ちゃんみな

ちゃんみな 2ndフル・アルバム『Never Grow Up』発売日に、“360度ステージ”にて行われた限定フリーライブで観客を熱狂の渦に

ちゃんみなが2019年8月7日、2ndフル・アルバム『Never Grow Up』のリリースを記念し、恵比寿The Garden Roomにてフリーライブを行った。本公演は、CD購入者に限らず誰でも応募することが可能なイベント。200組400名を無料で招待したわけだが、一週間限定の応募期間にも関わらず、告知からたった数日で約1,000組の応募が殺到し、あっという間にプレミアムチケットになってしまった。

この日のライブには、従来のファン層である若い女性だけでなく、性別、年齢、さらには国籍さえも飛び越えて様々な人が集まっていた。ステージはホール中央にコの字形の道が用意されており、それをオーディエンスが取り囲むような形になっている。360度どこからも見渡せることができ、客席との距離が数十センチ程度しか離れていない。手を伸ばせば容易に届いてしまうほどの超至近距離だった。

客電が落ちた瞬間、割れるような大歓声が響く。アルバムと同タイトルの『Never Grow Up』のイントロと一緒にダンサーたちが現れ、少し遅れてちゃんみなが登場。そのあまりの近さゆえか、フロアはほとんどパニックかと思われるほどの興奮状態に陥った。

ちゃんみな

ダンサーたちと踊りながら、ヘッドマイクで歌うちゃんみな。天井からの照明がレインボークリスタルの衣装に反射し、赤、青、黄、緑と様々な色に染まる。ステージを四方八方に動き回り、その度にオーディエンスが悲鳴のような歓声をあげる。俳優・吉村界人が出演したことでも話題の『Never Grow Up』のMVは、公開数日ですでに100万回再生を超えたという勢いだ。男女を問わず多くの人が共感できるリアリティを切ないメロディで歌った新曲は、すでにファンにとっては定番の1曲と化しているようだった。

2曲目は『Yesterday』。各種インタビューなどで明かしている通り、この曲は大切な仲間に向けてつくった曲。ダンサーたちとのロープを使ったダイナミックな演出には、仲間に対するちゃんみなの信頼が表現されているようだった。

今回、リリース日にフリーライブを開催することは、ちゃんみな本人のかねての希望だったという。

ちゃんみな

「年齢的になかなかライブに来られない人のためにも、ぜひ無料でやりたかった。普段こんなにみんなの近くでライブする機会もあんまりないから、ぜひ楽しんでいって」というちゃんみなの言葉に、会場が大いに沸く。そして「かわいい!」というコールが起きる。

『Like This』ではムードを一転させ、ダンサーたちと色気のある絡みを披露。ジャケットのジッパーを下ろすだけで大きな歓声が起き、セクシーな雰囲気を演出。また、海外でも注目されつつある『Doctor』は、イントロが流れた瞬間に絶叫とでも言うべき大声援が起き、Aメロからオーディエンスも大合唱。「ニキニキ」や「ピチピチ」といった特徴的な合いの手も自然と入り、強烈な一体感に会場が包まれた。

ちゃんみな

さらには『Call』もイントロの時点で大絶叫。多くのオーディエンスがペンライトをかざし、身体を揺らし、手を挙げる。そうしたオーディエンスの気持ちに応えるように、ちゃんみなもフロアに向かって手を伸ばし、オーディエンスの手を握る。超至近距離ライブでしかありえない距離と光景に、会場の熱は右肩上がりだ。

1

2