Soundgarden、弁護団がユニバーサルに火災で音源が失われた証拠を要求

Soundgarden

サウンドガーデンは、2008年にユニバーサル・スタジオ・ハリウッドで起きた大規模火災を巡って、代理人の弁護団がバンドのオリジナル・マスターテープが焼失したことを示す証拠を要求しているという。

2008年6月1日の火災ではニルヴァーナ、R.E.M.、ベック、ジャネット・ジャクソン、ナイン・インチ・ネイルズといった100組以上のアーティストのマスターテープが失われたと報じられている。

他に音源が焼失したと報じられているアーティストには、ブリンク182、ウィーザー、グウェン・ステファニー、リンプ・ビズキット、ミート・ローフ、ジミー・イート・ワールドらの名前も挙がっている。

今回サウンドガーデンの弁護団は、2008年のユニバーサル・スタジオの火災に関してユニバーサル・ミュージック・グループが所持していると見られる重要証拠を引き渡すよう要求している。

米『ビルボード』誌によれば、弁護団はさらに、どの音楽グループのオリジナル・マスターテープが焼失したのか、また、その損失の保険金は確保されたのかどうかを明らかにする重要情報を引き渡すようユニバーサル・ミュージック・グループに求めているという。

今回の要求は、先日ホール、ツー・パック、トム・ペティー、スティーヴ・アールのマスターテープが実際には失われていなかったことが明らかになったことを受けて行われたものとなっている。

「この裁判では、ユニバーサル・ミュージック・グループは法廷での本案よりもむしろメディアでの巧言によって訴訟を闘いたいと思っているのです」とサウンドガーデンの法律顧問は語っている。「ユニバーサル・ミュージック・グループはいかなる発覚を生むことも拒否しているのです」

一方、ユニバーサル・ミュージック・グループのスポークスマンは声明の中で次のように述べている。「原告の弁護団は自暴自棄になってきたようですね」

「弁護団は彼らのクライアント5組のうち4組のマスターテープが焼失していなかったこと、そして実際にユニバーサル・ミュージック・グループが所持していたマスターテープが火災の被害を受けた残る1組についても、そのグループは何年も前からそのことを認知しており、ユニバーサル・ミュージック・グループと協働してハイクオリティーな代替音源でリイシューを行うことにも成功していたということが分かった今となっても、馬鹿げた要求を繰り返し、無益な訴訟を続けるために更なるクライアントを引き入れようとしているのです。ですから、あの火災で弁護団のクライアントの音楽の利用可能性が狭まったわけではまったくないこと、そしてクライアントへの賠償に何の変化もないことが確定しているわけで、そんな今となっては弁護団のモチベーションは一体どこにあるんでしょうか?」

今年、サウンドガーデンは亡くなったクリス・コーネルの残したデモを用いてニュー・アルバムを作りたいと思っていることを明かしている。

関連NEWS

  1. Chris Cornell

    Chris Cornell、Brad Pittらが手掛けるドキュメンタリーのさらなる詳細が明らかに

  2. Chris Cornell

    Chris Cornell、シアトルにある銅像へのイタズラの犯人について嘘が広まっていることが明らかに

  3. クリス・コーネル、キャリア全体に及ぶボックスセットが11月にリリースされることに

  4. Soundgarden

    SoundgardenやEminemら、火災による音源の焼失を巡ってユニバーサルを訴えたことが明らかに

  5. Chris Cornell

    Chris Cornell、ブラッド・ピットがドキュメンタリーを制作していることが明らかに

  6. Soundgarden

    Soundgarden側とChris Cornellの妻、ソーシャル・メディアの管理で合意したことが明らかに

  7. TomMorello

    Tom Morello、ブラックホールにはChris Cornellにちなんだ名前がふさわしいと語る

  8. Soundgarden

    Soundgarden、Chris Cornellの妻にソーシャル・メディアのログイン情報を渡すよう要求

  9. Toni Cornell

    Toni Cornell、Temple of the Dogの“Hunger Strike”をカヴァー

  10. クリス・コーネルの銅像、シアトルのポップ・カルチャー博物館で公開

  11. Charlie Watts

    Pearl JamのMatt Cameron、The Rolling StonesのCharlie Wattsに追悼の意を表明

  12. Chris VIcky Cornell

    VIcky Cornellが訴えていた裁判の一つで判決が下されることに

  13. クリス・コーネル、息子が出演した“When Bad Does Good”のミュージック・ビデオが公開

  14. Chris Cornell

    Chris Cornell、MetallicaやFoo Fightersらが出演した追悼コンサートの映像がオンラインに

  15. Guns N' Roses

    Guns N’ Roses、Soundgardenの「Black Hole Sun」をカヴァーしたライヴ映像が公開

  1. 森高千里、デビュー37周年記念日にライヴ音源【from『「この街」TOU…

    2024.05.25

  2. Paul Weller

    Paul Weller、新作の発売を記念して非売品コースターがもらえる感想…

    2024.05.24

  3. Gayle

    Gayle、来日公演を記念して東京ビジュアルアーツ・アカデミーにてト…

    2024.05.24

  4. 「UKFC on the Road」第二弾でHelsinki Lambda Club、POLYSICS、 th…

    2024.05.24

  5. ゲスの極み乙女

    ゲスの極み乙女『ディスコの卵』のCD化が発売決定

    2024.05.24

  6. Noel Gallagher

    Noel Gallagherらが出演するドキュメンタリー『CAMDEN』のトレイラ…

    2024.05.24

  7. Bon Jovi

    Bon Jovi、ポップアップ・ストアが6月7日から23日までオープンする…

    2024.05.24

  8. エターナルメモリー

    年度アカデミー賞ノミネート『エターナルメモリー』公開決定!本ポ…

    2024.05.24

  9. Billie Eilish

    Billie Eilish、『HIT ME HARD AND SOFT』について語る公式インタヴ…

    2024.05.24

  10. Tame Impala

    Tame ImpalaのKevin Parker、カタログの権利をソニー・ミュージック…

    2024.05.24

  1. 山人音楽祭

    山人音楽祭2024、第3弾出演アーティスト発表

    2024.05.24

  2. SUMMER SONIC 2024、第7弾追加アーティストを発表

    2024.05.23

  3. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL ’24、第6弾ラインナップを発表

    2024.05.17

  4. JOIN ALIVE

    JOIN ALIVE 2024、出演アーティスト最終発表

    2024.05.09

  5. RISING SUN ROCK FESTIVAL

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2024 in EZO 第2弾出演アーティスト発表

    2024.05.02

  6. Talking Rock! FES

    Talking Rock! FES.2024、第2弾出演アーティスト9組を発表

    2024.04.27

  7. SiM主催フェス「DEAD POP FESTiVAL 2024」、出演アーティスト第二弾…

    2024.04.01

  8. Slow LIVE

    「大人のミニフェス」Slow LIVE、今年も東京・池上本門寺にて8/30(…

    2024.03.22

  9. 04 Limited Sazabys

    04 Limited Sazabys主催の野外フェス<YON FES 2024> 第1弾出演アー…

    2024.03.13