Ed Sheeran、Taylor Swiftとスクーター・ブラウンの騒動について沈黙を破る

Ed Sheeran

エド・シーランはテイラー・スウィフトとスクーター・ブラウンの騒動について沈黙を破っている。

スクーター・ブラウンはスコット・ボーチェッタによるビッグ・マシーン・レーベル・グループを3億ドル(約324億円)で購入したことが明らかになっている。ビッグ・マシーン・レーベル・グループはテイラー・スウィフトのデビュー・アルバム『テイラー・スウィフト』から2017年発表の『レピュテーション』までの権利を保有している。

このニュースを受けてテイラー・スウィフトはソーシャル・メディアで遺憾の意を表明している。「世間にも発表された今、スクーター・ブラウンが私のマスター音源を購入したことを知りました。それで思うのは彼から長年受けてきた、巧みに操られた執拗ないじめのことです」

テイラー・スウィフト、そしてスクーター・ブラウンがマネージメントを手がけるジャスティン・ビーバーとも友人関係が知られているエド・シーランだが、インスタグラムで今回の買収劇について初めて言及している。

あるユーザーが「何も投稿していないからって彼が彼女を支持していないということにはなりません。多分、彼は彼女を話をしているのです。誰が分かると言うのでしょう。その友人関係を疑問視することはできません。だって、ソーシャルで何も言わないのは、それが現実じゃないからです。彼は最も彼女のことを支持しています。だって親友ですから。彼は直接話せることをインスタグラムに書いて時間を無駄にしなかっただけです」とコメントすると、エド・シーランは次のように述べている。「彼女とは直接話をしたよ。いつもそうしているようにね」

この問題についてはジャスティン・ビーバーがスクーター・ブラウンを擁護するメッセージをテイラー・スウィフトに宛てて送っているほか、ケイティ・ペリーはテイラー・スウィフトの現在の所属レーベルであるリパブリック・レコーズから過去の6作品を再リリースすることを求める署名活動に署名している。

テイラー・スウィフトは昨年11月にリパブリック・レコーズとユニバーサル・ミュージック・グループと複数年に及ぶレコード契約を締結している。15歳の時に結んだビッグ・マシーン・レコーズとの契約は終了を迎えていた。

テイラー・スウィフトの契約はユニバーサル・ミュージック・グループのスポティファイの収益がアーティストに直接支払われることを保証するもので、今後のマスター音源はテイラー・スウィフトが所有することも明らかになっていた。

関連NEWS

  1. Ed Sheeran、ONE OK ROCK

    Ed Sheeran、ONE OK ROCKとパフォーマンスした「シェイプ・オブ・ユー」パフォーマンス映像が公開

  2. Billie Eilish

    2020年の世界の音楽ソフト売上、2002年以来の高水準となる数字を記録

  3. Katy Perry

    Taylor Swift、関係修復の証としてKaty Perryにクッキーを贈る

  4. テイラー・スウィフト、11月に来日公演が決定

  5. Taylor Swift

    Taylor Swift、Kanye Westの受賞スピーチ乱入事件について記した日記が公開

  6. Taylor Swift

    Taylor Swift、「最も影響力のある100人」に選ばれたことを受けてパフォーマンスを披露

  7. Taylor Swift

    Taylor Swift、映画『キャッツ』の撮影で大量のプレゼントを配っていることが明らかに

  8. Ed Sheeran

    Ed Sheeran、父親になると報道

  9. Taylor Swift

    Taylor Swift、Scooter Brownらとの騒動で彼女を支持する請願書に6万人以上が署名

  10. Bruno

    Ed Sheeran、Bruno Mars&Chris Stapletonとのコラボによる新曲が公開

  11. Apple Music

    Apple Music、2019年に日本で最も再生されたトップ100のプレイリスト公開

  12. Taylor Swift

    Taylor Swift、“You Need To Calm Down”のビデオの出演者が彼女を擁護

  13. Taylor Swift

    Taylor Swift、学校に資金を提供するため最新作で学生の合唱団のコーラスをサンプリング

  14. Taylor Swift

    Taylor Swift、2020年の大統領選挙に向けてドナルド・トランプ大統領を痛烈に批判

  15. Taylor Swift

    Taylor Swift、ライヴ・パフォーマンスが新作に与えた影響について語る

  1. Sufjan Stevens

    Sufjan Stevens、5部構成の新作をリリースすることが決定&新曲が公…

    2021.04.15

  2. WANIMA

    WANIMA、6th Single「Chilly Chili Sauce」のオフィシャルインタビ…

    2021.04.15

  3. Anyango

    Anyango(アニャンゴ)、初の全曲日本語詞アルバム「KANKI」5/9(日)…

    2021.04.15

  4. Billy Martin

    Billy Martin、来たる新作より新曲「Creature of Mine」が公開

    2021.04.15

  5. Bully

    Bully、最新作より「Where To Start」のMV公開

    2021.04.15

  6. Rostam

    元 Vampire WeekendのRostam、新曲「Changephobia」の音源が公開

    2021.04.15

  7. The Mighty Mighty BossTones

    The Mighty Mighty Bosstones、来たる新作より新曲「The Killing of…

    2021.04.15

  8. Mick Jagger

    Mick Jagger、Dave Grohlとの新曲「Easy Sleazy」を語る

    2021.04.15

  9. 圭

    「僕はこの道を進んで行く」 。圭という一人のアーティストが誕生し…

    2021.04.14

  10. Lil Nas X

    Lil Nas X、最新シングル「Montero (Call Me By Your Name)」が削除…

    2021.04.14

  1. JOIN ALIVE

    2021年「JOIN ALIVE」の開催が決定

    2021.04.13

  2. ARABAKI ROCK FEST

    ARABAKI ROCK FEST.20th×21、GTR祭2021 ゲストアーティスト発表

    2021.04.02

  3. GREENROOM FESTIVAL

    GREENROOM FESTIVAL ’21、第2弾出演アーティストにASIAN KUNG-FU GE…

    2021.04.01

  4. METROCK

    大阪「METROCK」にMAN WITH A MISSION、WANIMA、[Alexandros]、King…

    2021.04.01

  5. FRF

    FUJI ROCK FESTIVAL’21、「コロナ禍で開催する特別なフジロッ…

    2021.03.26

  6. OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL

    OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL vol.11、出演アーティスト20組発表

    2021.03.22

  7. RISING SUN

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2021 in EZO 開催決定

    2020.06.01

  8. I ROCKS 20&21

    LACCO TOWER主催 『I ROCKS 20&21』 26組の第一弾出演アーティ…

    2020.06.01

  9. JOIN ALIVE

    JOIN ALIVE 2020 開催中止を発表

    2020.04.14