9mm Parabellum Bullet

9mm Parabellum Bullet バンド結成15周年記念 6番勝負の対バンツアーがいよいよスタート

9mm Parabellum Bulletによる対バンツアー〜15th Anniversary〜『6番勝負』の幕が切って落とされた。結成から15周年を迎えている彼らが企画するライヴで、その初日はつねに心地よい熱気に包まれ続けた、最高の夜となった。

6月8日・土曜日、会場であるF.A.D YOKOHAMAは完全ソールドアウト状態。今夜の相手のavengers in sci-fi(以下アベンズ)はかねてから9mmといい関係を持ってきた存在で、しかもこのF.A.Dは両バンドにとって思い出深い場所だという。それだけに場内は開演前からオーディエンスの期待値の高さが匂うような空気が漂っていた。

9mm Parabellum Bullet

まず登場したアベンズは冒頭から爆音とともに疾走! それに乗ってフロアも一気に高まっていく。数曲の演奏ののち、フロントマンの木幡太郎が「俺らが15周年のイベントを新木場STUDIO COASTでやった時に9mmを呼んだんですね。それで今日、呼んでもらえたんだと思います(笑)」と話すと、会場からは笑いや拍手が起こる。そして感謝を述べながらも「6番勝負ね……今日は相手が悪かったな。俺ら、400戦無敗なんで。こう見えても!」と続けると、今度は熱い歓声が返った。中盤は「Sonic Fireworks」などでトリッピ―な空間を創出した3人。再びのMCでは、9mmの中でも特にアベンズに入れ込んできたかみじょうちひろの話題が出るなど、終始いいムードだ。そして後半、「Citizen Song」に至る箇所ではなんと9mmの「Vampiregirl」のイントロがはさみ込まれるサプライズが! 彼らはそのままロックのダイナミズムを叩きつけるようなパフォーマンスを見せ、興奮の渦を巻き起こしながらステージを降りたのだった。

9mm Parabellum Bullet

そしてこれを受けての9mmのライヴは、まさに快演だった。近年の彼らのライヴはサポートギタリストを含めた5人体制が定着、その効果でサウンドに厚みや豊かさが生まれている。序盤にはついさっきアベンズがサワリだけプレイした「Vampiregirl」を披露! 今の9mmは豪快さとともに一体感が高く、そのテンションがダイレクトに客席に響いている。最高だ。
最初のブロックを演奏し終えたところで、ヴォーカルの菅原卓郎は今夜の対バン相手への謝辞を述べながらも「俺らはavengers in sci-fiに負けないから!」と話した。「6番勝負」と銘打っていることもあり、先ほどの木幡の言葉を受けてのものだろうが、それでも両者に感じられるのは互いにリスペクトの念を持っていることだ。思い返せば9mmはこれまでも対バン企画を数多くやってきたが、そこにはつねに相手への真摯な姿勢があったし、そのまっすぐさもこのバンドの魅力のひとつである。そして中盤に演奏された4月リリースの最新シングル「名もなきヒーロー」は、彼らにとって初めての応援ソング。サウンド的には9mmの王道路線だが、楽曲が放つポジティヴな感覚は今までになかったものだ。バンド自体のあり方、それに菅原の人間性が反映されている。

9mm Parabellum Bullet

1

2