Solange、コーチェラ・フェスティバルへの出演がキャンセルとなったことが明らかに

Solange
ソランジュはコーチェラ・フェスティバルへの出演がキャンセルとなることが発表されている。 ソランジュは「大きなプロダクションの遅れ」のために出演をとりやめることを発表している。ソランジュは土曜日となる4月13日と4月20日に出演する予定となっていた。 「彼女は心からの謝罪を寄せており、今後コーチェラでパフォーマンスを行うのを楽しみにしています」とフェスティバル側は発表している。 ソランジュは5月にバルセロナで開催されるプリマヴェーラ・サウンドや6月に開催されるボナルー・フェスティバルにも出演する予定となっている。 コーチェラ・フェスティバルはステージの設営中にスタッフの1人が亡くなったことも明らかになっている。 「TMZ」の報道によれば、事故は亡くなったスタッフが現地時間4月6日の午前中にカリフォルニア州インディオのエンパイア・ポロ・クラブでステージを設営していた時に起きたものだという。目撃者によれば、そのスタッフはステージを囲んでいた60フィート(約18メートル)の高さの足場から転落したのだという。 転落した原因は明らかになっていないものの、情報筋によればステージに舞台装置を設置しようとしていたというこのスタッフは、安全のためのハーネスを繋いでいなかったのだという。

関連NEWS

  1. Solange

    Solange、最新作より“Almeda”のMVが公開

  2. Solange

    Solange、最新作より“Way to the Show”のMVが公開

  3. Solange

    Solange、最新作より更なるMVが公開

  4. Solange

    Solange、最新作より“Binz”のMVが公開