live photo_credit Masanori Doi

BOZ SCAGGS、大盛況の東京公演ライヴ・レポート

5月5日の仙台を皮切りに3年11ヶ月ぶりの来日公演がスタートしたボズ・スキャッグス。

3日間すべてソールドアウトの大盛況となった東京公演が昨日9日に幕を閉じた。

最終日のこの日は黒いシャツで登場。1980年の大ヒット曲「ジョジョ」のカッティング・ギターからのスタートでファンの期待も大きく膨らむ。

白いストラトキャスターを持つボズ・スキャッグスは、「新しいアルバムの新しい曲から、皆さんになじみの深い昔の曲までやります。」と最初の挨拶をすると、そのまま名盤『シルク・ディグリーズ』から「イッツ・オーヴァー」を演奏。

ギターをタクサカシタのセミアコ持ち替え、最新アルバム『アウト・オブ・ザ・ブルース』のオープニング曲「ロック・アンド・スティック」、続けて”僕のヒーロー、ボビー・ブランドのヒット曲“と紹介し「ザ・フィーリング・イズ・ゴーン」を演奏。

さらにマジック・サムで有名な「アイヴ・ジャスト・ガット・トゥ・ノウ」、「ラジエーター 110」ではギター・ソロも披露し、最新アルバムからは全4曲を披露。

 アコースティック・ギターに持ち替えところで「ハーバー・ライト」のイントロが始まると待ってましたと言わんばかりにファンから拍手が起こり、マイケル・ローガンのローズ・ソロ、エリック・クリスタルのソプラノ・サックスに酔いしれた。

ギターをセミアコに戻し、サザン・テイストの「ジョージア」、続けて「なんて言えばいいんだろう」、そして赤いストラトキャスターにギターを替え、80年代サウンドトラックの名バラード「燃えつきて」と続く。

ギターをセミアコに再度持ち替えると、イントロで会場は手拍子に包まれる。「ロウダウン」、そして「リド・シャッフル」で静かながらも会場は最高温度に達した。

一旦ステージからはけたメンバーも再び全員戻り「ブレークダウン・デッド・アヘッド」、そして1969年のデビュー・アルバムに収録されていたブルースのカヴァー「ローン・ミー・ア・ダイム」を披露すると、長年のファンは歓喜に包まれた。また、ここでバンドは再びステージを一旦後にした。

再びステージに上がったボズが本公演で1曲のみギターを持たずに歌に集中したのは、代表曲「ウィアー・オール・アローン」だった。

少し寂しい雰囲気に会場が包まれたところでボズは再びセミアコを手にし、「最後はみんなに笑顔になってほしいからチャック・ベリーを演奏するよ。」と言って「ユー・ネヴァー・キャン・テル」を披露し、ライブ本編を温かく終えた。

ファンからのアンコールの声に応えて再び登場すると、この日は2曲を披露。

会場を埋め尽くしたファンは新曲もそして往年の80年代ヒットの数々も聴くことができ、大満足の内容となったことだろう。

それぞれ日々若干セット・リストが変わるとのことなので、明日からの大阪、広島、そして最後の名古屋公演も見逃がせない。

なお、最新作『アウト・オブ・ザ・ブルース~ジャパン・ツアー・エディション』を公演会場で購入するとクリアファイルの特典がつくとのことなので、こちらも合わせてチェックしよう。

■来日情報
5/11(土) 大阪オリックス劇場 18:00開演
5/13(月) 広島JMSアステールプラザ大ホール 19:00開演
5/14(火) 名古屋市公会堂 19:00開演
お問い合わせ:https://udo.jp/

写真:土居政則(Masanori Doi)

error: Content is protected !!