PixiesやSoundgardenのメンバーが参加したLove Fame Tragedy、新曲2曲が公開

Love Fame Tragedy

ザ・ウォンバッツのシンガーであるマーフはスーパーグループによるサイド・プロジェクト、ラヴ・フェイム・トレジェディから2曲の新曲を公開している。

“Backflip”と題された新曲にはピクシーズのギタリストであるジョーイ・サンティアゴ、アルト・ジェイのキーボーディストであるガス・アンガー・ハミルトン、サウンドガーデンのドラマーだったマット・チェンバレン、シンガーのローレン・アキリーナが参加している。“Backflip”のミュージック・ビデオはタイラー・カニンガムが監督を務めており、テレビ・ドラマ「ブラック・ミラー」に影響を受けたものとなっている。

さらに“Brand New Brain”という新曲も公開されている。

ラヴ・フェイム・トレジェディはデビューEP『アイ・ドント・ウォント・トゥ・プレイ・ザ・ヴィクティム、バット・アイム・リアリー・グッド・アット・イット』が9月27日にリリースされる。EPには“Pills”という楽曲や6月にリリースされた“My Cheating Heart”が収録される。

“Backflip”についてマーフは次のように語っている。「ジョーイがギターを弾いているのを聴くと、これは彼だと言えるわけでね。それはガスが選んだキーボードのメロディもそうだし、彼の特徴的な声にも言えるよね。自分自身のサウンドを弾くことのできるミュージシャンとやれたことは素晴らしかったよ。少なくとも自分の頭で考えていた10倍はよくなったからね」

ジョーイ・サンティアゴは今回の参加について次のように語っている。「独自のひねりを加えようとしたんだ。すごく早かったし、簡単なことだった。マーフが彼の求めているものがよく分かっていて、彼は才能のある人だよね」

6月に“My Cheating Heart”がリリースされた時にラヴ・フェイム・トレジェディを始めた理由について『NME』に次のように語っている。「ゴリラズとソロ・プロジェクトの間のようなものなんだ」

彼はこのプロジェクトがザ・ウォンバッツの終焉を意味するわけではないとして次のように続けている。「バンドのほうはすべてが順調なんだけど、何か新しいことをやる時だと思ったんだよね」

関連NEWS

  1. サウンドガーデンのメンバー、クリス・コーネルの死後初めて共演することに

  2. Robb Flynn

    Machine HeadのRobb Flynn、Chris Cornellの没後2周年を記念した追悼公演の開催を発表

  3. Chris Cornell

    Chris Cornell、“Ground Zero”のアコースティック・パフォーマンス映像が公開

  4. クリス・コーネルの銅像、シアトルのポップ・カルチャー博物館で公開

  5. Pixies

    Pixies、「Beneath The Eyrie」より新曲“St. Nazaire”の音源が公開

  6. Pixies

    Pixies、9月リリースの新作より新曲“Catfish Kate”のビデオが公開

  7. Chris Cornell

    Chris Cornell、ブラッド・ピットがドキュメンタリーを制作していることが明らかに

  8. デイヴ・ナヴァロ、クリス・コーネルが亡くなった時の喪失感をトム・モレロに語る

  9. クリス・コーネル、息子が出演した“When Bad Does Good”のミュージック・ビデオが公開

  10. Chris Cornell

    Chris Cornell、遺産をめぐって2人の妻が争うことに

  11. Chris Cornell

    Chris Cornell、MetallicaやFoo Fightersらが出演した追悼コンサートの映像がオンラインに

  12. クリス・コーネル、キャリア全体に及ぶボックスセットが11月にリリースされることに

  13. ザ・ウォンバッツ、最新作より“Turn”のミュージック・ビデオが公開

  14. ピクシーズ、デビュー作『サーファー・ローザ』の30周年を記念したボックスセットの発売が決定

  15. The Rolling StonesのMick Jagger、精力的にダンスのリハーサルを行う映像が公開