヴィング・ネヴァーランド』でのウェイド・ロブソンによる主張について、かつて彼の母親がそれに反する証言をしていたと指摘している。マイク・スモールクームはまた、ジェームズ・セーフチャックによる、マイケル・ジャクソンからネヴァーランドにある駅で虐待を受けていたとする主張の矛盾点も指摘している。

マイク・スモールクームは現地時間3月29日に『ザ・ミラー』誌とのインタヴューに応じて、家族がグランド・キャニオンに出かけてマイケル・ジャクソンと留守番をした時から彼の性的虐待が始まったとする、ウェイド・ロブソンの主張に言及している。マイク・スモールクームはこれに対して彼の母親であるジョイ・ロブソンが1993年に裁判に出廷した際、彼女はウェイド・ロブソンも家族旅行に参加したと宣誓証言していたとして反論している。

「彼の母親であるジョイ・ロブソンはかつて、1993年から1994年にかけての(当時マイケル・ジャクソンから性的虐待を受けたと証言していた)ジョーディ・チャンドラーの裁判に関連して、ウェイドが家族と共にグランド・キャニオンへ出かけ、翌週に家族と共にネヴァーランドに帰ってきたと証言しています」とマイク・スモールクームは述べている。

「ジョイ・ロブソンにはこの証言に関して嘘をつく理由がありませんでした。また、彼女は他の機会にもウェイドがマイケルと一緒にいたことを公に認めています」

「ジョイ・ロブソンは『私たちがグランドキャニオンに行っている1週間の間、ウェイドはマイケルと共に残っていました』と言うこともできたはずなのです。そうなっていたら、状況は変わっていたでしょう」

また、マイク・スモールクームは現地時間3月30日にも『ザ・ミラー』誌の取材に応じており、ジェームズ・セーフチャックによる主張の矛盾点を指摘している。

ジェームズ・セーフチャックは2014年にマイケル・ジャクソンの遺産管理団体を相手取って起こした裁判で、14歳になるまでの1988年から1992年の間にマイケル・ジャクソンから虐待を受けていたと証言している。現在41歳のウェイド・ロブソンはドキュメンタリーの中で、ネヴァーランドにある駅の2階でマイケル・ジャクソンから虐待されていたと主張している。

マイク・スモールクームは今回、1993年の9月2日に発行された、ネヴァーランド内に鉄道を設立する許可書を発見したことを明かしている。「セーフチャックの証言に欠けているのはこの部分です」とマイク・スモールクームは述べている。「ネヴァーランドでの鉄道建設は1993年の後半になるまで始まっておらず、セーフチャックが16歳になる1994年の初めごろになってようやくオープンしたのです」

「つまり、彼が証言しているように1992年に虐待が止んだのであれば、当時は駅が存在していなかったのですから、駅の中で虐待するのは不可能なのです。そこには2年の差があります」

『リーヴィング・ネヴァーランド』で監督を務めたダン・リードはツイッターでマイク・スモールクームの主張に反応を示し、鉄道を設立する許可書の日程に誤りがあったことを認めながらも、日程の信憑性よりも性的虐待を受けたとするジェームズ・セーフチャックの主張を信用していることを示している。

「確かに、どうやら駅の日程に関して(誤りであったこと)は間違いなさそうです」とダン・リードはツイートしている。「彼らは虐待が終わった日を間違えていたのです」

マイク・スモールクームは『ザ・ミラー』誌とのインタヴューに改めて応じて、ダン・リードからの反論について「恥ずべきこと」だと語っている。

「物語の誤りが暴かれてしまったので、リードは今、セーフチャックのタイムラインに自身で変更を加える必要に迫られているのでしょう」とマイク・スモールクームは述べている。「第一に、私は彼がセーフチャックの肩を持っていることにショックを覚えています。二つ目に、その一部が反証されてしまったために、1992年に虐待が止んだとする物語の時系列に彼は変更を加えようとしており、これは恥ずべきことです」

彼は次のように続けている。「こうした疑惑を額面通りに受け取り、きちんと吟味せずに事実関係の調査を怠ると、こういうことが起きてしまうのです」

マイク・スモールクームは現地時間3月31日に行った『NME』とのインタヴューで次のように語っている。「これらの二つの主張は特に詳細に語られ、とりわけウェイド・ロブソンの主張については、彼らの主張を裏付ける上でのドキュメンタリーの核の部分になっています」

「これらは必ずしもマイケル・ジャクソンによる虐待の可能性を排除することにはなりませんが、これらの話が捏造されていたものなのであれば、他の主張についても懐疑的な目が向けられることになるでしょう」

マイク・スモールクームはまた、この問題に関する調査を始めるに至ったきっかけについても語っている。

「この問題に関する調査を始めた背景には、最初から存在しなかったバランスをそこに与えるという目的がありました。ドキュメンタリーでは、2人の主張の信憑性を確かめようともしていなければ、数百万ドルの大金が目的だと2人を責めることもありません」とマイク・スモールクームは語っている。「このドキュメンタリーは、映画制作やジャーナリズムにおけるあらゆる規範や倫理に反しているのです」

「ドキュメンタリーについての報道もまた、残忍なものです。記者たちは記事を反芻させるような報道をするばかりで、もう一方の主張に頭を悩ませようともしません。彼らはおそらく、自分たちの評判に傷がつくことを懸念しているのでしょう。しかしながら、いかなる代償を払ってでも真実を追い求めることこそがジャーナリズムなのです」とマイク・スモールクームは述べている。

一方、監督のダン・リードは先日、2人の告発者を嘘つきだと批判したマイケル・ジャクソンの遺産管理団体に対し、彼らの主張は「議論を崩壊させる」ものだとしてこれに反論している。

