UNIDOTS セカンドワンマンライブレポート!7月の東名阪ツアー発表

瑞葵(Vo)とコンノツグヒト(B)によるUNIDOTSが『UNIDOTS live 2019 – 孵化 -』と題したワンマンライブを行った。単独公演としては実に1年4ヵ月ぶりとなったこの日。そこでは現行の彼らのほぼ全貌と、今後の更なる発展を期待させてくれたのと同時に、これまで大切に愛情込めて温められたその卵たちが見事にその殻を破り、そこから次の生態が現れてくる瞬間をも目の当たりにすることが出来た。

Koji Nishida (nirnor inc.)

昨年は2マン企画ライブを春夏秋冬と年に4回に渡り行い、その全てをソールドアウトさせてきた2人。今回の会場は渋谷WWW。高い天井を持つ音鳴りも良さそうな同会場は、まさに彼らの、耳で鑑賞したり、目で観賞する音楽性にはピッタリだ。前回から2倍のキャパながら会場は満員。毎度着実にコンスタントに上り調子を描いてきた様が伺える。しかも未だ音源のリリースは一切無し。MVも1曲のみにも関わらず、にだ。

場内がゆっくりと暗転。真っ暗な中、未発表曲「Signs」の同期が流れ出す。まずは瑞葵が登場。同曲をバックにハミングを重ねていく。サポートのギター木下哲とドラムのUも現れ、各々そこに自身の音を感情の赴くままに叩きつけていく。間を空けコンノも登場、特有の5弦ベースが躍動感たっぷりの蠢きを加えていく。徐々に荒々しい展開へと変貌を遂げていく同曲。そんな荒波の中でも凛とし神聖性を保ち続ける瑞葵のハミングが場内を昇天へと導いていく。次曲の「白昼夢」ではノスタルジックなメロトロン風の音の同期も加味。切なくも影を帯びた瑞葵の歌声がちょっとした歌謡性や哀愁を交えたメロディとサウンドと共に会場中に伸びやかに響き渡っていった。

パッと会場を明るく豹変させたのは「バスルーム・リフレクション」であった。エレクトロ性の加味も特徴的な同曲。時折ジェスチャーを交えながらも両手でしっかりとブームマイクを握る瑞葵の姿も印象的だ。ノンストップで「渇き」に入ると、再び歌謡性を帯びた面が現れる。誰かの特別になりたかったと切ない乙女心を伸びやかな高音域キーを交えて歌う同曲。特有の転調場面が更に歌物語の切なさを引き上げていく。

Koji Nishida (nirnor inc.)

中盤では「サンデーブルー」が会場を日曜の朝のどこか気だるい時間へと誘えば、エレクトロな要素を再び入り混じらせた「sayosigure」では、持ち前のダンサブルで躍動感たっぷりの音楽性が会場に彩りを添えていく。また、厳かで荘厳な音とサスティーンに重きを置いたコンノのベースも印象的だった「東京の精神」では、安定したリズム隊の上、歌とメロディでドラマ性を築いたかと思えば一転。それを飲み込むが如く突如怒涛性が現れ、そこを抜け現れた対岸にどこか凪や安堵感を覚える。

「memento」では瑞葵もハンドマイクスタイルで歌った。が故に更に歌にも感情が込もる。この曲は80’sヒップホップ的なマナーも印象的。アーバン性を帯びたループするベースフレーズとファンキーさ、Uのドラムもレアグルーヴィーな16ビートを刻んでいく。

ここまではかなりの緊張感が場内を支配していた。それを解き綻ばせたのは、「神様の言うとおり」だった。たゆたうように揺れ始める会場。フロア頭上のミラーボールも回り至福と幻想を与えてくれた。続く「狐の嫁入り」ではファンキーなサウンドが場内に躍動感を寄与していく。瑞葵も時折フォクスサイン。気づけばみな徐々に身体全体でリズムを取り始めていた。

Koji Nishida (nirnor inc.)

