FOALS、今年リリースされる2部作の後編のティーザー映像が公開

FOALS

フォールズは来たるニュー・アルバム『エヴリシング・ノット・セイヴド・ウィル・ビィ・ロスト・パート2』のティーザー映像が公開されている。

7月25日に2部作の1作目となる『エヴリシング・ノット・セイヴド・ウィル・ビィ・ロスト・パート1』が今年のマーキュリー・プライズにノミネートされたことが発表されたフォールズだが、今回、今年のリリースが見込まれている2作目のティーザー映像が公開されている。

公開された15秒の映像は、花が一面に飾られた壁を映した映像に、新作に収録される楽曲の一部と思われる音源が流れるというもので、キャプションには一言「間もなく」と記されている。

フォールズは現地時間7月25日にマーキュリー・プライズのノミネートを発表する式典で『NME』のインタヴューに応じて、新作について1作目から始まった「旅を完結」させる「ロック・アルバム」になると語っている。

「『パート2』はよりヘヴィなアルバムになっているんだ。ギターがより強調されているし、盛大なリフも入っている」とフロントマンのヤニス・フィリッパケスは語っている。「新作はロック・アルバムで、言うまでもなく『パート1』の物語を踏襲したものになっている。『パート1』は激しい炎や破壊的なイメージで完結したわけだけど、『パート2』はそこにアンサーを返そうとしているんだ。『残骸の中や焼け野原となった地球で、どうやって生き残っていけるのか?』というね」

「みんなに聴いてもらうのが待ちきれないよ。1年半にわたって歩いてきた旅路を完結させるものになっているんだ」

フォールズは6月にグラストンベリー・フェスティバルにシークレット・アクトとして出演した際にも『NNE』のインタヴューに応じており、来たる『パート2』についてさらに語っている。

「マスタリングが終わった段階で最初から最後まで聴いたんだけど、とても盛大なものになっていてね」とドラマーのジャック・ビーヴァンは語っている。「まさにバンガーという感じなんだ。誰も『パート2』がそういう風になっているとは思わないんじゃないかな。シニカルな人間として個人的に思うのは、誰かが2部作のアルバムを作るとなった時に、1作目にすべてを詰め込んで、2作目は退屈な曲ばかりになっているということを想定するわけでね。僕らはそれをひっくり返したという感じなんだ」

関連NEWS

  1. Foals

    Foals、待望の新作の楽曲を含むライヴ映像が公開

  2. Foals

    Foals、週半ばのチャート速報で自身初となる全英1位へと向かっていることが明らかに

  3. Radiohead

    Radioheadら、地元の音楽誌を支援するために貴重な品を提供

  4. Foals

    FoalsのYannis、CamelPhatとのコラボレーション曲“Hypercolour”が公開

  5. Foals

    Foals、来たる新作より“Into The Surf”の音源が公開

  6. Foals

    Foals、Mark Ronsonの楽曲をカヴァーしたスタジオ・ライヴ映像が公開

  7. BRIT AWARDS

    BRIT AWARDS2020の受賞者発表

  8. Foals

    Foals、カムバック・シングル「Wake Me Up」を来週リリースすることを発表

  9. Foals

    Foals、来日公演が予定通り開催

  10. Foals

    Foals、2020年3月に行われる来日公演の日程が決定

  11. mercurys

    Mercurys、2019年の候補作が発表に

  12. Foals

    Foals、今年リリースされる2部作の後編について「ロックなアルバム」になると語る

  13. フォールズ、ベーシストの脱退を発表

  14. Foals

    Foals、2部作の後編となるニュー・アルバムの発売日が決定

  15. Foals

    Foals、来日公演を前にレーベル・サイトにロング・インタヴュー掲載