Lady Gaga、映画『ザ・ファブル』の主題歌に“Born This Way”が決定

Lady Gaga

レディー・ガガは映画『ザ・ファブル』の主題歌に“Born This Way”に起用されることが決定している。

映画『ザ・ファブル』は岡田准一主演の作品で、彼が殺すことを禁じられた殺し屋を演じるものとなっている。

主題歌決定に合わせて主題歌を起用した予告編も公開されている。

レディー・ガガ側との交渉は困難を極めたとのことで、昨年からの粘り強い交渉の末、彼女の代表曲であり、世界的名曲と呼び声の高い“Born This Way”を主題歌として提供するという異例のコラボレーションが実現したという。

プロデューサーは主題歌について次のように語っている。「レディー・ガガさんは世界的に人気のアーティストであり、また日本の映画に楽曲を提供されたことはこれまで一度もないため、非常にハードルが高いことが予想されました。しかし、この映画を日本映画の枠を超えていく作品にしたいという想い、そして岡田准一さんをはじめ豪華な俳優陣に演じていただいた個性的すぎるキャラクターたちをまるごと包み込めるくらいのスケール感あるアーティストに主題歌をお願いしたいという想いから、思い切って提案をしたところ、ご快諾いただけました」

「我々製作側の強い想いを実際にアメリカに足を運んでレディー・ガガさんの関係者の方に伝える機会をユニバーサルミュージックさんがご用意してくれたこと、そしてレディー・ガガさんが日本という国をとても大切に思ってくれていることが実現の理由ではないかと思います」

「今回主題歌に起用させていただいた曲は、レディー・ガガさんの人気と実力を世に知らしめた代表曲“Born This Way”です。『あなたの人生はそのままで素晴らしい』という強いメッセージを放つこの曲は、特殊な環境の中で必死に生きる主人公のファブル/アキラをはじめ、様々な事情を抱えるすべてのキャラクターたちの人生を肯定してくれる内容になっており、映画の世界観とも合致します。映画と音楽の最高のハーモニーをぜひ映画館で楽しんでいただけたらと思います」

映画の概要は以下の通り。

映画「ザ・ファブル」
2019年6月21日(金)全国公開
原作:南勝久「ザ・ファブル」(講談社「ヤングマガジン」連載)
監督:江口カン
脚本:渡辺雄介
配給:松竹
松竹・日本テレビ共同幹事作品
出演:岡田准一、木村文乃、山本美月、福士蒼汰、柳楽優弥、向井理、木村了、井之脇海、藤森慎吾、宮川大輔、佐藤二朗、光石研、安田顕、佐藤浩市

関連NEWS

  1. Lady Gaga、Rihanna、Kacey Musgraves

    Lady Gaga、Rihanna、Kacey Musgravesら、アラバマ州の中絶禁止法成立を批判

  2. レディー・ガガ、『アリー/スター誕生』のサントラより“Shallow”のミュージック・ビデオが公開

  3. レディー・ガガ、メンタル・ヘルスの問題について言及したエッセイを寄稿

  4. 映画『アリー/スター誕生』、当初ジャック・ホワイトが主人公に想定されていたことが明らかに

  5. Madonna

    Madonna、Lady Gagaとの敵対関係について自身の考えを語る

  6. レディー・ガガ、映画『アリー/ スター誕生』のサウンドトラックが10/5にリリースされることが決定

  7. Lady Gaga

    Lady Gaga、自身のコスメティック・ラインを販売することを発表

  8. ブラッドリー・クーパー、Lady Gagaらと共に『アリー/スター誕生』の一夜限りの公演を行う可能性を示唆

  9. Elton John、Lady Gaga

    Elton John、Lady Gagaのアカデミー賞受賞に家を賭けると発言

  10. Lady Gaga

    Lady Gaga、新恋人と噂される男性の元妻が2人の交際に言及

  11. レディー・ガガ、全裸の写真をインスタグラムに投稿

  12. レディー・ガガ、俳優のブラッドリー・クーパーとの仕事が自分を「変えた」と語る

  13. レディー・ガガ、『アリー/スター誕生』のサントラより“Always Remember Us This Way”のビデオが公開

  14. Bradley Cooper、Lady Gaga

    Bradley Cooper、Lady Gagaとのアカデミー賞授賞式出演について「身のすくむ思い」と語る

  15. Kendrick LamarやLady Gagaら、第76回ゴールデン・グローブ賞にノミネート