ラップ調のフロウを活かした歌い方も特徴的だった「そんな自分が一番嫌い」、続く「僕らの終着点」ではコンノのダウンピッキングが会場を走り出させていく。また、「舗道に咲いた花」では途中合流したバンドサウンドが歌物語を可視化させ、健気ながら力強い歌謡性を帯びた歌声が、会場中に環境の優越に関係なく凛と舗道に咲いた一輪の花の存在を思い浮かばさせた。本編最後は「あなたは嘘つきだ」。鍵盤とストリングスの音も絡み、歌声が高い天井に昇華していくが如く吸い込まれていく。最後は瑞葵が深くお辞儀をし、一人先にステージを去るも残る3人は演奏を続行。アウトロを放ち終えると袖へと去り、ステージは再び無人となった。

アンコールではまず瑞葵とコンノだけで現れ新曲「睡眠」を始めた。幻想的なミニマルサウンドと硬質な打ち込みのドラムをバックに、クールさを帯びたウェットな瑞葵の歌声が場内をたゆたわせる。
ここで本編では一切なかったMCが、その分も伝えるとばかりに瑞葵の口から次々と溢れ出た。ここでは今回の題の「孵化」についてが主に語られる。「色々と悩んだり自分の行動や活動に懐疑的になったりもし、一人で背負っていると思っていた。だけど実際は周りの人たちに支えられ、このUNIDOTSが作り上げられている。その実感は増々強くなっている」と語り、「なんだかそれが大事な卵を温めているようで、このタイトルの「孵化」にした。この孵化には<兆し>という意味も込められていて、UNIDOTSが今後もどんどん大きくなり広がっていき、未知の可能性をずっと持ち続けていく。そんな意味も含まれている。そして今日はそのスタートでもある」と続けた。
再びバンドにて「裏街道ハイウェイ」をプレイした彼ら。力強いサウンドと歌声と共に、それらはまるで、これからこの道を迷わずに進んでいく。そんな決意や宣言のようにも響いた。ラストは、「ずっと初心を忘れないように昔からやっているこの曲を」と「かえるの子」が高らかに誇らしく鳴らされた。ラストに向けじわじわと安堵感に包まれていく場内。そこでは完全なるUNIDOTSの孵化を見て取ることが出来た。

Koji Nishida (nirnor inc.)

7月6日に名古屋 APOLLO BASE、7月7日心斎橋 VARON、7月27日渋谷WWWにて、「UNIDOTS Live Tour 2019 幼生 – larva -」を行うことも発表した彼ら。また、MV出現黎明期を感じさせる作りやレトリック、シュールさを有している、彼らの感性やユーモアや、いい意味での軽さをも感じる新MV「裏街道ハイウェイ」もYouTube公開前にいち早く、この場で上映された。

周りの温もりと愛情によってしっかり孵化した魅せつけはもとより、今後の蛹化や羽化していく様までも感じさせ、確信させてくれた彼ら。かつて舗道にひっそりと咲いていた一輪の花は、その生命力とひたむきさを武器に、正式リリースが無いにも関わらず、ここまでシッカリと成熟していた。と同時にこの孵化が、今後どのように蛹化し、羽化し、どんな美しい成虫へと成長していくのか? 孵化を終えた直後で少々気が早いが、私はもう今から既にそれが楽しみでならない。

文=池田スカオ和宏

UNIDOTS live 2019 – 孵化 –

2019.3.3 渋谷WWW
1. Signs
2. 白昼夢
3. バスルーム・リフレクション
4. 渇き
5. サンデーブルー
6. sayosigure
7. 東京の精神
8. memento
9. 神様の言うとおり
10. 狐の嫁入り
11. そんな自分が一番嫌い
12. 僕らの終着点
13. 舗道に咲いた花
14. あなたは嘘つきだ
[ENCORE]
15. 睡眠
16. 裏街道ハイウェイ
17. かえるの子


UNIDOTS Live Tour 2019
幼生 – larva –
2019年
7/6( 日) 名古屋APOLLO BASE
7/7(日) 心斎橋VARON
7/27(土) 渋谷WWW
open16:00 / start17:00
前売り¥3,000
チケット一般発売2019年6月9日(日)

error: Content is protected !!