Slipknot、オリジナル・ブランドのウィスキーを発売することを発表

Slipknot

スリップノットは地元アイオワ州にある蒸溜所のセダー・リッジ・リヴァースとコラボして「No.9 アイオワ」と銘打ったオリジナル・ウィスキーを販売することを発表している。

「共にアイオワ州に生まれ育ったスリップノットとセダー・リッジ蒸留所の2組はこれまで高品質とハードワークを追い求めてきたんだ」とスリップノットのクラウンことショーン・クラハンは発表に際して述べている。「俺たちがコラボレーションした『No.9 アイオワ・ウィスキー』には、アイオワ産のトウモロコシに加え、ライ麦由来のスパイスが入っている。俺たちと同じくらい、みんなにも楽しんでもらえることを願っているよ。人生を愛そう。健康には気をつけて」

ウィスキーはスリップノットの待望のニュー・アルバム『ウィ・アー・ノット・ユア・カインド』がリリースされる翌日の現地時間8月10日に「全米50州」で発売される。

また、ウィスキーは来たるスリップノットの大規模な北米ツアー「ノットフェス・ロードショウ」の会場でも販売されるという。アルコール度数45%の「No.9 アイオワ」は39ドル99セント(約4300円)で販売されるほか、アルコール度数49.5%の「No.9 リザーヴ・アイオワ」は69ドル99セント(約7600円)で販売される。

ウィスキーについての詳細はこちらから。

https://www.slipknotwhiskey.com/

一方、スリップノットのギタリストであるジム・ルートは先日、新作『ウィ・アー・ノット・ユア・カインド』について2001年発表の『アイオワ』のようなサウンドになっているという噂を否定している。

フロントマンであるコリィ・テイラーは昨年、新作について「『アイオワ』くらいへヴィ」なアルバムになると語っていたほか、「ファースト・アルバムと『アイオワ』が交差しているような感じ」になっているとも語っていた。

しかしながら、ジム・ルートは先週末に出演したダウンロード・フェスティバルに先駆けて行われたインタヴューの中で、来たる新作と『アイオワ』のサウンドにはそれほど類似性がないと語っている。

関連NEWS

  1. KNOTFEST JAPAN 2020

    「KNOTFEST JAPAN 2020」2021年1月に振替公演が決定、出演者も発表

  2. Corey Taylor

    Corey Taylor、2007年にANTHRAXに加入しようとした話を語る

  3. Slipknot

    SlipknotのCorey Taylor、自分抜きでもバンドが続いていく可能性について語る

  4. Slipknot

    SlipknotのJim Root、故Paul Grayが夢に度々現れると語る

  5. Jay Weinberg

    SlipknotのJay Weinberg、George Floydの死に対する見解を表明

  6. Chris Fehn

    元SlipknotのChris Fehn、代わって加入した新メンバーを憎まないようにファンに要請

  7. Slipknot

    Slipknotのショーン・クラハン、22歳の娘が亡くなったことを明かす

  8. Slipknot

    SlipknotのSid WilsonとKellly Osbourne、第一子を妊娠したことを発表

  9. Corey Taylor

    Corey Taylor、ソロ作より新曲“HWY 666”のリリック・ビデオが公開

  10. KNOTFEST JAPAN

    KNOTFEST JAPAN2020振替公演、Triviumの出演が決定

  11. Slipknot

    Slipknotの“Psychosocial”を25組のアーティスト風に歌い分けた動画が話題に

  12. Jay Weinburg

    Jay Weinburg、SUICIDAL TENDENCIESに加入したことを発表

  13. Slipknot

    Slipknot、謎の予告動画を公開&5/16に新マスクを公開か

  14. Corey Taylor

    Corey Taylor、通算7作目の新作が完成したことを明かす

  15. Long Live Rock...Celebrate The Chaos

    ドキュメンタリー「Long Live Rock…Celebrate The Chaos」のトレイラー映像が公開