奥田民生 セルフカバー曲「与える男」をマルチトラック音源で発売

2017年からスタートし、奥田民生にとってもはやライフワークのようになりつつあるレコーディング企画“カンタンカンタビレ”。

YouTubeでそのレコーディングの模様を多数公開しているが、納得がいかず演奏し直すことになっても、機材を扱っている際に感電しても、とにかく毎回奥田民生が楽しそうだ。

この企画では、セルフカバー曲をメインに21曲を制作し、うち20曲は配信限定でリリースしたが、vol.20「働く男」のみ、“奥田民生オリジナルモデルMTR「DP-008EX-OT」”にプレインストールされた状態での発売、という異例の試みを行った。

そして1週間ほど前から本日までに、「与える男」(ユニコーン曲のセルフカバー/作詞・作曲:奥田民生)のレコーディングの模様が全6本公開となり、前述のMTRで再生・録音・編集が可能なマルチトラック音源データをダウンロード販売することが決定、本日より購入が可能となった。レコーディングの模様は、DP-008EX-OTスペシャルサイトで視聴でき、マルチトラック音源の購入も同サイトから可能となっている。

“カンタンカンタビレ”vol.22 「与える男」 マルチトラック音源データ

発売日:7/22(月)より
内容:①「与える男」マルチトラック音源データ ②ジャケット写真データ ③ギターコード譜付き歌詞カードデータ ④取扱説明書「カンタンガイド」
価格:926円+税
レコーディング動画&マルチトラック音源のご購入はこちらから
DP-008EX-OTスペシャルサイト:http://okudatamio.jp/special/dp-008ex-ot/
※このデータは、TASCAMのポータブルMTR<DP-008EX-OT>で再生、録音、編集が可能です。一般的な音楽再生機器・アプリ等ではお聞きいただけません。

関連NEWS

  1. DUBFORCE

    屋敷豪太プロデュース chidoriya rocks 70th 第三弾アーティストとしてDUBFORCEが発表

  2. chidoriya rocks 70thの第2弾アーティストに 奥田民生、屋敷豪太率いるスペシャルバンド発表

  3. 京都で開催される屋敷豪太プロデュースイベントに奥田民生、MANNISH BOYS、宮川町舞妓、芸姑が出演