ダン・リードは『ガーディアン』紙に寄せた記事の中で、ウェイド・ロブソンがかつて2004年の裁判でマイケル・ジャクソンを擁護する証言をしていたことに対する批判に反論している。

「ウェイドは作品の中で、愛していたジャクソンが刑務所に行く姿を見たくなかったために偽証を余儀なくされたと主張しています」とダン・リードは綴っている。

ダン・リードは当時のウェイド・ロブソンにとって「真実を伝えることなどもってのほか」だったとして上で、次のように続けている。「彼は自分の心を伝えられたことがありませんでした。それは母親に対してでもそうです。マイケル・ジャクソンの陣営は彼のことを疑いようのない嘘つきだと呼んでいますが、この議論は少しでも常識を持ち込めば崩壊してしまうものなのです」

「彼は当時、嘘をついていたのでしょうか? それとも、今になって嘘をついているのでしょうか? この2つを両立させることはできないのです」

ダン・リードは以前、サンダンス映画祭で行った質疑応答の中で、マイケル・ジャクソンの遺産管理団体や友人、協力者らに作品に対して意見をする権利を与えなかったことを認めている。

マイケル・ジャクソンの遺産管理団体は彼に向けられたあらゆる疑惑を否定している。マイケル・ジャクソンは生前、自身に向けられていたあらゆる疑惑を否定していた。

関連NEWS

  1. Michael Jackson

    Michael Jackson、『スリラー』がアメリカで34xマルチ・プラチナ・ディスクに認定

  2. Michael Jackson

    トランプ大統領の息子、Michael Jacksonと過ごした体験を踏まえて父は人種差別主義ではないと主張

  3. ガンズ・アンド・ローゼズの元マネージャー、スラッシュとマイケル・ジャクソンの共演について語る

  4. THE STRUTS

    THE STRUTS、Paris Jacksonとコラボした新曲「Low Key in Love」が公開

  5. Guns N' RosesのSlash

    Guns N’ RosesのSlash、Michael Jacksonのドキュメンタリーに言及

  6. THE STRUTS&Paris Jackson

    THE STRUTS&Paris Jackson、「Low Key in Love」のMV公開

  7. Michael Jackson

    Michael Jackson、性的虐待を訴えていた2人による訴訟が新局面に突入する可能性が浮上

  8. Nirvana

    NirvanaやMichael Jacksonの音源をドリルのビートとミックスした音源が話題に

  9. Michael Jackson

    Michael Jackson、ドキュメンタリーをめぐる遺産管理団体とHBOの裁判が依然として続くことに

  10. Michael Jackson

    Michael Jacksonの甥、物議を醸したマーティン・バシールによる番組について語る

  11. マイケル・ジャクソン、未公開インタビュー含むドキュメンタリー作品のトレイラーが公開に

  12. Michael Jackson

    Michael Jackson、92年のブカレスト公演の映像がYouTubeで公開

  13. Michael Jackson

    Michael Jackson、性的虐待について棄却された裁判が再び行われる可能性が浮上

  14. Michael Jackson

    Michael Jackson、遺産管理団体をウェイド・ロブソンが訴えていた裁判が棄却

  15. Michael Jackson

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』のプロデューサー、Michael Jacksonの生涯の映画化権を獲得

  1. Charlie Watts

    Ringo Starr、Charlie Wattsに追悼の意を表明

    2021.09.26

  2. Snail Mail

    Snail Mail、セカンド・アルバムのリリースを発表&新曲「Valentine…

    2021.09.26

  3. Kehlani

    Kehlani、来たるサード・アルバムより新曲「Altar」のMV公開

    2021.09.26

  4. Parcels

    Parcels、セカンド・アルバムのリリースを発表&新曲「Somethinggre…

    2021.09.26

  5. Ed Sheeran

    Ed Sheeran、授賞式でのライヴが好きになれない理由を語る

    2021.09.26

  6. Paul McCartney

    Paul McCartney、ロンドンで新刊について語るイベントが開催される…

    2021.09.26

  7. Charlie Watts

    Charlie Watts、関係者が葬儀の様子を明かす

    2021.09.26

  8. JOIN ALIVE

    JOIN ALIVE 2021、演奏予定だったセットリスト公開&アーティストグ…

    2021.09.26

  9. John Lennon

    John Lennon、未発表曲をデンマークで録音した音源がオークションに…

    2021.09.26

  10. Todd rundgren、Kanye West

    Todd rundgren、Kanye Westの最新作を手伝ったフラストレーションに…

    2021.09.26

  1. THE SOLAR BUDOKAN

    THE SOLAR BUDOKAN 2021 ONLINE タイムテーブルを発表

    2021.09.17

  2. オハラ☆ブレイク

    オハラ☆ブレイク’21秋mini、追加出演アーティスト&出演…

    2021.09.10

  3. Local Green Festival

    Local Green Festival’21 開催中止

    2021.08.25

  4. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL’21 YouTube ライブ配信 タイムテーブル発…

    2021.08.18

  5. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL’21、YouTubeでのライヴ配信アーティストが決定

    2021.08.16

  6. Slow LIVE

    “大人のミニフェス”Slow LIVE in 恵比寿Garden、オープニングアクト…

    2021.08.11

  7. JOIN ALIVE

    JOIN ALIVE 2021、出演ステージ&タイムテーブル発表!

    2021.07.14

  8. ROCK CIRCUIT 2021 in EZO、全出演者・詳細発表!

    2021.07.14

  9. GREENROOM BEACH

    GREENROOM BEACH、第2弾出演アーティストを発表

    2021.06.30

  10. SUPERSONIC 2021

    SUPERSONIC 2021、ZEDD、KYGO、DIGITALISMら出演アーティストを発表

    2021.06.18